IDOL TRIBUTES

よく言った!まさか、言わされた?~山口真帆、NGT48を卒業~

 4月21日のNGT48・チームG千秋楽公演で山口真帆が卒業を発表した。同時に彼女と仲が良かったとされる、長谷川玲奈、菅原りこも同日卒業となった(※出典、一部引用:2019年4月21日付ORICON NEWS記事『NGT48山口真帆、卒業を発表"今の私にNGT48に出来ることは、卒業しかありません』) 。


 その挨拶の中で彼女は「今の私にNGT48のために出来る事は卒業しかない」と言ったという(※出典、引用:2019年4月21日付ORICON NEWS『NGT48山口真帆、卒業発表"このグループに変わって欲しかった"【コメント全文】』 。

 
 個人的には卒業ではなく、脱退にして欲しかったところだが、まずはよくぞ言った!と褒賞すべきか。


 但し、問題がないわけではない。


 これに先立って彼女のオフィシャルグッズが販売中止されたらしい。表向きは製造中止とされるが、完全に外堀から埋め、山口に卒業を促そうという魂胆が丸見えである。更に仲が良いというだけで?有無を言わさず2名を強制卒業させるとは…。


 そこまでやるか?

 
 完全に虐めではないか。


 それに、支配人が謝罪したところで何の解決にもなっていない。正直、何度謝っても無駄に等しい。何故これほどまで大きな話題になったのか、分かっていないのだろう。♪知っているのに知らんぷり~ではないのか?


 謝るべき対象が違うだろう!と声を大にして言いたいくらいだ。本記事にアクセスされた諸兄方も同じ想いを抱いておられると思う。


 その前にファンとの繋がりを自白したメンバーはどうなるのか?またも表向きの処分で済ます気か?


 はっきり言うが、他の現代アイドルの方が処分は厳しいぞ。加害者に甘く、被害者にろくなケアもせず厳しい判断を促すなんて、尋常ではない。まして被害者が謝罪するとは、何事か?


 だからといって、卒業で内々に事を収めようというのは甘い考えだ。

 
 これで全てが終わると思うなよ、と言っておきたい。


 山口真帆、および同時卒業する(※させられる?)2名にも言っておきたい。


 これで全てが終わったわけではない。ここからが本当の闘いである、と。


 事を荒立てたくない気持ちは分かるが、黙って引き下がってしまうと、今後の先例に扱われかねない事を認識して欲しい。これだけ酷い目に遭いながら、仲間には一切不満をこぼさない山口の姿が痛々しく見えてくるのは、気のせいか。








| | コメント (0)

さらば、現代アイドルたちよ(Vol.148)「青春18番ホーム」

 2019年4月21日のライブをもって、活動休止の旨、公式ツイッターで発表。原因は2018年3月17日から1年間、セルフプロデュース型現代アイドルとして手探りで活動してきたものの、メンバー入替等で「青春~」というネーミングが合っているのかメンバーで話し合った結果、メンバーを増員し、コンセプトをしっかり固め、全く新しいグループとして再出発する方向でまとまったため、らしい。また活動休止中であっても、ファンミーティングを開催する予定、との事。



 アイドル走り書きSeesaa wikiによると、2017年9月結成時は「おススメ」というネーミングだったが2018年3月に解散し、その後継として結成されたのが「青春18番ホーム」だったようだ。ネーミングだけだと鉄ドル系のように思えるが「青春の熱さを届けるパフォーマンスがしたい」ゆえの青春18番~だったらしい。前半の記載から察するに「おススメ」時代はどこか事務所に所属していたのだろうか。それが不満だったのかどうかは不明だが…。

 
 「青春18番ホーム」としてのメンバーは4名(※記事制作時現在)。この間脱退、加入が若干あったようである。


 先の「夢の国のくまくま隊」はフリーだったが、「青春18番~」の場合はセルフプロデュースだ。但し、今回の場合は発展的解消のファクターが色濃く出ている。青春18番~になじみ深い方なら別だが、メンバー同士が互いに前向きな見方ができているのが実にいい。通常なら、ひと揉めあってもおかしくないところだが…。

 
 問題はどこまで存続できるか、だろう。セルフプロデュース、フリー(※事務所所属であっても、だが)の場合、何度もトラぶるパターンが非常に多いので、油断はできない。何がきっかけで爆発するか、本当に分からないので注意を要する。













| | コメント (0)

何!アノDNAを継承してるって?モエギノジノム「最強純情DNA」

 「最強純情DNA」といえば、マボロシ可憐GeNE(現:幻.no~一部メンバー変更)のメジャーデビュー曲ではないか。尤も、れいの「FORCE MUSIC」絡みだが…。


☆参考:当ブログ記事 「アタシ達だって負けないわ!人気アイドルの遺伝子組み込み実験は大成功?マボロシ可憐GeNE"最強純情DNA"でメジャーデビュー」


 PVかライブ版か、人数の多い少ないでこうも内容が違うものか?と考えさせられる。全く同じ曲なのに…。

 
 80年代~2000年代前半くらいまでだったか、同じシングル曲を多くの歌手が歌う、いわゆる「競作」が多かった(※特に演歌・歌謡曲系)が、今では著作権の問題があってか、殆ど聴かなくなった。アイドル等であれば、カバーソングアルバムがそれにあたるかもしれない。


 本来であれば、PVもしくはライブ版のどちらか同じ土俵に上げれば評価は多少変わった可能性はある。モエギノジムの場合、ややMCの声が目立っているものの、元気溌剌としたイメージは十二分に伝わってくる。しかし、仮にPVだったらどうなっていたか…?


 そもそも何故モエギノジムが本曲を歌っているのか?現代アイドルの場合、契約内容にもよる部分は大きいが事務所を変わったりすると従来の持ち歌が歌えなくなったりするケースも稀にあるのだが、もしかしてそのパターンなのか?



 公式サイトには「アイドル界の新人類の意味を込めた"萌葱(もえぎ=草木の芽吹く色)"と遺伝子を表す"genome(ジノム)”を合わせた、遺伝子群を常にアップデートするアイドルユニット」とある。コスチュームに緑っぽい色(=萌葱色)が施されているのも、そのためだったのか。


 因みに「ジノム(ジーノームとも)」とは英語読みで、ドイツ語読みでは「ゲノム」と読むそうだ。ナントカ"ゲノム"ってのも、あったような、無かったような…(^^;


 実はITP(アイドルのたまごプロジェクト)所属だったマボロシ可憐GeNEの遺伝子を受け継いでいるらしく、一部の楽曲やロゴデザイン等を継承し、プロデュースと運営の一部をITPに委託しているらしい。


 同曲をモエギノジムが歌うのは、そういう事情があったのだ。いうなれば、GIRLS4EVERとGALLETeの楽曲を継承するG-Complexと似通った存在と言えるかもしれない。

 
 デビューは2018年5月だが、当初10名もいたメンバーが今や6名となっている。但し、うち1名は2019年1月から怪我により活動休止に入っている模様(※記事制作時現在)。


 たとえマボロシ可憐GeNEを継承する存在とて、それのみで終始するようではただのコピーユニットにすぎない。マボロシ可憐GeNEを遅かれ早かれ追い越す存在へ進化するためには、やはりモエギノジノムのオリジナルソングがもっと必要だ。


 しかし、常にデビュー当時の精神や意気込みを肝に銘じる意味で萌葱色を背負うというのは、有効だと思う。少なくとも萌葱色を変色させないよう、精進していただきたい。間違っても、パイセンの顔に泥を塗るような行為は避けなければならない。






 

| | コメント (0)

ベクトル変更はギ〇ックではなく"計画"だった?おやすみホログラム「plan」

 シングルPVとしては、約12分に及ぶ超大作だが、内容は"夜のヒットスタジオ"をイメージしたのか、前説が異常なほどに長い。その影響で長尺化しているのだ(^^;

 
 それ以上に周囲の物まねが似てるのか、似てないのか、微妙なところだ。和田アキ子って、そんなにツッコミ入れてたっけ?そっちの方が騒々しくて、おやすみホログラムの曲があっという間に終わってしまった印象だ。彼女達のファンからブーイングが今にも聞こえてきそうである。


 だが、おやすみホログラムの歴史を簡単に振り返るには、有効なPVかもしれない。


 とはいえ、いきなり「今まではアイドルをやらされてました」だの「これが本当にやりたかった事」ときたところは、80年代アイドルらが従来の清純なイメージを払拭し、ブラックのコスチュームを纏ってロック調の曲を歌うフローを見ているようだ。


 だからこそ、似ているか似ていないか、微妙な物まねタレントをゲスト起用して、当時の音楽番組を彷彿させる内容に凝縮したのだろうか?さすがにあれだけの本物を呼ぼうものなら、ギャラだけでコストが吹っ飛びPV制作など土台無理だったはずである。果たしてオファーを受けたか否か、という問題もあるが…?



 因みに、2014年5月結成時に4名でスタートし、同年7月に現メンバーたる1名が加入し、5名で活動していた事、僅か4ヶ月にして結成時メンバーのうち3名をモチベーション低下とベクトル相違により解雇した事はア〇グルではなく、事実だ(※アイドル走り書きSeesaa wiki)。


 更に2019年3月31日をもってベクトルを「メタル・クイーン・ユニット」に変更したらしい(※公式ツイッター記事)。残念ながら公式サイトには反映されていない模様(※記事制作時現在)。


 そういえば、少し前にアメリカツアーを敢行するため、クラウドファンディングを利用していたはずだ(※総額約585万円!)。アメリカで何らかの刺激を受けて帰国した、と見るのが妥当なところか。まさか、全てはここに繋げるためのギ〇ック…ではなかろう。


 果たしてベクトル変更が吉と出るか、凶と出るか?結果が明らかになるまで、もう少し時間がかかりそうだ。嘗ての80年代アイドルみたく、悉く失敗に終わらない事を祈りたい(※誹謗中傷の意図等は全くない)。








| | コメント (0)

さらば、現代アイドルたちよ(Vol.147)「LOCK ON LAUGH」

 2019年4月18日のイベントをもって解散の旨、公式サイトで発表。原因はメンバー2名が方向性を見失った事によるらしい。一説には2019年12月頃までスケジュールが埋まっていたらしいが、今回の件により4月18日以降のライブ、イベント等はすべてキャンセル扱いとなったようだ。唯一結成時からのメンバー1名はソロ活動を展開するも、引退を余儀なくされた模様。


 
 どこへ行っても笑顔を届ける、移動式ブロードウェイは所詮ギ〇ックに過ぎなかった…。


 方向性を見失う≒売れないから…?なのかは不明だが、可能性はある。


 しかし「どこへ行っても笑顔を…」ではなかったのか?


 笑顔で誤魔化すにも限度を超えた、か。


 確か初めてピックアップした頃、公式サイトは派手とまではいわなくとも、ややゴージャスなイメージだったが、今ではメンバーの笑顔フォトのみのシンプルな構成である。最後ぐらいは笑顔で締めたい…という事か。


 移動式ブロードウェイどころか、どこへ行っても笑顔を届ける事すらできないようでは、厳しい物言いで恐縮だが、失格に等しい。まして公式サイトの笑顔は、気持ちいいというよりも作り笑いに見えてしまう。







 

| | コメント (0)

さらば、現代アイドルたちよ(Vol.146)「白と黒のマテリアル」

 2019年3月31日の単独公演をもって解散(※発表は3月18日付の公式ツイッター記事)。原因は「それぞれがより良い将来を目指すため」とされる。なお、公式サイトは既に削除されている。

 
 大抵の場合、長い間話し合って、その結果が解散だった…というケースが多いのだが、彼女達に関しては半月を切ってから突然の発表である。


 これは何かある…?


 アイドル走り書きSeesaa wikiによれば、とあるメンバーが運営代表と男女の仲となり、活動に際して彼女に色々優遇を受けており、それに対する他メンバーの怒りが解散の誘発となった…らしいが、事実か否かは不明(※因みに、当該メンバーは解散発表と同時に卒業した模様)。

 私怨?で揉めている場合じゃないだろ!とも言いたいが、アイドル走り書き~の記載が事実とすれば、明らかに運営に問題がある。極論的に言えば、メンバーとの交際がバレたから慌てて解散、当該メンバー卒業の措置を採ったとしか考えられない。


 メンバーがファンと私的な関係を持てば、無期限活動休止、解雇等の処分が下されるのに、運営代表が自ら手を付けたにも関わらず、この大甘処分では他のメンバーからすれば怒り心頭となるのは当然だ。解散したんだからいい、というものではない。尤も、その後どうなったのかは不明。

 
 昔ならまだしも、今や不倫騒動を起こすだけで何らかの処分が下される厳しい時代なのだ。せめて脱退後に男女関係を構築すべきだろう。


 それでもメンバーからすれば逆鱗に触れていた、かも…?






| | コメント (0)

ホントに青森から上京したのか!本音はドッチ?ほのかりんご「俺ら東京さ行ぐだ~わぁ青森が好きだver.~」でソロデビュー

 ズバリ「青森が好き」と言い切ってしまっているので、本音はドッチ?等と訊くまでもないはずだ(^^;


 言うまでもなく、本曲は吉幾三の「俺ら東京さ行ぐだ」の替え歌&カバーVer.だが、タイトルのほか、メロディと歌詞の一部を除いて、現代風にアレンジされており、あまり違和感はない。あるとすれば、CGか。


 だからといって「何もなし」ではPVらしくない。ならばイベント等の映像等を盛り込んでも良かったのでは…?とも思うが、ラジオ番組等へのゲスト出演や舞台もあったりして、なかなか撮影もままならなかったのかもしれない。

 
 心なしか、彼女の頬がほんのり赤く染まっているように見えるのは、名前のせい?メイクの影響?

 旧公式ブログ(プロフ~<※注>最近ブログ自体が削除された模様。新ブログはこちらだが、プロフに記載なし。)によれば「青森県弘前市出身で、2004年~2013年までりんご娘"初代レットゴールド"として活躍。2013年春に上京し、歌手を目指して都内で活動中」とされていた。その間演歌歌手・藤あや子の付き人をしながらイベントやテレビ番組に出演していたらしいが、単純に数えても上京から6年がかりで今回のソロデビューに至っているところから、相当苦労しているのが分かる(※参考出典:Diamond Records公式サイトより) 。


 あの「りんご娘」出身であっても、ソロデビューに6年を要しているのだ。東京のみならず、全国的にもまだまだ知名度、認知度が低い証拠であろう。そこはメジャーどころとの大きな違いといえる(※誹謗中傷の意図等は全くない)。

 
 削除済みの旧ブログ(プロフ)にもあるように、ロコドルとして9年間地元で活動し続けたのだから、上京したい気持ちが徐々に体内から湧き出てきたのか。いや、いずれは上京する心づもりだったのかもしれない。


 通常なら、カバーに頼るべからずと言うところだが、上京&ソロデビューを果たし、挨拶代わりの1曲にはカバーがベストだろう。まして先述のとおり、知名度、認知度を向上させていくためには必須といえよう。


 まずはしっかり名前と曲を全国に広く知らしめ、アピールに努めて欲しい。ロコドル時代とは異なる"本当の勝負"は、この後から始まるのだから…。


 但し、未成年者飲酒疑惑で契約解除された(※現在は別の事務所に所属)某女優に名前が酷似している点は要注意、か。尤も、ほのかりんごの場合は"ほのか⁼早生ふじ[林檎]の品種"を指しているものと思うが、やっぱり「りんご」から離れられない?

 
 それだけ「青森」「りんご」に溢れんばかりの愛着があるのだろう。









 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さらば、現代アイドルたちよ(Vol.145)「恥じらいレスキューJPN」

 2019年4月13日のワンマンライブをもって解散の旨、公式サイトで発表(※2019年2月9日付)。原因は結成5周年を迎えるにあたり、各々のベクトルを尊重した結果らしい。

 
 恥じらいレスキューJPNで忘れる事ができないのは、女装男子メンバーや外国人メンバーが存在していた事だが、彼女達?が卒業後、これといったトピックがなく、ごく普通の現代アイドルと化してしまったのは否めない。某若手俳優と交際が発覚し、やむなく卒業したメンバーもいたようだが、近年の話題といえばこれくらいだろうか。


 方向性を変えたのか、偶々外国人や女装男子メンバーが加入しなかっただけなのかは分からないが、寧ろわが国の現代アイドルは世界的にも注目されており、わざわざ現代アイドルを目指して来日する存在もあるほどだ。若干主旨は逸れるかもしれないが、外国人労働者受け入れ促進という意味では、積極的に加入させるべきだったのではないか?とも思えてくる。勿論、オーディション等を合格するのが大前提だが…。


 但し、香港のロコドル・アリエルプロジェクトみたく?就労ビザの関係などで一時帰国を余儀なくされるケースもあるのだろう。はたまたホームシックも…?


 決して現行メンバーがどうこう言うのではない。旧メンバーのインパクトが強烈すぎただけ、なのである。




| | コメント (0)

さらば、現代アイドルたちよ(Vol.144)「ぴこぴこ≠にゃんちゃー」

 2019年3月10日のライブをもって、全員卒業の旨、公式サイトで発表。原因はメンバーの意思を尊重し、未来を考慮した結果らしい。

 
 仮にも1stシングルが全国流通にのったのに、全員卒業とは…。


 こういう事態があるからこそ、現代アイドルは油断ならない存在なのだ。


 それでも事務所は諦めきれないのか、脱走(※卒業)した悪猫の後を引き継ぐ猫(※新メンバー)を募集中らしい。卒業したメンバーを悪猫扱いするのもどうかと思うが、逆に考えれば、それだけ事務所とメンバーで"すったもんだ"があったのかも…?


 だが、全国流通にのっただけに、事務所も勢いづいていたのだろう。それをこんな形で堰き止められようなんて、予想すらつかなかったはずだ。無論、ファンも同様である。



 そもそも異動が激しすぎただけに、事務所としても"やる気"を確認したかったのかもしれない。それを各メンバーに訊いたら「もうイヤ!」とか「早く辞めたい」という意見が多かったため、諦めるしかなかった、のか。


 執拗だが、デビュー時から全国流通にのれた、滅多にないチャンスを彼女達は軽視していたのか。それ以上に内輪揉めが激しかったとしたら…?






| | コメント (0)

さらば、現代アイドルたちよ(Vol.143)「A級プリズナー(1st?)」

 2018年12月29日のライブをもって、活動休止の旨、公式ツイッターで発表(※2018年12月20日付)。原因は1名が学業専念、もう1名が新たな挑戦に向け、事務所を退所したためらしい。つまり記事制作時現在、2名のみとなった。それを受け、事務所は新メンバーを補充し、第2期スタートに向けて進行中のようだ。公式ツイッターに(活休中)とされるのは、そのためなのだろう。


 なお、公式サイトには活動休止の記載はない(※記事制作時現在)。


 囚人ギ〇ックはユニーク、且つ面白いと思ったが、あくまでギ〇ックでしかなく、それ以上のものではなかったのだろうか。最近何も動きが見られないと思っていたら、この情報に行きついてしまった次第である。


 個人的には復活を望みたいが、まずは新メンバーに応募があるか否か、に掛かっているだろう。1名でもメンバーが増加すれば御の字かもしれないが、折角なら2名以上の加入が望ましいところだ。


 ひとまずは「さらば、現代アイドル…」としたが、少しでも早い復活に期待したい。





| | コメント (0)

より以前の記事一覧