IDOL TRIBUTES

さらば、現代アイドルたちよ(Vol.187)「よっしゃ!難波」

 2019年6月18日のイベントをもって、無期限活動休止の旨、公式ツイッターで発表。原因は契約解除のメンバーが多いためと思われる。


 この内容によると、1名がライブ等に自身の彼氏を呼んでいたため、信頼回復不可により契約解除。もう1名は学業専念および体調不良が理由とされるものの、当日のイベントやレッスン等を休むことが多いため、信頼回復不可により契約解除。更に1名は事務所との契約解除による脱退も、別の現代アイドル(※桃色革命メンバーオーディション・ファイナリストに選定された模様)に参加予定。そして最後の1名は活動休止し、本ユニットか別グループにて活動再開予定、とある。


 気合が入ったネーミングのわりに、酷い内容ではないか。

 

 
 「よっしゃ!なんば」と読む。いかにも大阪らしいネーミングだが、公式ツイッター(プロフ)には「大阪を盛り上げたい!関西のみんなを元気にしたい!同じ志を持つメンバー同士で結成されたグループ」とある。


 執拗だが「同じ志を持つ」わりには、あまりに酷すぎる。というか、難波といえば専用劇場で活動するNMB48に食われてしまったのではないか…と見られてもやむを得まい(※誹謗中傷の意図等は全くない)。結成は2018年12月、当時のメンバーは5名だが、加入・脱退を経て最終的に4名となった。

 

 彼氏を呼んでいたというのはともかく、学業専念及び体調不良で契約解除を下すとは、厳しい気もするが、余程やる気がないと見たのだろう。このまま在籍させていたら、他のメンバーにも悪影響を及ぼしかねないと判断したに違いない。


 そもそも現代アイドルを甘く見縊っているのではないか?僅か半年程度で無期限活動休止というのも、実に厳しすぎる判断だが、ツイート内容が事実である以上、言い訳はできまい。


 ともあれ、先が決まっているメンバーには、そちらでしっかり頑張ってもらうしかない。「よっしゃ!難波」のファンがそのままスライド的に移動するかどうかは不明だが…。


 そして「よっしゃ!難波」を再生するには、いい加減なメンバーを選定しないよう…と言っても、オーディションの段階では分からないが…事務所にはしっかりした選定眼を持って臨んで欲しい。











| | コメント (0)

さらば、現代アイドルたちよ(Vol.186)「IMADE=Drops」

 2019年6月10日をもって解散の旨、公式ツイッターで発表。メンバー同士で話し合った結果、との事だが、3名中2名が入院のため、一時活動休止したのも影響した、か?今後は各々のソロ活動に移行するらしいが、一部は他の現代アイドルに完全移籍(※兼任アイドルだった?)する模様。

 

 
 上記ツイートにもあるとおり、「イマデハドロップス」と読む。独自の公式サイトは存在しない。公式ツイッター(プロフ)には「世界中の涙を美味しいドロップに変える(※コンセプト?)」とある。デビューは2018年11月。

 

 またも1年持たずに解散に至ってしまった。ただ彼女達の場合、病気絡みのようなので、やむを得なかったのかもしれない。


 普通ならラストライブ等のフォトでは、ファンをバックにした全体フォトになるはずだが、彼女達の場合、バックに誰もいない。ファンが少なかったゆえなのか、急な解散発表のため、メンバーのみのフォトにしたのか…?


 気になったのは、構成が青山外苑前学院元メンバー2名とAsterisk* east兼任1名だった事か。つまりアイドルキャンパス製作委員会所属だったのだ。ここ数ヶ月の間、アイドルキャンパス製作委員会出身の現代アイドルの動向が激しいのが気にはなっていたのだが、こうも続くと何かあるのか?と疑念を抱いてしまう。


 …大丈夫なのだろうか?

 
 実はアイドルキャンパス製作委員会絡みがまだまだ続くのだが、それは後の記事に任せたい。


 「今ではドロップ」どころか、瞬時にして忘却の彼方に追いやられかねない。せめて記録だけでも残しておきたいと思う。





| | コメント (0)

とりあえず?メジャーデビューできた!トリアエズアイドル「感情エトセトラ」

 前作は明るく爽やかなイメージに溢れているが、今作は真逆に夜間撮影である。まるで話を合わせたかのように明の後に暗、暗の後に明の現代アイドルソングPVが続くのは、暗黙の了解事でもあるのだろうか。背景が目立ってしまうから、あえて夜間撮影を敢行した?


 映像自体が暗いため分かりにくいものの前作同様、関西人、特に大阪人なら知っている可能性が高いロケ地だろう。川があり、ビル群が立ち並ぶとなれば…!

 
 ただ、向かって右側のライティングがまるで赤外線センサーのごとく?長く糸を引っ張っているように見えてしまう。撮影上致し方ない部分とは思うが唯一、気になる点だ。夜間にブラックのコスチュームを纏うのは、一瞬間違いにも思えるが、余計な変色を避けるにはいい手法だったろう。


 全体カットを見れば分かるが、顔色がライティングの影響を受け、若干赤らんでいる。基本的に設置してあるライティングを最大限に利用するため、照明スタッフは然程多くなかったのだろう。


 仮にホワイトのコスチュームだったとしたら、どうなっていたか。折角クールな仕上がりなのに、一気に興醒めしかねなかった、かも…?


 
 前回漏らした事項を補足的に記すつもりだが、内容が若干被っていたらご容赦願いたい。


 公式サイトには「ショーナを中心に大阪で始動した」とあるが、実はショーナはKRD8元1期生で2018年3月に卒業後、新アイドルグループを立ち上げるためにクラウドファンディングを利用したらしい(※受付終了済み。総額34万円程度が集まった模様)。しかもSNSを経由してメンバー募集を行ったところ、天空音パレード元メンバーのレーナと出逢ったという(※公式サイト)。


 しかも、2ndシングルにしてメジャーデビューを果たしたという(※レーベル:ユニバーサルミュージック)。


 彼女達のようにトントン拍子に決まっていくケースもあるのだ。これはラッキーでしかないだろう。「とりあえずやってみた」どころか、ガチ丸出しである。


 ユニバーサルミュージックも2018年末に現代アイドルの「大人買い」で注目されたが、その勢いは未だ留まる様子がない。ロコドル云々というよりも、おそらく実績を高く評価したのだろう。双方とも元現代アイドルゆえに即決?


 現にこれまでにも、彼女達は関西地方をメインにリリースイベント等を熟してきている。
 


 
 今のところはいいが、少人数がゆえに相方が辞めるとなった際、自動的に?解散の道を進まざるを得ない事か。ただ、本来はそれぞれがアーティストとして独り立ちできるような存在らしい(※出典、引用:2018年10月掲載ミュージックエンターテインメントマガジンALIVE『トリアエズアイドル』)ので、正に現代アイドルユニットとして偶々?活動をしているだけ、なのかもしれない。


 そう記すと素っ気なく感じるが、あくまで現代アイドルはベクトルではなく、先に進むためのスタート準備期なのだろう。


 果たしてファンがどう見ているか分からないが、彼女達には是非とも大阪を、ひいては関西を熱く盛り上げて欲しいと思う。






 

| | コメント (0)

さらば、現代アイドルたちよ(Vol.185)「MKM-ZERO」

 2019年6月16日の通算100回目となるライブをもって、解散の旨、公式ツイッターで発表。理由は不明(※同ツイッターでも『今年(2019年)で終わり』、公式サイトの"新年のご挨拶"でも"2019年はMKM-ZEROにとって最後の年"としか記されていない)。



 流れ的には100回のライブを行えた達成感によるもの、か?



 それゆえか、卒業メンバーに当日集結するよう、事務所が呼び掛ける一方、メンバー達は最後の遠征に臨んでいるようだ。このツイート内容から察するに、誰からも連絡がないか、もしくはあっても少数ではないかと思われるが…(※誹謗中傷の意図等は全くない)?



 実はアイドル走り書きSeesaa wikiによると「2011年6月結成時、MKM48としてデビューしたものの(※即"MKM-ZERO"に改名?~当方補足)、2018年6月にグループを解体、再編し、同年7月メンバーを5名に絞って再出発した」とある。 但し、結成時のメンバー数は不明(※下記動画で少なくとも10名前後は存在していたものと思われるが…?)。


 デビューシングルは2011年6月「DAISUKI⁉」(※この時は既にMKM-ZEROクレジット)だが、これまで4枚のシングル、1枚のコンピレーションアルバム(V.A)をリリースしていたが、お披露目イベントは天候によるものか、中止する羽目に陥っていたらしい。


 因みに彼女達は宮崎県のロコドルで"MKM"は「もっと 可愛く 宮崎」の略だったらしい。Nゼロ同様、ネーミングに対する圧が強かったからなのかどうか…? 



 ただ、来年(2020年?)から20分程度の短尺で多くの現代アイドルらが参加するイベントや主催都合による二部制イベント、長時間物販イベントにすすんで参加する旨の記事がある(2019年3月31日付)。MKM-ZEROとしては終了するためワンマン等は厳しいが、メンバーのスポット出演(ソロも含めて?)ならOK、とか? 

 

 しかし、如何なる理由があったにせよ、解体再編で5名に絞って活動を行っているにも関わらず、卒業メンバーにオファーをかけるなんて珍しい。逆に考えれば、ラストなんだから過去の事を忘れて、共にライブを盛り上げて欲しい、という事か。卒業したメンバーは知らん存ぜぬではなく、OGとして扱う姿勢は評価していい。

 

 公式サイトには「"宮崎には存在しなかった文化(≒現代アイドル?)"その一歩一歩を作り上げていく事」であくまで「それぞれの夢、目標への通過点」に過ぎない、とある。果たして100回目のライブでそれを表現し切ってしまえるのかどうか…?


 MKM-ZEROは通過点と断言する以上、それぞれの夢、目標に向かってひたすらに真っ直ぐ進んで行って欲しいと思う。








| | コメント (0)

さらば、現代アイドルたちよ(Vol.184)「まぜるなきけん」

 2019年6月16日のライブをもって解散の旨、公式サイト等で発表。理由は不明だが、2018年12月にベクトル相違により2名の脱退が影響したものと思われる。2名のみで活動継続は厳しい、モチベーション低下…と運営サイドが判断した?


 はたまた可愛い女の子を混ぜすぎた?新メンバーが入ってこなかった?


 単なる契約満了?

 

 


 早々にTIF2018初出場を決めたあまり、後が続かなかった、のか。

 
 事務所が同じfeelNEOとは完全に明暗が分かれてしまう形となった。


 何があったのか、はっきりしないため何とも言えないが、メジャーデビューを果たしても、デビューしていきなり大型イベント出場が決まっても、解散してしまえば同じである。それが現代アイドルの宿命なのか。

 
 …考えるだけでも虚しくなってしまう。
 








| | コメント (0)

さらば、現代アイドルたちよ(Vol.183)「misolla(1st?)」

 2019年3月31日をもって一時活動休止。但し公式サイトや同ツイッターには、一切その旨の記載はなく、公式ツイッターに至っては記事制作時現在もアカウントが残存している。しかし、misollaとしては活動していない模様。原因はメンバー5名中4名が卒業し、ソロユニット化したためと思われるが、事務所的にはメンバー補充で再開する目論見か?

 
 というのも、同公式サイトが開設されたのが2018年8月なのだがその後、同年12月に1名(※家族が県外転居するため)、2019年1月に1名(※自身の転勤のため~兼任アイドルだった?)、更に同年3月に2名(※1名はベクトル相違?1名は学業専念のため)と事情はともかく、卒業が相次いだのである。しかも残されたのは、小学生メンバーのみ(※記事制作時現在)。さすがに小学生のソロユニット化は厳しい。


 「ミソラ」と読むが、今は亡き超大物演歌歌手とは無関係である。公式サイトには「名古屋を拠点に個性あふれる5人で活躍中のアイドルグループ」で、ネーミングは「名古屋の"味噌"鯱(しゃちほこ)のように空高くそびえる"空"、更に音階の"ドレ『ミファソ』ラシド"からファンの"ファ"を抜き、"ファンの皆さんと一緒に完成する"という意味が込められている」らしい。


 名古屋の「"味"噌」に鯱がそびえる「空」を取るとは、複雑というか、意外性があるというか…。鯱だとクレームが付きかねないのに配慮した、か?その先は言うに及ばず、だろう。


 結成は2018年3月のようだが、ジャスト1年で活動休止に至ったのは、ただの偶然なのか?


(※注:イベント映像に6名映っているのは、結成して約1ヶ月後[※勿論、公式サイト開設前]に脱退した1名が含まれるためと思われる)


  同じSAKURA ENTERTAINMENTにはLe Shana、Culimi等が在籍しているが、活動休止に至ったのはmisollaが初めてだろう。東海地方に進出せず、近畿圏内に留めるべきだったのか?まるで今回の活動休止は、それを暗示しているかのように思えてならない(※誹謗中傷の意図等は全くない)。

 
 結局今のところ「ファンと一緒に完成する」という目標は達成できずにいる。無論、このまま終わるわけにはいかないはずだ。

 
 …先は見えないが、ひとまず吉報を待つとしよう。









| | コメント (0)

令和の小市民?とんでもない!福modest「平成ノスタルジー」

 平成から令和に元号が変わり、はや1ヶ月半近くを迎えるが、諸兄方は慣れただろうか?


 私の場合、昭和から平成に変わった当初と同じく、つい平成31年と記しがちである(^^;下手すれば元号は何だったか、忘れてしまうな時もある。尤も、サラリーマン時代に生年月日を西暦表記する顧客が何人かおられて、それを修正しないと困ると言えば「元号表記には従わない」と突っぱねられ、大揉めした事も度々あった。今を思えば、然したる事ではないのだが…。


 かく言う私自身が、西暦表記を当ブログで普通に行っている。ふと元号を忘れてしまうのも、その影響かもしれない。


 今更ながら平成という時代を個人的に振り返れば、色んな事があった。新年を迎えて松の内も過ぎない時に昭和天皇が崩御され、あの時の自粛ムードは一種空恐ろしいものを感じたものだ。そして地下鉄サリン事件に阪神淡路大震災、北海道南西沖地震、東日本大震災、熊本地震、鳥取地震、そして北海道胆振東部地震等が発生し、この世の終わりを心の中で悟っていた。

 
 この世の終わり、といえば21世紀を迎えたのも平成時代であった。この際はいわゆるコンピューターの2000年問題があちこちで叫ばれ、その対策に苦労したが、いざ迎えてみると不思議なくらいに何も起きなかった。今だから言えるのだが、私達が起こり得る可能性が高いとして警戒や対策を施したものの、結局2000年問題は夢現ではなかったのか?杞憂に終わっただけでも良しとするべき、か?

 そして初めての大阪での生活。昼夜問わず大きな声で会話する通行人達、夜中は夜中で暴走族が警察から逃れるためにあらゆる道に入り込み、その多さと騒音に悩まされた。それでも住めば都、徐々に慣れていくうち、意外にも知人が近くに住んでいた事を知り、驚いたものだ。その一方で事故の多さにも驚かされた。自身が事故に遭いそうになった事も何度かあった。

 
 気が付けば…という事もないが(^^;現住地に引っ越し、大阪在住時とは全く違う、物静かな生活を送っている。アシナガバチに襲撃されたのは予想外だったが…。


 細かく記していくとかなり長くなるので、ひとまず概要という事でご容赦いただきたい。


 「ふく・モデスト」と読む。公式サイトには「掻き鳴らせ、小さな幸せ。」とされ「"生きているだけで偉い"を合言葉に小さな幸せを掻き鳴らし、歌う。白幡いちほ(劇場版ゴキゲン帝国~2019年6月一時活動休止)、岸波藍(セプテンバーミー~2018年活動休止)による全肯定ガールズバンド」らしい。「平成ノスタルジー」は彼女達の1stシングルとなる(※配信限定)。


 「modest」とある以上、何かを行う「人」を指すのか、はたまたmodeの最上級を指すのか…と考えがちだが、実は「控えめな、慎ましい、並みの、地味な、質素な」といった意味がある(※出典、引用:goo辞書)。


 つまり、彼女達が自ら語っているように「小さな幸せ=福modest」という事になる。 
 

 そういえば、その昔「小市民」というフレーズが流行した。嘉門達夫(現:嘉門タツオ)の曲の影響が大きいかもしれない。気が付いた時には「小市民」ではなく、「堂々とした一市民」と化しているようだが…?


 しかし、本来は「マルクス主義における『僅かな生産手段を私有する者』を指す言葉」、あるいは「マルクス主義における小市民階級」を指すらしい(※出典、引用:ピクシブ百科事典)。そう記すと自身は当てはまらない…と考えてしまうかもしれない。一方では「一般市民の総称、サラリーマンや自営業者を含む中産階級、自らを蔑んで使う言葉」とされる(※同上)。これだと大半が当てはまるはずだ。


 生き辛い世の中になった、と言われて久しいが「生きてるだけで偉い」と言われると、決して悪い気もしなければ、明日も頑張ろうという気持ちにさせてくれるだろう。椎田理加共々、少しでも生き辛いと感じる人々が少なくなるよう願いたいものである。


 間違っても、現在このような状況に置かれているのは自己責任である、とひと言で片付けてはならない。ちょっとした事で幸せを感じる事ができる人こそ、本当の幸せ者ではなかろうか。そこに気付くべきだ。








| | コメント (0)

さらば、現代アイドルたちよ(Vol.182)「星屑協奏曲-コンチェルト-(1st?)」

 2019年5月29日をもって、一時活動休止の旨、公式サイトで発表(※出典、引用:2019年5月29日付公式サイト内NEWS『星屑協奏曲-コンチェルト-からファンの皆様へ大切なお知らせ』※注:下記参照)。原因はプロデューサー及びメンバー5名中4名がベクトル相違により、双方合意の上で契約継続をしないとの結果を得たためらしい。まさかメンバー4名はメジャーデビュー拒否?プロデューサーが契約終了したのに合わせた行動か?これにより、当日予定されていたライブは急遽中止となった。


 なお、新体制(2nd?)を遅くとも6月中?に立て、残留メンバー1名と合流するものと思われるが、あくまで予定とされる。

 
 因みに、彼女達は活動休止の1週間前にユニバーサルミュージックからメジャーデビューを果たしたばかりである。

 


 メジャーデビューして1週間でメンバー脱退、しかもプロデューサーまでも退任(※いずれも正確には契約終了)という事態が起きるからこそ、現代アイドルの先は闇と言っているのである。私が執拗に憂うのは、正にこの事なのだ。

 


 おそらくPV制作もしていない…というか、できないだろう。新体制確立後にあらためて撮影するつもりなのではないか。

 
 第一、契約終了した個別メンバージャケットVer.&全体Ver.はどうなるのか?まさかリリース直後に回収?販売中止扱い?


 …その前にメジャー契約はどうなるのか?



 幸運にもそれを手にしている方がいたなら、レア盤になるかも…?だからといってブ〇クオフ等に売っても、たいした金額にはならないだろうが…。


一部試聴可(タワレコオンライン)。



(※注)公式サイトおよび同ツイッターでは、活動休止とは明示されていないが『新体制に向けての準備で、少しの間お時間をいただきます…』とあるので、当ブログでは活動休止と判断した。何卒ご了承いただきたい。










| | コメント (0)

とうとう”最後の一線”を超えた?predia「NAKED」

 何と思わせぶりな内容か。まるでセクシー女優やグラドルのDVDでも見るかのようである。


 スクリーン越し?にスカートを脱ぎ捨てたり、ブラジャーのホックに手をかけたところでカットされているのは、世の男性にとっては堪らないだろう。しかも個別カットによっては、ランジェリー姿を透視しているかのようなものもある。その先は個々の想像にお任せ♡とでも言っているのか?

  
 prediaのメジャーデビューシングル「壊れた愛の果てに」PVもインパクトは十分すぎるが、最新作「NAKED」はそれを上回る衝撃である。♪何にも無かった事にして~と懇願されても、そうはいかない。

 
 穿った見方をすれば、メンバーが4名i脱退した分、ファンが離れないように仕掛けたトラップとも言えなくもない。但し、元来「可愛いだけじゃ物足りない。大人の遊び場へようこそ」というキャッチ?が付されていたため、何となく想像はできたところだ。執拗だが「壊れた愛の果てに」で既にそれを証明しているのだから…。

 
 さすがにAV女優やグラドル等で構成される現代アイドルであっても、これには勝てないだろう。尤も、個々のAV映像を見せられたらprediaであってもお手上げだろうが…。



 そういえば、30歳以上限定、元現代アイドル経験者&既婚者OK、国籍・学歴不問という前代未聞?のオーディションを行っていたが、何と270名もの応募があったらしい。元現代アイドルというのはともかく、30歳以上限定、しかも既婚者OKというのは他に類を見ない。ただ、既婚者が応募しても、結果的に家庭との両立問題でやむを得ず脱退するケースが多いのも事実である。

 
 ここまでやってしまったら、次は杉本彩や90年代に活躍した、〇〇〇〇ガールズの類も驚愕するような内容でなければファンがついてこない、かも…?最早大人アイドルというより、セクシーアイドルとした方がピッタリはまるだろう。


 思い切って写真集を出版したら、果たして売れる…かな?その前にベクトル相違で脱退するのがオチ、か。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

さらば、現代アイドルたちよ(Vol.181)「キラミル(旧:煌星のミルフィーユ)」

 2019年3月31日のライブをもって、暫くの間活動休止の旨、公式サイトで発表(※2019年3月5日付公式サイト内INFORMATION『キラミル活動休止について』)。原因はベクトル相違の模様。但し、一部メンバーに関してはソロ活動、もしくは2人組等によるライブ出演を行っているようだ。


 一方で彼女達のプロデューサーを務めたミュージシャン・鵜島仁文氏はギャラ未払いを抗議しつつも、彼女達の可能性に相当期待していた様子が窺える。

 

 

 
 タイトルにもある通り、元々(2017年7月結成時)は「煌星(きらぼし)のミルフィーユ」というネーミングだったが、2018年9月に改名したようだ。メンバーは当初5名だったが、加入、脱退を経て最終的に7名となった。


 だが今回の活動休止に伴い、うち3名が事務所を移籍したため、公式サイトからフォトが省略されたようである。



 1stシングル「∞好きさ∞」が全国販売扱いされているにも関わらず、活動休止とはどういう事か?鵜島仁文氏が抱いていたであろう、彼女達に対する期待の度合いの大きさが如何なるものか、はっきり見て取れる気がする。


  しかし、彼女達の心は既にバラバラに砕け散っていた事に鵜島氏は気付いていたのだろうか?


 全ては運営の責任、と断言していいものか否か、悩ましい部分ではあるが、所詮彼女達も現代アイドルに過ぎなかったのかもしれない。


 まさか、先の記事で懸念していた事態が現実に起きようとは…。


☆参考:2018年4月12日付当ブログ記事「甘~いから好き、なのか?煌星のミルフィーユ『∞好きさ∞』でデビュー」












| | コメント (0)

より以前の記事一覧