経済・政治・国際

特集"脱?官製春闘2019"(その5)「早くも微増でストップ?これ以上の伸びは期待できない、のか?~連合、第2回春闘集計結果公表」

 3月22日、連合が2019年春闘第2回集計結を発表した。以下、概要を記す。


(概要)

※回答は1,244組合。

 ①全体の平均賃上げ額、および賃上げ率は6,475円、2.13%となった(※前年同時期比:マイナス33円、マイナス0.04%)。なお、ベースアップの金額が確認できた776組合の平均ベースアップ額は1,828円(※前年同時期比:マイナス120円)。

 ②規模別賃上げ率

  組合員数300人以上(大手・中堅):2.13%(6,534円)~※前年同時期比:マイナス0.04%(マイナス19円)

  同300人未満(中小):2.02%(5,183円)~※同上:マイナス0.08%(マイナス285円)

   →組合員数100人未満:2.05%(4,873円)~※同上:+0.08%(+245円)







| | コメント (0)

特集"脱?官製春闘2019"(その5)「やはり物流、小売は好調!背景に人手不足?~UAゼンセン、中間報告」

 UAゼンセン(全国繊維化学食品流通サービス一般組合同盟)が3月13日、2019年春闘の中間報告を行った。

(概要)

 ※一部情報が重複する事もあるが、その点をご了承いただきたい。


流通(スーパー)

 ・ヤオコー

  正社員1名平均8624円(※賃金体系維持原資:5598円、賃金引き上げ分:3026円〈引き上げ内訳ベースアップ977円、手当改定3026円〉)、2.92%の賃上げ。 

  パートタイマー時給14.4円(※制度昇給:3.2円、賃金引上げ:11.2円)、1.51%の賃上げ。

  契約社員月給6843円(※制度昇給:5158円、賃金引上げ:1685円)、2.66%の賃上げ。


 ・オークワ

  正社員1名平均5247円(※賃金体系維持原資:1781円、賃金引上げ:2466円〈ベースアップ:2682円、体系是正等:784円〉)、1.67%の賃上げ。

  契約社員月給3708円(※制度昇給:2221円、賃上げ:1482円)、1.67%の賃上げ。


 ・関西スーパー

  正社員1名平均6423円、2.36%の賃上げ。

  パートタイマー時給30.4円(※制度昇給:9.8円、賃上げ:20.6円)、3.20%の賃上げ。

 
 ・イオンリテール

  正社員1名平均6515円(※賃金体系維持原資:4763円、賃金引上げ:1752円〈ベースアップ:629円、体系是正等:106円〉)、2.31%の賃上げ。

  パートタイマー時給25.18円(※制度昇給:6.35円、賃上げ:18.83円)、2.68%の賃上げ。

 
 ・イトーヨーカドー

  正社員1名平均6341円(※賃金体系維持原資:4333円、賃上げ:2008円)、1.77%の賃上げ。

  パートタイマー時給29.75円(※制度昇給:7.32円、賃上げ:22.42円)、2.87%の賃上げ。



流通(薬品等)

 ・マツモトキヨシ

  正社員1名平均8500円(※賃金体系維持原資:3311円、賃金引上げ:5189円)、2.61%の賃上げ。

  契約社員月給5331円(※制度昇給:4094円、賃上げ:1237円)、2.59%の賃上げ。

  パートタイマー時給43円、3.76%の賃上げ。


 ・スギ薬局

  正社員1名平均8127円、2.69%の賃上げ。


流通(その他)

 ・ニトリHD

  総合職社員(4041名)1名平均8043円(※定期昇給:5343円、ベースアップを含む賃金改善:2700円)、2.37%の賃上げベースアップ16年連続実施。

  エリア限定総合職員(172名)1名平均6827円(※定期昇給:4519円、ベースアップを含む賃金改善:2308円)、2.55%の賃上げ。

  パート、アルバイト(25917名)時給(平均)26.4円(※制度昇給、賃上げ含む)、2.58%の賃上げ6年連続時給引き上げ実施。

  慶弔休暇をパート、アルバイトまで制度拡大。家族手当の充実。

  海外赴任者には国ごとに手当上乗せ、海外手当の引き上げを実施。


外食産業

 ・ゼンショーHD

  正社員月給1名平均7200円(※定期昇給:5900円、ベースアップ:1300円)、2.2%の賃上げ。

 ・王将フードサービス

  正社員1名平均1万2677円(※定期昇給:7634円、賃金制度改定分:5043円)、4.27%の賃上げ(要求を大幅に上回る回答)。但し、嘱託、パートタイマーは据え置き?


 ・すかいらーくグループ

  正社員1名平均7551円(※賃金体系維持原資:4723円、賃上げ:2828円)、2.30%の賃上げ。

  パートタイマー時給22円(※制度昇給:11.9円、賃上げ:10.1円)、2.26%の賃上げ。




☆出典、引用:
流通ニュース特集「春闘2019」   







 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

おい、マジやぞ!幻.no「金返せ!」 

 民法(債権法)の一部改正により、消滅時効は5年(知った時から5年)に統一されたが、全てが5年に統一されたわけではなく、権利行使から10年(※主に消費者金融など)はそのままである。施行日は2020年4月1日となった。


 ざっくり言うと、業種などによって異なっていた消滅時効を統一する事で明確にし、同時に債務者保護の意味合いもあるらしいが、現実には金銭貸借に関するトラブルは後を絶たない。悪く言えば、債務者が取り立てを5年だけ耐えれば自動的に消滅時効を迎える事となり、ひいては「借金を踏み倒せる」わけである。


 その反面、少額訴訟や裁判が頻繁に起きる可能性は否定できない。


 以前当ブログでも、民法改正の件でピックアップしたところだが、踏み倒された側は堪ったものではない。消費者金融なら随時連絡等が可能だが、個人間だと「借りた」意識が何故か次第に薄れてしまう。たとえ「貸した側」が覚えていても、その金額が僅かであっても、だ。


 上記のように、意図的な踏み倒しは許されるべきではないはずだ。まして本曲みたく、1000万円を借りたなら、尚の事である。かといって、強引な取り立てを行えば恐喝、脅迫等に問われかねない。貸した側には不利となる。

 

 そうなれば、誰でも「金返せ~!」と叫びたくなるのも道理である。

 現代アイドルゆえに?コミカルソング風に聴こえてしまうが、メンバーの実話を基に制作された曲という。特に現代アイドルの場合、運営がイベント等で支払うべき金額を滞納し雲隠れしたとか、運営が事務所の金を持ち逃げし、残された現代アイドルは解散せざるを得なくなってしまうケースも多い。


 ところが、そういうのに限って?運営の所在が掴めない。実際はどうなのか不明だが「横領罪で逮捕されました」「事務所の金を持ち逃げして・・・」という報道に触れた事がない。そんなものに構っている余裕があるなら、自分達の先を考えるのが優先されるため、なのか。

 
 原則として、借りたものは返すのが常識である。ただ、闇金に手を出したとか、返済できない事情等があるのなら、貸した側や法律事務所などへの相談を勧めたい。


 個人間の貸し借りだから、踏み倒す前提で「借り逃げ」するのは、論外である。相手の気持ちを利用し、踏み躙る行為は断じて許すべきではない。


 それが分かったら「金返せーっ!」








| | コメント (0) | トラックバック (1)

特集"脱?官製春闘2019"(その4)「賃上げ率は昨年並みも、金額は微増~連合、第1回春闘集計結果発表」

 3月15日、連合が2019年春闘の第1回集計結果を発表した。

(概要)

 
 回答数は626組合。

ベースアップと定期昇給を合わせた平均賃上げ率は、2.16%(※前年同時点と同じ)、賃上げ額は6653円(※+138円)。


ベースアップ実施が確認できた405組合の平均ベースアップ額は、1896円(※マイナス323円)。


規模別の賃上げ率、平均ベースアップ額

 ・組合員300人未満(中小企業):2.12% 平均ベースアップ額:1442円(※マイナス300円以上)。

 ・同300人以上(中堅・大企業):2.16% 同上:1905円(※同上)。


非正規労働者の賃上げは、単純平均で時給:29.56円(※+3.58円)、月給:5606円(※+110円)。


賃上げ以外にも、勤務間インターバル制度の導入、定年年齢の引き上げ、年次有給休暇の取得促進、非正規労働者の処遇改善などが実現。


 神津連合会長:「労組の要求対比では物足りないと言わざるを得ない」


| | コメント (0) | トラックバック (2)

特集"脱?官製春闘2019"(その3)「脱・官製の影響?ベースアップ軒並みダウンも、物流・外食は好調?」

 3月13日、電機や自動車関連会社等に対する春闘への一斉回答が行われた。全体的には米中貿易摩擦や中国の景気減速等の影響を受けて・・・などと言われているらしいが?


(概要)

 なお、原則としては要求額アップ、は同ダウンを示す。無印はほぼ現状維持、要求額通りとする。


自動車

 ・トヨタ自動車

   ベースアップ額などは非開示ながらも、総額で1万700円

 ・日産自動車

   ほぼ満額回答(3000円)。

 ・ホンダ

   要求3000円に対し、1400円のベースアップ

 ・マツダ

   ベースアップ額などは非開示も、総額9000円(ほぼ満額回答?)

 ・SUBARU

   要求3000円に対し、1000円のベースアップ

 ・ダイハツ

   要求3000円に対し、1500円のベースアップ(4年連続)。

   全組合員に4月から「勤務間インターバル制度」を導入。


電機

   統一要求3000円に対し、1000円のベースアップ


重機・造船

  ・三菱重工業、IHI

   3500円の要求に対し、1500円のベースアップも前年並み

   IHIは「勤務間インターバル制度」導入(4月~?)。


郵便・物流

  ・福山通運

   要求額非公開も、7500円(前年の3倍)のベースアップに加え、正社員(約2万人)の3月分給与に一律5万円上乗せ


  ・ヤマト運輸(3月15日付更新)

    月額5599円(総額平均8052円)のベースアップ~※前年の3倍

      (内訳)実際のベースアップ 4397円
            
          労働時間短縮分   1202円

 
  ・日本郵政(同上)

    ベースアップ見送り(4年連続)。約8万人の非正規社員を対象とした扶養手当を新設。なお、正社員に関しても子育て世帯に同手当を支給。


外食産業

  ・王将フードサービス(餃子の王将)

    9500円の要求に対し、1万2677円


  ・ゼンショーホールディングス(すき屋)

    2019年入社の大卒初任給を21万円→21万5000円に引き上げ(2年ぶり)。

    但し、ベースアップはの模様(具体額不明)。


電気・通信業

  ・NTTグループ主要6社

    2000円のベースアップ(6年連続の実施、前年1800円を上回る)

    60歳の定年後も働き続ける社員に対し、平均1350円

    非正規社員も手当等を引き上げ。

  
  ・関西電力(3月15日付更新)

    月額1500円のベースアップ(11年ぶりの定期昇給)

    一時金は4.15ヶ月分(平均169万2000円)。

   →「電力・ガス小売りの自由化で競争が激化する中、社員の奮起を促すための昇給」


~関係者のコメント等~


 ・経団連、中西会長

   「賃上げをしていこうという基本的なモメンタムはきっちり守れたんじゃないか


  ・日立製作所執行役専務、中畑英信氏

   「米中貿易摩擦や中国の景気減速が非常に大きい。経済情勢が昨年より厳しく、賃上げ負担が重くなってきた、というのが会社の判断だ」


  ・トヨタ自動車社長、豊田章男氏

   「本音の話ができていると思うが、これほど労使の距離感を感じた事はない」


  ・トヨタ自動車労組執行委員長、西野勝義氏(13日の会見での発言)

   「我々の危機意識が足りなかった」

  
  ・NTT労組事務局長、平田雅則氏

   「会社側の回答は非正規の賃金の一定の底上げにつながる」 


 ・第一生命経済研究所主席エコノミスト、新家義貴氏

   「景気の先行き不透明感の強まりから大幅な賃上げには至らず、伸びは18年をやや下回るだろう」


 ・みずほ総研主席エコノミスト、服部直樹氏

   「所得が十分に上がらないまま相次ぐ賃上げで、家計の体感物価が上がり続けると、増税後に個人消費が下押しされるリスクがさらに強まる


 ・日本総研主席研究員、山田久氏

   「官製春闘はベースアップの復活という功績があった。脱・官製春闘により賃上げの勢いが衰えた面もある」 

 

 
     



   



※注意:今後追記する可能性あり。一応本記事においては3月15日頃までを予定しているが、変わる場合もある。また、新聞記事掲載時を基準にしているため、若干のタイムラグ等が生じる恐れもある。予めご了承願いたい。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

現るべくして現れた!時代のニーズが呼び寄せた?介護・福祉サポーターアイドル!FEN-Girls「Change」

 看護師現代アイドルが登場したなら、遅かれ早かれ・・・と思っていたが、いよいよ現れた介護・福祉サポーターアイドル、FEN-Girls。

 

 特養ホームや介護施設の職員が入所者に対する犯罪に手を染める事件は後を絶たない。その度にコメンテーター等が職員の質の低さを執拗に批判しているが、需要が増えても成り手が少ないのだから、頭の痛い部分だ。


 一方では給与の低さや専門職員の高離職率が表面化しており、国が報酬月額増加を決めたとか何とか言っているらしいが、本当に反映されているのかどうか、傍から見るとよく分からない。


 挙句の果てには、その空いた穴を外国人労働者で補充するらしい。但し、専門用語等も多く、いきなり来日してもなかなか理解できるものではない。当然ながら実務研修等の充実を図るべきだが、それだけでは無理だろう。外国人労働者を介護専門職に就けるというのなら、彼らに対するフォロー体制等も必須になる。

 

 まして日本語もままならぬ状態で別の職員らに注意されても、何を言っているのか皆目理解できない可能性もある。仕事上や日常生活等におけるストレスが鬱積し、やがては入所者に対する犯罪行為に及ばないとは限らない。

 

 そこで職員の質の低さを問題視しても、結局堂々巡りのリフレインになりかねない。

 

 今や外国人労働者はわが国に欠かせない存在であったとしても、単純に受け容れればいいというわけでもない。職業専門教育だけでなく、日々のフォローをしっかりしないとナンセンスに等しい。しかも、前述の給与問題もある。

 

 そんな状況下をFEN-Girlsが変えようというのか? 

 コンテンツ(介護・福祉啓発活動事業 NEXT INNOVATION公式サイト内)によると「介護・福祉に対する熱い想いを世界に発信するために、介護・福祉関係者により構成されたアイドルユニット」で「ネーミングは、名古屋市中川区に実在する特別養護老人ホーム"フラワー園"の頭文字を捩ったもの」とある。メンバーは6名(※記事制作時現在)。


 1stシングルは2018年7月?「ボクたちの未来」で「Change」は2ndシングルとなる。


 「サポーター」とされるが、彼女達の場合「学園祭、施設イベント、地域の祭り、職員親睦会等をはじめとする、介護に係るイベントに出演させていただきます」とある。但し「ギャランティは無料だが、介護・福祉啓発活動のため、CD50枚購入+交通費をいただきます」とされる。

 
 ・・・単純にCD1枚1000円程度としても50枚で5万円、別途交通費全額を支払うとすれば、AKBグループ等を迎え入れるよりは安価?


 問題はCD50枚の処理だろう。入所者に配付?まさか施設内で販売?職員に購入義務?不法投棄は厳禁だが、施設でCD50枚を保存しているだけでは、これこそナンセンスの極みにすぎない。企業等はいいが、一般的な施設、それも地方だったら悩みどころ、か。

 
 そうなるとオファーに及び腰になってしまう可能性もなくはない。ただ実績を見るに、回数自体は少なくとも、月2回程度はトークライブショー等に出演している模様。メンバーそれぞれの業務と兼任で行うには、これぐらいが限界かもしれない。

 
 ともあれ、彼女達の登場で介護・福祉業界がより良く"Change"される事に期待したい。パ〇リの謗りを受けようとも、同様の存在が続くよう願うものである。

 
 人手不足に苛まれる施設が多い中では、却って白眼視されかねない?







| | コメント (0) | トラックバック (0)

特集"脱?官製春闘2019"(その2)「春闘本格化!なのにトヨタ、ベースアップ明示なし≒脱・官製へ?」

 2月13日、自動車大手の労組が2019年春闘に対する要求書を提出した。


 ただ、トヨタ自動車、マツダはベースアップ要求額を示さなかったという。


 以下、概要をまとめた。


~各会社の要求額など~


(1)トヨタ自動車

  ベースアップ要求額を示さず、ベースアップ+定期昇給で「総額12,000円以上」。


(2)日産自動車、ホンダ、スズキ、スバル、三菱自動車の各社

  ベースアップ3000円以上。


(3)マツダ

 トヨタ同様にベースアップ要求額を示さず、「総額9000円以上」。


(4)NTT

 正規、非正規を問わず、「年収ベース」で2%以上の賃上げ要求(※一時金、各種手当などの拡充対象拡大を盛り込む)。


(5)東京電力

 「年収ベース」で3%以上の賃上げ要求(→2月19日に要求書提出予定)。


(6)UAゼンセン労組

 今回初めて、正社員と非正規社員との処遇差縮小を柱にする見込み(※要求額は不明)。


(7)電気労連

 月額3000円のベースアップ要求(※2019年2月15日付で修正)。


(8)日本郵政(※2019年2月15日付で加筆)

 「月給ベース」で月額6000円のベースアップ要求。65歳までの定年延長等も。




☆お断り:本内容は
2019年2月13日付読売新聞記事を一部引用しました。








 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

現代のニーズにピッタリのアイドル、か?さよならソリチュード「コンフリクト」でデビュー

 ユニット名を強調するためか、冒頭の夕暮れ時にブランコで戯れる姿や、江ノ島をバックにパフォーマンスする姿など、やたら孤独(=ソリチュード)のシーンが多い。最終的にはステージで2人揃う(※実際は"既に揃っていた"可能性?)のだが、よく見ると無観客状態である。


 PV撮影のために、あえて無観客時を狙った、か?

 

 メンバーが多人数ではないので、より孤独感を強調しやすいだろう。これが5人以上?だと、表現不可能である。だからメンバーが少ないのかどうか・・・。


 そういえば、メンバー自身もキャピキャピしたイメージではなく、物静かで穏やかなキャラクターに思える。尤も一人で騒いでいたら、周囲の冷たい視線が気になるばかりだ。


 因みに「コンフリクト(conflict)」には、「(武力による、比較的長期にわたる)戦い、争い、(主義主張上の)論争、(思想、利害などの)衝突(する)、矛盾(する)」等の意味がある(※出典、引用:Weblio英和和英辞典)。


 多人数でベクトル相違などの問題が生じるならば、少人数(※2人以上)では全く起きない、とは言い切れない(※誹謗中傷の意図等は全くない)。もしかすると大人数よりも対話、対立、衝突の機会は多いかもしれない。


 しかし、自身の中での葛藤や感情が爆発する事はあっても、対話、衝突できるのは"孤独"ではない証拠だ。果たして、それを喜びに転換できるかどうか・・・?


 仮に存在していたとすれば、相当ポジティブ・シンキングができる人に違いない。

 公式サイトには「"さみしくても、ひとりじゃない"をコンセプトにしたアイドルユニット」で「"毎日が寂しくて辛いなら、孤独とさよならして、一緒に楽しもうよ"という想いからユニット名が誕生しました」とされる。


  結成は2018年1月で、メンバーは2名(※結成時のまま、入替等なし。記事制作時現在)。今作がデビューシングルらしい。


 以前にも記したと思うが、昨今「おひとりさま」に注目が集まり、同様の内容を含む書籍が続々と発売されている。配偶者に先立たれて孤独を感じるようになった高齢者向けのものが大半だ(※全てに当てはまるわけではない)。

 
 しかし「おひとりさま」は今や高齢者だけの問題では無くなった。低収入等の理由により、結婚をしない若者が増加しているという。ただ残念なことに「孤独≒悪」と受け取られているのが現状だ。


 報道などで"ある"事件が発生し、犯人が1人暮らしだったりすると、意図的か否かはともかく、普段何をしているのか分からないとか、1人だと何を仕出かすか想像できない性格・・・という周辺住民の声を取り上げているのが、その証拠である。

 
 率先して勧めるつもりはないが、集団に無理矢理加わって不快な想いをするなら、1人の方が気楽でいい。定年退職を迎えて、何をしようかとあたふたするより、普段から自分だけの趣味等を見つけておいて、定年後に存分楽しむのもアリだ。


 そう考えると彼女達の存在は、時代のニーズに合っているのかもしれない。尤も、1人暮らしの高齢者までも含めているかは疑問だが、コンセプトなどを素直に受け取れば大歓迎のはずである。


 「孤独」に年齢性別、国籍などは一切関係がないのだから、彼女達には積極的にアクションを起こし、嘆き悲しむ人々が可能な限り少なくなるよう、努めて欲しいものだ。


 そのためには様々な場所でのフリーライブ開催も必要になってくるだろう。一方で彼女達にとってはリスキーか?










| | コメント (0) | トラックバック (0)

特集"脱?官製春闘2019"(その1)首相の本音は5%以上?なれど、具体的には示さず!経労委報告

 官製春闘2018については、諸事情の絡みもあり、中途半端な内容に終わってしまったのを、まずはお詫び申し上げる。


 さて、春闘2019は徐々に始まりつつあるようだが、「官製」となって早くも6年目に突入した。


 ところが、大きな変化があった模様。従来は「3%以上の賃上げ」を連呼してきた首相が、今回は具体的な数値を掲げなかったからだ。賃上げは労使が自主的に決める、とした経済界の意向に配慮したという。


 それを受けてなのか、経団連が経営側の春闘指針とする「経営労働委員会報告(※以下、経労委報告)」では、下記のような報告がなされた。


概要

・「官製春闘」について、社会的な要請・期待を踏まえて交渉している趣旨を盛り込む。

賃上げ率の数値は示さず。

ベースアップは業績が拡大する企業の選択肢として容認する。

技術革新を生み出す人材の活用と職場環境の整備を重視する。

 →人工知能、IoT普及が見込まれる中、付加価値の高い製品・サービスを生む人材育成など。

長時間労働の是正で余った時間を従業員が有効活用できるよう、企業側が支援する。

 

関係者の発言・動向など

 首相:「景気の回復基調をより確かなものとできるような賃上げを、ぜひ経済界の皆様にもご協力をお願いしたいと思います」

 「平成元年の賃上げ率は、現在の2倍、具体的には5%だった」

 (※以上、12月26日の経団連・審議会での発言)

 中西経団連会長:「賃金はあくまで労使で決めるものなので、(首相の要請は)予定通りだ」(※同上、審議会終了後のコメント)

 

 連合(労組):

  賃上げ率ばかりに注目が集まる春闘に懸念、賃上げの具体額重視へ。


放言三昧

・経労委報告における「ベースアップ」に関しては、おそらく全会員企業に当てはめてしまうと、業績が悪いのに賃上げ等不可能、といった意見があったのではないか。榊原前会長と姿勢が真逆に近いのが分かる。

・嘗ての春闘で賃上げ・時短闘争が行われた時のように、今回は賃上げだけでなく、諸条件(働き方改革を含む)整備をも盛り込むことで一挙両得を狙ったかのように見える。しかし、裏を返せば賃上げ率が低い分、諸条件闘争で譲歩させるのでは?各労組も一応の決着を・・・と考えざるを得ないかもしれない。

・専門家等は官製春闘の転換期と捉えているが、確かに6年も続けば「政府の言いなりで賃上げばかりできるものではない」という経営側の本音も見えてくる。ひいては前述の諸条件闘争に結び付く可能性はあり得る。特に女性社員や介護問題、更には非正規社員の問題等もあるので、単に給与アップだけで片付くものではない。その意味では、転換期であろう。



☆お断り:本内容は2018年12月27日付読売新聞記事を引用しつつ、自身の想いを盛り込みました。




| | コメント (0) | トラックバック (1)

暫く休業していたと思ったら、契約書を作ってたのか?あヴぁんだんど「ちゃんとここにサインして」

 「ちゃんとここにサインして!」って、唐突に何を言い出すのか?

 

 少なくともファンが芸能人に求める"サイン"ではないのは確かだ。

 

 自ら契約書を作成して事務所側に提出した際の、究極のひと言か?

 
 確かに現代アイドルに対する「違法?奴隷?契約」が話題になっている。例えばNMB48ならば、卒業等で所属事務所を退所後、2年間は芸能活動(※フリーも含む)が禁止されている、俗にいう「2年縛り」は有名だ(※但し、事務所を辞めなければOK?)。

 
 また元メンバーが自殺した、愛媛県の農業アイドル・愛の葉Girlsに至っては、遅刻・欠勤等をすればその度に罰金が科せられる(※ギャランティーから天引き?)、というのも問題になっている。はっきり言って、出会い系詐欺サイトの高額な違約金等と同じようなものではないか?ただでさえ薄給状態なのに、罰金を天引きされれば、ほとんど手元には残らない事になる。


 これを聞いて、少し前の話になるが、日雇い派遣労働者の給与から毎回「データ装備費」なる名目で搾取していた、いわゆる「グッドウィル事件」を思い出した方もいるだろうか。


 年収何千万円という現代アイドルもいるものの、それはほんの一握りにすぎず、愛の葉Girlsと同様か、または無給状態(※ボランティアとしての現代アイドルを除く)に近い存在の方が大半を占める、と言われている。SNSなどで給与明細を公開したり、バラエティ番組等で不満をぶつける現代アイドルやAVに奔るグラドル等も、おそらくその影響を受けているものと思われる。

 
 いずれも契約書に明記されているので、読まない方(労働者側)が悪い、とする意見もあるが、果たして隅から隅まで念入りに目を通して契約書にサインする存在がいるのか?

 
 いうなればスマートフォンやゲーム等の利用規約等、細かい字でびっしりと記された文言に目を通して「規約に同意」または「同意したものと見做す」と同じようなものではないか。

 
 あヴぁんだんどの本曲は、そういう風潮にアンチテーゼを示す狙いがあったのだろう。


 いっその事、こちらの思惑通りに契約書を作成して労働者側が提出したら、面白い事になるに違いない。好き放題の内容が盛り込まれた契約書ならば、その場で破り捨てられるだろう。そこに代理人を立てたら余計に話が拗れてしまう。

 
 勿論順守すべき事(=絶対に守らなければならない)を外すことなく、他は例えば出産、育児であったり、親の介護等でやむを得ない場合はフレキシブル対応を予め契約書に盛り込んでおくのがベストだろう。まして働き方改革を国から促進されているのなら、尚の事である。


 そうなると人事、総務担当の業務が増えるのみでは、本当に働き方改革が進んでいるのか、逆に疑いたくなるというものだ。

 
 果たしてそこまで彼女達が深読みしているのかは非常に微妙なところだが、世の中何でも契約社会と呼ばれる現代に対して、一石を投じる内容であるのは間違いなかろう。




| | コメント (0) | トラックバック (1)

より以前の記事一覧