旅行・地域

よく言った!まさか、言わされた?~山口真帆、NGT48を卒業~

 4月21日のNGT48・チームG千秋楽公演で山口真帆が卒業を発表した。同時に彼女と仲が良かったとされる、長谷川玲奈、菅原りこも同日卒業となった(※出典、一部引用:2019年4月21日付ORICON NEWS記事『NGT48山口真帆、卒業を発表"今の私にNGT48に出来ることは、卒業しかありません』) 。


 その挨拶の中で彼女は「今の私にNGT48のために出来る事は卒業しかない」と言ったという(※出典、引用:2019年4月21日付ORICON NEWS『NGT48山口真帆、卒業発表"このグループに変わって欲しかった"【コメント全文】』 。

 
 個人的には卒業ではなく、脱退にして欲しかったところだが、まずはよくぞ言った!と褒賞すべきか。


 但し、問題がないわけではない。


 これに先立って彼女のオフィシャルグッズが販売中止されたらしい。表向きは製造中止とされるが、完全に外堀から埋め、山口に卒業を促そうという魂胆が丸見えである。更に仲が良いというだけで?有無を言わさず2名を強制卒業させるとは…。


 そこまでやるか?

 
 完全に虐めではないか。


 それに、支配人が謝罪したところで何の解決にもなっていない。正直、何度謝っても無駄に等しい。何故これほどまで大きな話題になったのか、分かっていないのだろう。♪知っているのに知らんぷり~ではないのか?


 謝るべき対象が違うだろう!と声を大にして言いたいくらいだ。本記事にアクセスされた諸兄方も同じ想いを抱いておられると思う。


 その前にファンとの繋がりを自白したメンバーはどうなるのか?またも表向きの処分で済ます気か?


 はっきり言うが、他の現代アイドルの方が処分は厳しいぞ。加害者に甘く、被害者にろくなケアもせず厳しい判断を促すなんて、尋常ではない。まして被害者が謝罪するとは、何事か?


 だからといって、卒業で内々に事を収めようというのは甘い考えだ。

 
 これで全てが終わると思うなよ、と言っておきたい。


 山口真帆、および同時卒業する(※させられる?)2名にも言っておきたい。


 これで全てが終わったわけではない。ここからが本当の闘いである、と。


 事を荒立てたくない気持ちは分かるが、黙って引き下がってしまうと、今後の先例に扱われかねない事を認識して欲しい。これだけ酷い目に遭いながら、仲間には一切不満をこぼさない山口の姿が痛々しく見えてくるのは、気のせいか。








| | コメント (0)

あらまあ、こちらも激減・・・ではなかった!Fun×Fam「桜の咲くころ、この場所で。」

 今に始まった事ではないが、今年も桜は早かった。


 私の現住地では3月下旬頃から開花が確認できたのだが、おそらく花見に最適と思われた4月7日頃、選挙もあったが昼過ぎ辺りから「花散らしの雨」が降り、あっという間に終焉してしまった。桜の開花までは長いが、一旦開花が始まると一気に満開近くまで達する。おまけに寒の戻りもあって花見のタイミングは非常に見極めが難しい。

 
 尤もこれはソメイヨシノの話で、いわゆる八重桜、山桜の類はこれから見頃を迎えるものと思われる。果たして八重桜、山桜はあったかな…?

 
 特別桜に想い入れがあるわけではないが、寒さから解放されると、何とはなしに桜が気になるのは、やはりDNAに刷り込まれているからなのだろうか。個人的には日本で最も遅く咲くといわれる、北海道は根室のチシマザクラを一度くらいはカメラに収めたいと思うのだが、それ以前に北海道に行くチャンスに恵まれるかどうか…?函館の桜はしっかり見届けたが。

 
 和歌山城の桜も見ておかねば…と本曲PVを視聴して思った次第である(^^;

 確か"KANSAI IDOL LEAGUE(KIL)"に出演していた時、かなりの大人数だったはずだが、いきなり激減してしまったのか?

 

 しかし、公式サイト等のフォトを見ると、多少の異動はあっても、大人数に変わりはなかった。

 

 あくまで想像だが、4名に絞られているのはPV選抜メンバーか、各チーム(ハーモニー、メロディ、マウンテン)のキャプテンと統括リーダー1名によるものと思われる。尤も、エンディングで全員が勢揃いしているようだが…。


 ただ、肝心の桜がやや白トビ気味だ。桜の品種や撮影意図等にもよるが、少しアンダー気味で捉えると良い色味が出る事もある。逆光よりは順光がお勧めか。できればバックは青空がいい。本曲PVの場合は、当然ながら桜が主役ではないので、人物にしっかり露出を合わせてポートレイト風に捉えるのが筋ゆえに、狙いとしては間違っていない。


 必ずしも言える事ではないが、桜がモティーフになると大抵バラッド調か、あまりテンポの速くないリズムで流すのが一般的だ。そこは現代アイドルゆえ、やむを得なかったのか、はたまたイメージを転換させたかったのか?


 花見客みたくドンチャン騒ぎをするのも一興だが、少し離れたところから桜を見ていると、また違った見方もできる事を覚えておいて損はないだろう。風に流される花弁を見ると、桜が自ら儚さを訴えかけているように思えてくるから、実に不思議である。


 そんなメッセージを受け取るために、私はカメラのシャッターを切るのだ。最後は看取った、といわんばかりに。


 といいつつ、ここ2年くらいはご無沙汰気味だが…。理由は前半のとおり、である。


 桜よ、来年こそ再会しようではないか。







| | コメント (0) | トラックバック (0)

いつの間に増殖した?Star☆T「ご当地ソング」

 滋賀県のロコドル・フルーレットの「Goshu Ondo~輝く未来へ~」を視聴した後だけに、Star☆Tの「ご当地ソング」はさぞ、民謡調であったり、地元の地名や観光地等が歌詞にインサートされた曲だったりするのだろう…という先入観を持っていたがゆえに、これまた見事に裏切られた(^^;

 
 本当に先入観というものは、時に誤った判断を誘発するので実に恐ろしい。


 ところでいつの間に17名(※記事制作時現在。2019年2月に1名が退団し、16名になった)に増えたのか?


 確か「コングラチュレーション~希望の鐘の音~」PVでは9名ほどだったはずだ。気のせいか、当時より年齢層が若くなったような…?いやらしい意味ではなく、色気は「コングラチュレーション~」の方があったように思える。

 
 それだけStar☆Tの知名度、人気度が高まっている証拠、か。徐々に人数が減ってくるケースは異常なほどに多いが、ほぼ毎年ニューフェイスが補充されるのは、正にメジャー並みだろう。一方では活動休止に追い込まれた現代アイドルの新規応募が皆無に等しいところも多いというのに、である。

 
 逆に言えば、その分卒業、脱退もそれなりに多いのだが、それをきっちり補えているのが素晴らしい。大きなトラブルで運営と揉めたりするのもそう多くないのではないか。でなければ、豊田市のサポーター等に任命されないはずだ。


 これこそロコドルの鑑ではないか。しかも先の退団メンバー(引退メンバーを除き、現在も活躍中のメンバーのみ?)に関しても、その後の動向等の記載をしているのはStar☆Tぐらいだろう。それを見て自分もそういう風になりたい!と思うのかどうかは知らないが…。


 執拗だが、いつまでも事件の影響が離れない、某県を拠点に活動する有名アイドルグループにもStar☆Tの姿勢を見倣って欲しいものである。



 先のピックアップ時には全く気付かなかったのだが、1期生には30代、40代のメンバーが各1名いたという(※既に卒業済み)。まさか彼女達がアラフォー世代現代アイドルの火付け役となったのかどうか定かではないが、確実に地方のみならず、全国各地でムーブメントが起きている。

 
 かのAKB48でも、大人AKBメンバーを一時的に加入させていたではないか。


 もしかすると現代アイドルの人材不足を救うのは、意外とアラフォー、アラフィフ世代だったりするのかもしれない。これでStar☆Tに再びアラフォー世代等が加入すれば、いい意味で現代アイドルが面白い事になるぞ、多分(※変な趣味があるわけではないので、念のため)?


 





| | コメント (0) | トラックバック (0)

さらば、現代アイドルたちよ(Vol.147)「LOCK ON LAUGH」

 2019年4月18日のイベントをもって解散の旨、公式サイトで発表。原因はメンバー2名が方向性を見失った事によるらしい。一説には2019年12月頃までスケジュールが埋まっていたらしいが、今回の件により4月18日以降のライブ、イベント等はすべてキャンセル扱いとなったようだ。唯一結成時からのメンバー1名はソロ活動を展開するも、引退を余儀なくされた模様。


 
 どこへ行っても笑顔を届ける、移動式ブロードウェイは所詮ギ〇ックに過ぎなかった…。


 方向性を見失う≒売れないから…?なのかは不明だが、可能性はある。


 しかし「どこへ行っても笑顔を…」ではなかったのか?


 笑顔で誤魔化すにも限度を超えた、か。


 確か初めてピックアップした頃、公式サイトは派手とまではいわなくとも、ややゴージャスなイメージだったが、今ではメンバーの笑顔フォトのみのシンプルな構成である。最後ぐらいは笑顔で締めたい…という事か。


 移動式ブロードウェイどころか、どこへ行っても笑顔を届ける事すらできないようでは、厳しい物言いで恐縮だが、失格に等しい。まして公式サイトの笑顔は、気持ちいいというよりも作り笑いに見えてしまう。







 

| | コメント (0)

え、まさかの復活…じゃなかった、か?ピューパ!!「FUTURE IS MINE」

 この当記事タイトルに「えっ、マジ?」と思われた方は、果たしてどれだけおられるだろうか。


 そう、以前当ブログでピックアップした、高橋幸宏を中心に原田知世、高野寛らが集結したエレクトロニカ・バンドpupa」と同じ読みなのである。正直なところ「表面的な情報」を入手した当初、私自身も「まさか…!」と思ったほどである。

 
 映像や歌声等を見聞きすれば、違いは一目瞭然なのだが(^^;


 勿論現代アイドルとバンドを同一視するつもりはないが、彼女達の楽曲もどことなくエレクトリックな雰囲気がなくもない。果たして同じ「ピューパ」ゆえなのか否か…?因みに、バンドとしての「pupa」は未だ解散していない。表現は悪いが、サナギのままなのだ(※記事制作時現在)。


 先達を追い越して彼女達が成虫となるのも、然程遠くはないと思うが、彼女達のアクションに触発されて?御本家再始動…なんて事は無いのだろうか。まさか永遠にサナギで終わるとも考えにくいが…?


 公式サイトは記事制作時現在、見当たらない。公式ツイッター(プロフ)には「東京を中心に活動する"皆で育てるサナギ系アイドル"」とある。"サナギ系"とは一瞬「何のこっちゃ?」と思ったが、今後美しい蝶になるのか、夜空を舞う蛾になるのかは分からないものの、言うなればそこに辿り着くための成長過程なのだろう。現代アイドルは、あくまで彼女達にとって人生のほんの一部に過ぎない、という事か。


 …この道ひと筋23年!の森下純菜が聞いたら、怒るかも?

 
 デビューは2017年11月頃と思われるが、元々3名だったメンバーは2名が羽化(※卒業、脱退を指す言葉らしい)し、暫くソロユニットと化していたところ、2018年7月に2名が加入し再び3名となった。その後、同年9月のライブをもって1名が卒業し、2名となった模様(※記事制作時現在)。


 本曲がデビューシングルとなる模様だが、あくまでデモVer.(※正確には"ピューパ‼demo”らしい~"ピューパ!!でも?"と受け取る事も可?)ゆえか、ライブ会場およびタワーレコード渋谷店限定で流通しているようだ(※同オンラインショップでも取り扱い無し)。


 途中で卒業、脱退等という中途半端な「羽化」ではなく、本当の意味で立派な成虫となる「羽化」を目指し、頑張っていただきたい。今すぐは無理でも、いずれは大型イベント等にも積極的に露出して欲しい。間違っても、ファンが育ててくれなかったからとか、ベクトルでトラぶった…等と言ってはいけない。


 「未来は私の物」と歌うのならば、尚の事である。










| | コメント (0) | トラックバック (0)

まだ3人?大丈夫?ROUTE258「妄想リフレクション」

 過日解散した妄想キャリブレーション「魔法のジュース」PVのデイライトVer.を見るかのようなロケーションだ。


 交差点だとやりやすい?

 
 大きな違いはラストにNG集を纏めたところだろう。これを見る限り、どうやらダンスVer.と思われる。さすがに原宿の竹の子族みたく、CDを大音量で流していたわけではなかったのか!例外はあるかもしれないが、普通なら今時そんな撮影はしない、よな(^^;音源はそれぞれの脳内で流れているのだろう。


 夜間に行わなかったのは、妄想キャリブレーションのように電飾を施したコスチュームでもなければ、周辺環境が明々とネオン類が灯るわけではないから、と推察できる。ましてスポットライト的に街灯があたるわけでもないのだ。ひいては、メンバーの安全面にも配慮したに違いない。


 更に付加すれば、四六時中不夜城と化した東京と地方の差と言えるかもしれない。


 「るーと・にーごっぱ」と読む。公式サイトには、特に詳細の記載がない。公式ツイッター記事には、元々(2015年4月結成時)岐阜県のロコドル・Sweetie Lovit(スウィーティー・ラビット~まさかの"ウサギ"?)として活動していたところ、2016年5月現名称に改名した、とある。




 ネーミングの由来は、岐阜県大垣市から三重県桑名市を繋ぐ「国道258号線」沿いを拠点に活動するゆえという(※参考出典:マピオンマップ)。一応?地域活性化とPRを目的に結成されたらしい。
 


 そう、国道258号線に因み、日本最大の現代アイドル(※メンバー総勢258名)を目指している、と以前別の記事で記した、"あの"アイドルである。


 失礼ながら、本気で258名を集めるつもりなのだろうか?懸命に彼女達は活動しているにも関わらず、卒業、脱退は激しく?未だメンバーは3名以上に達した事はないようだ(※記事制作時現在)。いい加減10名以上になっていても不思議はないのだが、脱退の度に運営と揉めているようでは厳しい、か…。


 1stシングルは2016年11月「才能覚醒ガール」で、「妄想~」は2年ぶりの2ndシングルとなる。


 引き合いに出して恐縮だが、星座百景ですら100人も集まっていない(※記事制作時現在)のに、地方のロコドルで258名も集まるとは思えない。メジャーどころや大手の運営会社だったら話は変わるかもしれないが…?


 本気でやるのなら、まずは今以上に積極果敢にイベントへ露出すべきだろう。できればTIF、@JAM、アイドル横丁のいずれかに出演して、認知度、知名度の向上に努めるのが筋だと思う。ロコドルだから関係ない、で済ませているようでは100名どころか、2ケタも望めない。












| | コメント (0) | トラックバック (0)

じゃんけんホイ!勝負の行方はどうなった?OBP「あっち向いてホイ」

 嘗てのSPEEDやMAXは別として、沖縄出身の現代アイドルユニットで最も活気に溢れるのはOBPではなかろうか。


 彼女達の場合、東京にも活動拠点を置き、地元同様に活動しているからだろうか。


 一般的には、拠点を東京等に完全に移すとその大半は短期間で解散してしまうケースが多い。というのも、地元で生活するのと東京で生活するのでは精神的、文化的な部分で違いが生じるからだ。特に沖縄の場合、言葉や文化の違い等を感じると聞く。尤も、関西圏には沖縄から移住してきた人々が暮らす地域は少なからず存在するのだが、そこに住めたのならともかく、他だとカルチャーショックほどではないものの、それが徐々にストレスとして増幅し、やがてはホームシックに繋がるのである(※必ずしも全てに当てはまるとは限らない)。


 とはいえ、東京と沖縄の往復生活というのも大変なはずだ。感覚的には週末弾丸ツアーに近いかもしれない。まして小学生メンバーもおり(※記事制作時現在)、必ずしも全員が揃うとも限らない。おそらく東京在住メンバーも何人かいて、活動地区に応じてメンバーが変わるのだろう。その方が効率的だし、コスト的にも楽だ。



 実は今まで見落としていた事がある。というのも、公式サイトの「会社概要」の横にコンセプトとも、方針、基本理念とも受け取れる文章が連ねられているのだ。それによると"「謙虚」「素直」「前進」「努力」の心を常に持ち、ただ「可愛い」だけの集団ではなく、沖縄経済振興の一部を担える、沖縄や日本を動かす力を持つような集団になる(※一部抄)"らしい。


 なるほど「モデル進化系集団」と謳っているだけあって?実に凄い内容である。普通なら「地域活性化」とは記しても「沖縄経済振興を担う…」「沖縄や日本を動かす力を持つ集団」とまでは記さない。


 しかし、来る5月25日に開催予定の1stワンマンで300人集客しなければ、上京している一部のメンバーの帰還、活動休止が待ち受けているという。逆に成功すれば、早くも2ndアルバムが2019年内にリリースされるらしい。2019年4月に1stアルバム「progress」がリリースされたばかりなのに…!


 あっち向いてホイ!で容易く片付く問題ではないが、OBPにとっては油断ならない正念場が訪れようとしている。

 
 "運命"は5月25日のみに掛かっている。果たして勝負はいかに…?









| | コメント (0) | トラックバック (0)

え、あの元現代アイドルメンバーが電撃加入!レーベル移籍も何のその?煌めき☆アンフォレント「奇跡≒スターチューン」

 メジャーデビューを果たしてから、随分メイクやコスチュームが豪華になった印象だ。全体、個別ともカット割りも良くなり、画質も向上したように見える。相変わらず背景は手抜き感たっぷりなのが残念だが…?

 
 しかもゴー☆ジャス(宇宙海賊)にしっかりネタを披露させる余裕?まで出来ているではないか。確か三代目パーク・マンサーの時は振付だけだったので、明らかな進歩?といえる。

 
 メンバーも若干加入・脱退が見られる。特に目を惹いたのは、元Flower Notesの高橋みおが加入している点か。タレント業が芳しくなかったため、再び業界に舞い戻った、と見るべきか(※誹謗中傷の意図等は全くない)。しかし、元現代アイドルメンバーというだけあってか、やはり彼女がひと際輝いて見える(※私の推しメンではないが)。それだけ彼女に現代アイドルが合っているのだろう。



 そういえば彼女達は前作「=虹色=サンシャイン/煌々◇ナミダ」でメジャーデビュー(※レーベル:OTODAMA RECORDS)したはずだが、今作「奇跡≒スターチューン/光彩⌘スターティングオーバー」はVictoria Beats(※日本コロムビアマーケティング×Victoria Beatsによるアイドル専門の新レーベル)からリリースされている(※因みに、煌めき☆アンフォレントが第1号、後にサクヤコノハナ、BANZAI JAPAN等が加わった模様)。


 多少メンバーの入れ替えがあったにせよ、デビュー(2015年10月)からこれほど順調に推移していると、彼女達が本当に三重県のロコドルなのか?と思えてくる(※ギ〇ックではないが、いずれは三重県を拠点にするアイドルグループを目指している…らしい。という事は、やはり…?)。


 とはいえ、新加入の高橋を含め、メンバーの大半が別の現代アイドル元メンバーだった事を踏まえれば、人気が上昇するのも当然、か?













| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホントに青森から上京したのか!本音はドッチ?ほのかりんご「俺ら東京さ行ぐだ~わぁ青森が好きだver.~」でソロデビュー

 ズバリ「青森が好き」と言い切ってしまっているので、本音はドッチ?等と訊くまでもないはずだ(^^;


 言うまでもなく、本曲は吉幾三の「俺ら東京さ行ぐだ」の替え歌&カバーVer.だが、タイトルのほか、メロディと歌詞の一部を除いて、現代風にアレンジされており、あまり違和感はない。あるとすれば、CGか。


 だからといって「何もなし」ではPVらしくない。ならばイベント等の映像等を盛り込んでも良かったのでは…?とも思うが、ラジオ番組等へのゲスト出演や舞台もあったりして、なかなか撮影もままならなかったのかもしれない。

 
 心なしか、彼女の頬がほんのり赤く染まっているように見えるのは、名前のせい?メイクの影響?

 旧公式ブログ(プロフ~<※注>最近ブログ自体が削除された模様。新ブログはこちらだが、プロフに記載なし。)によれば「青森県弘前市出身で、2004年~2013年までりんご娘"初代レットゴールド"として活躍。2013年春に上京し、歌手を目指して都内で活動中」とされていた。その間演歌歌手・藤あや子の付き人をしながらイベントやテレビ番組に出演していたらしいが、単純に数えても上京から6年がかりで今回のソロデビューに至っているところから、相当苦労しているのが分かる(※参考出典:Diamond Records公式サイトより) 。


 あの「りんご娘」出身であっても、ソロデビューに6年を要しているのだ。東京のみならず、全国的にもまだまだ知名度、認知度が低い証拠であろう。そこはメジャーどころとの大きな違いといえる(※誹謗中傷の意図等は全くない)。

 
 削除済みの旧ブログ(プロフ)にもあるように、ロコドルとして9年間地元で活動し続けたのだから、上京したい気持ちが徐々に体内から湧き出てきたのか。いや、いずれは上京する心づもりだったのかもしれない。


 通常なら、カバーに頼るべからずと言うところだが、上京&ソロデビューを果たし、挨拶代わりの1曲にはカバーがベストだろう。まして先述のとおり、知名度、認知度を向上させていくためには必須といえよう。


 まずはしっかり名前と曲を全国に広く知らしめ、アピールに努めて欲しい。ロコドル時代とは異なる"本当の勝負"は、この後から始まるのだから…。


 但し、未成年者飲酒疑惑で契約解除された(※現在は別の事務所に所属)某女優に名前が酷似している点は要注意、か。尤も、ほのかりんごの場合は"ほのか⁼早生ふじ[林檎]の品種"を指しているものと思うが、やっぱり「りんご」から離れられない?

 
 それだけ「青森」「りんご」に溢れんばかりの愛着があるのだろう。









 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さらば、現代アイドルたちよ(Vol.144)「ぴこぴこ≠にゃんちゃー」

 2019年3月10日のライブをもって、全員卒業の旨、公式サイトで発表。原因はメンバーの意思を尊重し、未来を考慮した結果らしい。

 
 仮にも1stシングルが全国流通にのったのに、全員卒業とは…。


 こういう事態があるからこそ、現代アイドルは油断ならない存在なのだ。


 それでも事務所は諦めきれないのか、脱走(※卒業)した悪猫の後を引き継ぐ猫(※新メンバー)を募集中らしい。卒業したメンバーを悪猫扱いするのもどうかと思うが、逆に考えれば、それだけ事務所とメンバーで"すったもんだ"があったのかも…?


 だが、全国流通にのっただけに、事務所も勢いづいていたのだろう。それをこんな形で堰き止められようなんて、予想すらつかなかったはずだ。無論、ファンも同様である。



 そもそも異動が激しすぎただけに、事務所としても"やる気"を確認したかったのかもしれない。それを各メンバーに訊いたら「もうイヤ!」とか「早く辞めたい」という意見が多かったため、諦めるしかなかった、のか。


 執拗だが、デビュー時から全国流通にのれた、滅多にないチャンスを彼女達は軽視していたのか。それ以上に内輪揉めが激しかったとしたら…?






| | コメント (0)

より以前の記事一覧