ニュース

とうとう新潟県知事も頭にきた?NGT48との契約を更新しない旨を表明~国民文化祭スペシャルサポーター

 元メンバー暴行事件の影響で、劇場のロビー開放とグッズ販売のみに明け暮れ、未だまともな活動ができないNGT48。スポンサーが続々撤退を表明し、新潟県、新潟市も早期解決を促していたところだが、花角新潟県知事が5日の記者会見で2019年9月に開催される国民文化祭のスペシャルサポーターを務めるNGT48との契約を更新しない旨を発表した。AKS(運営会社)には既に伝達済み、との事。

 
 記者からの質問に対し、知事は「(文化祭開幕まで)もう時間がない。スペシャルサポーターという形で宣伝する事は考えていない。(NGT48と)契約更新しない」と答えたという。

 
 その理由について、県文化振興課が同日記者会見を開き、次のように述べたらしい。


 「(国民文化祭)開催100日前を控えて、文化祭の事業内容がほぼ決定し、広報PRの大枠を決める段階で、これから新たに(契約)というのは難しい。また(NGT48が)事件発生前の状況に戻っておらず、スペシャルサポーター(NGT48)を使ったPRは難しい。劇場やアイドル活動が円滑に運営していないと考えている

 
 ポスターは今月から順次切り替えていく、との事。


~・~・~・~・~・~・~・~

 確かに元メンバーが卒業した事で一応の決着を得たかのように見えたが、結論についてはファンか否かを問わず、誰も納得できていないは明らかなので、新潟県の態度はやむを得ないと考える。

 
 気持ちは分からなくもないが、SNSで現メンバーを脅すような行為等は慎まなければならない。そんな事をしても、本質が暗雲に掻き消されてしまうだけで、ますます分からなくなってしまう。

 
 とはいえ、肝心の早川氏が「やるべきことはやります」と言いながら、警察が不起訴にしたのを理由に事件を封印しようとする姿勢もどうかと思う。元メンバーが卒業したから、終わりではない事を認知すべきではないか?仮に私の想いを「厄介」と定義づけるのなら、もっと「厄介」な存在もいるはずだが…?

 
 

 
 
☆記事出典、引用☆

 2019年6月5日付新潟日報記事「新潟県、NGTと契約更新せず 国民文化祭のスペシャルサポーター」

 2019年6月5日付産経新聞記事「新潟県知事『NGT48と契約しない』国民文化祭スペシャルサポーター 暴行事件影響で」








| | コメント (0)

果たして"真の笑顔"はどこにある?たけやま3.5「スマイルクエスト」

 今回ロケに使用されているのは、愛媛県松山市に現存するこどもの城らしい。宮崎県の「こどものくに」なら知っているが…っていうか、鳥取県や千葉県、横浜市など「こどもの国(※表記、正式名称は個々で異なる)」が全国に拡散している事に今更ながら驚いた。


 確か宮崎県に行った時は、夏休みだったと思うが「こどものくに」近辺に着いた途端、大渋滞に見舞われた記憶がある(※目的地ではない)。 


 関西にもポートピアランドや摩耶遊園地、阪神パーク、宝塚ファミリーランド、伏見桃山キャッスルランド等の遊園地が多く存在し、休日ともなれば多くの家族連れで賑わったものだが、ユニバーサルスタジオジャパン(USJ)の台頭で軒並み閉園してしまった。今では当時の人出が嘘のようだ。辛うじて?ひらかたパークやみさき公園、生駒山上遊園地が残るくらいか。


 その代わり?USJは年中人で溢れかえっており、入場するにもひと苦労させられた。人混みが嫌な方には絶対向かない。東京ディズニーランド然り、だ。同時にこのレベルでは、閉園する遊園地が続出するのもやむを得ないと感じた。


 以前、岡山のロコドル・Sha☆inが地元の池田動物園を支援する曲をピックアップしたが、地方の動物園も苦境に立たされている。トピックになる動物(パンダ、コアラなど)がいれば話は変わってくるが、中国がそう易々とパンダを貸してくれる事はない。まして膨大なコストが掛かる。北海道の旭山動物園みたく、展示方法に工夫を凝らす手法もあるが、心無い来場者からパ〇リと揶揄されかねない。


 遊園地なら閉園するのも簡単だが、動物園となれば生物の命がかかっているので、判断も難しい。最悪のケースであっても、他の動物園に無償譲渡するしかない、のか。


 …子供の笑顔はどこへいったのか?



 冒頭で愛媛県松山市の「こどもの城」でロケしている、と記したが、同公式サイトにアクセスすると真っ先に「全ての子どもが輝くために」という表示が目につく。そこには「(何かあった際には)児童館へ行ってみよう」と連ねてある。更にスクロールしていくと、子ども食堂を中心に愛媛県内「愛顔(えがお)の地域活動マップ」が表示される。要は「こどもの笑顔」にウェイトを置いているのだろう。


 大阪在住時には「こども110番」という黄色い小籏が店先などに掲げられていたが、それと同じ機能があるのか。


 しかし現実は、機能する前に子供が被害に遭うケース、それも親の躾と称した虐待が"異常に"多い。仮に第三者が止めようにも、他の家庭事ゆえ、どうしても憚られてしまう。表現は悪いが、たとえ自治体などが「間違っていてもいいので、ひとまず通報してください!」と口喧しく言っても、見て見ぬふりをせざるを得ないのが現状である。児童虐待が一向に減らないのは、そのためだろう。


 過日、厳罰化する法案が国会で可決されたらしいが、それがあるから虐待が減るとは思えない。それならその他の犯罪も減るはずなのに、極端に減ったなどと聞いた記憶はない。


 昔のように他人の子供であっても悪い事は悪い、ときっちり指導する存在が個人情報保護や人権保護に阻まれ、身動きが取れないのではないか。下手すれば注意した側が虐待しているような誤解をされかねない。親御さんにすれば「うちの子に何をしてくれるんですか!」となるのが関の山だ。


 国や自治体が様々な取り組みを行っても、浸透しにくいだろう。無駄足になろうとも、自治体が対処法などを指導し、ダメなら児童相談所へ通報するといったフローを叩きこむべき、か。


 子供の笑顔を見つけたところで、親から「笑顔をを強要」させられているかもしれない。それを見抜けるか否か、大人の責務であろう。












 

| | コメント (0)

「お話」だけでさようなら?勇気ある行動に乾杯!~山口真帆、長谷川玲奈、菅原りこへの"私的"送辞(後編)~

③山口真帆、秋元康氏に感謝&謝罪、有料会員メールで「ごめんなさい」


 NGT48・山口真帆が5月2日、有料会員メールでAKB48総合プロデューサー・秋元康氏に感謝の想いを綴ったらしい。


 (1)最近見ているドラマの話で「犯人は秋元氏?」の真相が…。

「(ファンからの)返信で秋元康が犯人かな(笑)って書いている人がいて、これから出演するのかと思って調べてみたら言いたいことが分かった(笑)


 (2)秋元氏への謝罪

私も秋元さんが運営のトップだと思っていたし、助けてくださいとSNSで直談判しようと思ってたくらいなんですが、秋元さんはAKSのトップではないから逆らえないし、何も報告されなくなって、何も知らないらしいんだ。ビックリだよね…昔のAKBとは組織も人も違うし、私の経験上納得する事はありました。だから(秋元氏が)コメントするにもコメントできないらしくて、他のグループのメンバーもみんな同じ感じだと思うので、他のグループの人には何も言って欲しくないし、求めないで欲しいし、ご迷惑かけてごめんなさいって私は思っています


 (3)元HKT48・指原莉乃への感謝、極悪人と思っていた秋元氏は唯一心配してくれた存在


「一番コメントを求められる指原さんは私の事を気遣ってくれて、本当に有り難く、そして申し訳なく思っています。秋元さんも自己保身の為に私の事都合良く言い回るのかなと思っていたし、あれだけ有名な人だから1番そうすればいい人なんです。だから私もそうされて仕方ないと思っていたし、秋元さんも極悪人のように思っていたのですが、私が傷つくような事は一切しなくて、唯一心配してくれていたと聞いています

秋元さんは"れな"と"りこ"の事も心配してくれてたから、私はすごく感謝しています。それなりの極悪人と思っていた事をここでお詫び申し上げます

私が秋元さんの極悪人だ(笑)」 



 ※以上、出典&引用:2019年5月3日付けデイリースポーツ記事「NGT山口真帆、秋元康氏に感謝&謝罪…有料会員メールで"ごめんなさい"」



 確か秋元氏が原案を担当したドラマで、それとなく本件に対する想いを盛り込んだのでは…とか何とか独自の予想?記事に触れた記憶はあるが、もしかしてそれを指しているのだろうか?


 それでも世間は、秋元康氏が表舞台に登場し、然るべきメッセージ(※謝罪も含む?)を公式に表明すべきとする声が圧倒的である。この期に及んで「言わされた」と見る向きも多いようだが、正に火に油を注いだ状態に等しい、のか?


 何よりも有料会員の人たちは、彼女の想いが綴られたメールを読んで「そういう事だったのか」と納得できたのか「いや、裏には何かある」と見ているのか、気になるところだ。



④指原莉乃、秋元氏にNGT騒動を相談、全てはAKSが勝手にやっていた?



 元HKT48の指原莉乃が5月5日の「ワイドナショー」に出演。今回のNGT騒動について秋元氏がどう思っているのか、と訊ねられたところ、次のようにコメントしたらしい。


 「私も実際ある日『これはどうしようもないな』と思ったので秋元さんに相談したんですけど、その時に…言っていいのか分からないんですけど、会社側が今は全て勝手に動いてしまっていて、本来相談すべき秋元さんに相談も報告もせずにNGTの今後の動きなどを先に発表してしまっていたり…。会社のトップが代わった瞬間から、秋元さんはクリエイティブだけのプロデューサーにはなっていたので、唯一間に入って話せる人がいるんですけど、その人づてに秋元さんが励ましの声を掛けていたっていう話は聞いています


 本内容だけで判断すると、秋元氏は表立ってはできなかったが、ある人物を介して間接的に声掛けを行っていた…という事になろう。

 
 仲介人の存在はともかく、この辺りは山口の有料会員メールの内容とほぼ一致しているので、誤りではないと考えられる。クリエイティブ・プロデューサーゆえに、それ以外の事(運営等)に口出しする権限が今の秋元氏には無いのか?


 但し、別の面から言えばあくまで会社(AKS)の責任であり、何も知らされなかった秋元氏自身には責任はない、という風にも聞こえる。


 しかし、そもそもAKB48グループを立ち上げ、AKS設立に関与した人物の1人こそ、秋元氏ではないのか?と引っ掛かりをおぼえる。おそらく秋元氏の責任論を求める人々の大半は、私と同じ想いを抱いているのではないか。ここを明確にさせないと、半永久的に秋元氏のコメントを求める声は止まないであろう。


☆出典、引用:2019年5月5日付サンケイスポーツ記事「指原、秋元氏に山口騒動相談 "会社側が勝手に動いている"」 
 
 

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~


 いずれにしても、個人の力ではどうにもならないと分かっていても、果敢に立ち向かっていった山口、そして彼女を支えた長谷川、菅原の姿勢は大いに評価されるべきだ。通常は喜んで卒業を祝すところだが、この3名ほど卒業が悔やまれる存在は、後にも先にも現れないと思う。


 彼女達にすれば、今後AKSが何か言って来ようとも、被害者なのに謝罪を強要するような連中とは関わりたくないという想いであろう。そう考えると、やはり秋元氏が重い腰を上げねばならない。まして「秋元氏に逆らったら業界で生きていけない」が事実なら、尚の事、強権発動すべきではなかったか?


 AKB48創成期のメンバーだった指原や高橋みなみらは、確かに一生懸命頑張ってきた功労者であるのは認める。ゆえに秋元氏が祝辞コメントを送る気持ちは分からなくはないが、山口、長谷川、菅原にしても彼女達なりにNGT48に貢献してきたはず、である。自己都合で卒業するからコメントなし、年季奉公明けだから賛辞を…というのは、おかしくないか?寧ろ悪い話だからこそ、コメントするべきだろう。


 メンバーが犯罪の首謀者、あるいは加担していたなら別だが、卒業のタイミングを図るのは秋元氏ではなく、メンバー各自にあるので結局全ては自己都合ではないか。早々に辞めてしまうのもいれば、十年以上居座り続ける初期メンバーもいる。屁理屈的に言えば、いかなる卒業理由であっても、秋元氏が祝辞を送るべきだ。ましてNGT48の3名に関しては、AKSからパワハラを受けているのに、何もなしで済ますのはそれを黙認しているに等しい。


 それが分からないとは思えないのだが…?


 そんな状態にありながら、本当にここまでよく頑張った。これがきっかけで彼女達のファンになった人もいよう。前途多難かもしれないが、君達の今後の活躍に期待している。


 そして事件が発生した際、真っ先に駆け付けたといわれている村雲楓香よ、キミ1人の力では厳しいが、いかなる圧力にも屈する事無く、山口らから託された想いを確実に成し遂げて欲しい。



 …頑張れ、山口、長谷川、菅原。そして、村雲。キミらの未来は決して暗くないぞ!





| | コメント (0)

「お話」だけでさようなら?勇気ある行動に乾杯!~山口真帆、長谷川玲奈、菅原りこへの”私的"送辞(前編)~

 とうとう"この日"が訪れた。山口真帆長谷川玲奈菅原りこのNGT48卒業である。


 山口に至っては5月5日、6日の握手会が事実上のラストと言われていたが、実際は握手会ではなく「お話会」だったという。


 この間、様々な事があった。時代も変わったが、主だったところをピックアップする。


①指原莉乃、HKT48を卒業。秋元氏「AKBとは指原莉乃」メッセージを送るもブーイングの嵐?

 
 4月28日、HKT48・指原莉乃の卒業コンサートでプロデューサー・秋元康氏が「AKBとは指原莉乃」等とメッセージを送った(※2019年4月28日付東京スポーツ記事「秋元康氏、卒コンに贈る言葉"AKBとは指原莉乃"」)。この件に対し、大多数の人々は「何故山口に何も言わないのか?」と疑問を呈した。中には「他にもメッセージを送るべきメンバー(※山口の事)がいるだろう!」と怒り出す向きも。


 一説には、プロデューサーの秋元氏と運営会社・AKSとは何の関係もないと言われているが、一般的には誰も納得できたものではない。


 指原はスキャンダルにより自らHKT48への移籍を志願したとはいえ、劇場支配人や声優アイドルユニット「=LOVE」のプロデュース、そしてメディアでの出演等、とても同年代の女性がそこまでやるか?というくらいに輝かしい実績を残している。これには文句のつけようがない。

 
 そんな指原でも、やはりNGT48問題は気に掛かっていたらしく、上層部に掛け合ったものの、大きな壁に阻まれ諦めざるを得なかった。彼女でも立ち入る事ができなかったのだ。しかし「本気で変えたいんだったら、全てを一からやり直さなきゃいけないと思っているので、私ができる事は手伝いたいです」と明言しているので、何らかの形で関わっていくのではないかと思われる(※出典、引用:2019年4月29日付デイリースポーツ記事『指原莉乃、卒コン終演後に自らNGTに言及"全てを一から作り直し』) 。


 尤も、ダイレクトに山口らに逢ってどうこうできないとは思うが…?



②AKS、NGT山口襲撃犯を提訴。真相が分かれば、再び刑事事件扱い?


 昨年12月にNGT48山口がファンの男2名に襲撃された事件で、NGT48の運営会社・AKSが2名を提訴する事が判明したらしい。その理由は第三者委員会の聴取に2名が応じなかったため、法廷で真相を明らかにする目的があると見られている。


 但し、刑事事件としては成立していないため、表向きは民事訴訟(※公演中止、ラジオ番組終了、スポンサーとの契約更新がストップした事に対する損害賠償)となる模様(※出典、引用:2019年5月1日付スポーツニッポン記事「AKS、NGT山口襲撃犯を提訴 昨年12月逮捕の実行犯か」)。会社としては正当な申し立てではある。


 ここで疑問が湧く。


 真相が判明したのち、山口の主張と一致した場合、AKSは山口を含めた3名に対し、公式謝罪するのか?


 おそらく卒業したメンバーに対しては行わないだろう。但し道義的にはどうなのか、考えるまでもないはずだ。


 但し、さくらシンデレラ元メンバーが万引きで逮捕された際、事務所があえて?コメントしている点を鑑みるに、NGT48もそうしなければまたも不満が噴出するに違いない。


 また実被害者は山口自身であるので、彼女が立ち上がらない限り、AKSが代わって刑事訴訟を行う事もないだろう。


 ただ、気になるのはNGT支配人が5月6日のAKB48握手会に参加し、意見や要望を直接聞く場「支配人の部屋」を開設するという。事件が起きて暫く経った頃、同様に支配人がNGT握手会に参加する事態はあったが、今回は写真撮影なし、との事(※因みにNGTの折は、握手・写真撮影OKだったはず~2019年5月1日付デイリースポーツ記事「NGT支配人も参加、5・6AKB握手会"支配人の部屋"実施 "直接、意見・要望を…"」)。開設したところで、意見や要望はほぼ同じような内容だとは思うが…?


 何せAKSは山口に対して、今回の襲撃事件が不起訴になった事を受け「事件の事を執拗に言うのは、会社に対する誹謗中傷」とか何とかパワハラ発言したと言われているほどである。だからこそ犯人グループが真相を明らかにし、山口の主張が正しかったならば、真っ先に謝罪すべきではないか、と思うのだ。


 そうでなければ、秋元康氏が何らかのメッセージを3名に送って然るべき、であろう。卒業済みのメンバーだから一切知らぬ存ぜぬ、では済まないはずだ。


 ところが、山口は意外にも思える反応を見せたのである(※後編へ続く)。







 


 


| | コメント (0)

ミサイルよりも重要な事があるのよ!それは…?おとといフライデー「スプリングフィーバー」

 冒頭のミサイルらしき物が飛んでいくシーンは、やはり暗に北朝鮮を批判しているのだろうか?しかもJアラートだの、日本上空通過時間がどうのこうの…と現代アイドルらしからぬリアルな内容だ。それをおとといフライデーの2人が軽くあしらっているように見える。

 
 あくまで、ここでは「恋をする」事が最優先事項のようだ。ミサイルで日本が潰えてしまう前に、自身がそれに巻き込まれて死ぬ前に、恋をしないと気が済まない?春なんだから、恋をしようよ…という歌詞は以前聞いた記憶があるが、そんな呑気に喜んでいていいのか?と考えさせられる。


 表現の自由とはいえ、現代アイドルソングでそこまで言っていいのか?それでなくても、国政選挙を控えていた数年前、メディアで某政党を推す旨を表明したばかりに一時出禁になった存在もいるとか、いないとか…?出演部分カット対応だったか?


 いや、あえてPV視聴者や楽曲を聴く人へのメッセージなのだろうか。こういう世界情勢の中で、キミはどう思う?という具合に…。


 現に5月9日(日本時間)に北朝鮮が飛翔体を2発発射し、その前にも飛翔体を発射している。弾道ミサイルとして認識されている模様。というか、このニュースを聞いた時点で「北朝鮮、やっぱり…」と思った人が大半ではなかろうか。


 一時は韓国やアメリカの大統領と歴史的会談を行い、いよいよ核開発完全廃止に進む…というのはただの糠喜びにすぎなかった、のか?そこまで期待してしまった自身が愚かだったのか?



 それにしても、小島みなみ(※画面向かって左側)のメイク、ちょっと盛りすぎていないか(※誹謗中傷の意図等は全くない)?紗倉まなにも言える事だが、AV女優とはいえ、そこまでしなくても十分美しいと思う。これは女性心理に疎い、鈍感男性の典型的なアングル?

 
 あるいは、それくらいしないと周囲に存在が分かってしまう?


 2人が別々の自撮り映像を合成しているのも、スケジュールの都合ではなく、揃うと分かってしまうから?


 そういえば「もしやこいつはロマンティックのしっぽ」の時も原則2分割画面だった(※ラストで2人が揃ったが)。「ウォーシャンハニー」では冒頭から揃っており、2分割画面は皆無だったのに「スプリングフィーバー」で再び2分割画面に戻ってしまった。


 これは何らかの意図があるはずだ。


 実は深く考えるほどの事ではない、のかもしれないが(^^;


 余談だが、個人的には公式サイトのフォトは、前の方が良かったと思う。








| | コメント (0)

よく言った!まさか、言わされた?~山口真帆、NGT48を卒業~

 4月21日のNGT48・チームG千秋楽公演で山口真帆が卒業を発表した。同時に彼女と仲が良かったとされる、長谷川玲奈、菅原りこも同日卒業となった(※出典、一部引用:2019年4月21日付ORICON NEWS記事『NGT48山口真帆、卒業を発表"今の私にNGT48に出来ることは、卒業しかありません』) 。


 その挨拶の中で彼女は「今の私にNGT48のために出来る事は卒業しかない」と言ったという。この時とばかり?AKSに対する不満も洗い浚いぶちまけた、とか(※出典、引用:2019年4月21日付ORICON NEWS『NGT48山口真帆、卒業発表"このグループに変わって欲しかった"【コメント全文】』 。

 
 個人的には卒業ではなく、脱退にして欲しかったところだが、まずはよくぞ言った!と褒賞すべきか。


 但し、問題がないわけではない。


 これに先立って彼女のオフィシャルグッズが販売中止されたらしい。表向きは製造中止とされるが、完全に外堀から埋め、山口に卒業を促そうという魂胆が丸見えである。更に仲が良いというだけで?有無を言わさず2名を強制卒業させるとは…。


 そこまでやるか?

 
 完全に虐めではないか。


 それに、支配人が謝罪したところで何の解決にもなっていない。正直、何度謝っても無駄に等しい。何故これほどまで大きな話題になったのか、分かっていないのだろう。♪知っているのに知らんぷり~ではないのか?


 謝るべき対象が違うだろう!と声を大にして言いたいくらいだ。本記事にアクセスされた諸兄方も同じ想いを抱いておられると思う。


 その前にファンとの繋がりを自白したメンバーはどうなるのか?またも表向きの処分で済ます気か?


 はっきり言うが、他の現代アイドルの方が処分は厳しいぞ。加害者に甘く、被害者にろくなケアもせず厳しい判断を促すなんて、尋常ではない。まして被害者が謝罪するとは、何事か?


 だからといって、卒業で内々に事を収めようというのは甘い考えだ。

 
 これで全てが終わると思うなよ、と言っておきたい。


 山口真帆、および同時卒業する(※させられる?)2名にも言っておきたい。


 これで全てが終わったわけではない。ここからが本当の闘いである、と。


 事を荒立てたくない気持ちは分かるが、黙って引き下がってしまうと、今後の先例に扱われかねない事を認識して欲しい。これだけ酷い目に遭いながら、仲間には一切不満をこぼさない山口の姿が痛々しく見えてくるのは、気のせいか。

 まして地元のニュースをはじめ、全国区の報道番組等で彼女の卒業を大々的にピックアップしているのは、単なる話題性云々だけではないだろう。一説には地元TV局の女子アナが山口の卒業シーンを見て貰い泣きしたらしいが、それこそ真の人たる姿ではないか。





| | コメント (0)

"番外特別編"さらば、現代アイドルたちよ?「NGT48」~山口真帆に送る、NGT48脱退のススメ~

 2019年4月11日、現存するチームNⅢとチームGを4月21日の千秋楽公演で活動終了し、全メンバーを1期生と研究生に分けてリスタートする旨、公式サイトにて発表(※出典、引用:2019年4月11日付公式サイト内NEWS『NGT48チームNⅢ、チームG千秋楽公演のお知らせ』)。 因みに被害者たるメンバーはチームGの副キャプテンだが、出演者は未定との事(※記事制作時現在)。おまけに一部の地域で新曲の握手会がキャンセルされ、返金対応で済ませるという異例の対応である。


 しかも、これに先だって緊急学級会を行い、ベテランメンバー5名がファンとの繋がりを自白した旨、週刊文春が記事を掲載したところだ(※出典、引用:2019年4月19日号文春オンライン記事『NGT48メンバー内部告発 "緊急学級会"でベテラン5人が自白』[☆注:記事は一部のみ]) 。

 
 更に一連の騒動に関し、冠番組の終了、JR東日本新潟支社等との契約も終了し、事実上開店休業状態に追い込まれていたという。今更新潟県や市に謝罪ところで、何の意味も成さないのが分からなかったのか?


 当然である。第三者委員会の判断はもとより、AKS自体が曖昧な態度で活動させていたのだ。そして何より、被害者メンバーへの精神的なサポート等が欠落している状態で、誰が納得できるというのか?「世界の人」は誰もそんな事で片付くとは思っていない。

 
 この状態で被害者メンバーが千秋楽だから、と出演を快諾するとは考えにくい。


 彼女自身がどのような判断をするのか、今のところは不明だが、これを機にNGT48を脱退するのが正しい道であろう。


 間違っても、AKB48等、AKSが絡んでいる他の現代アイドルユニットに移籍しない方がいい。YouTuberがお勧め、か?


 …もう暫く様子見に徹する事にしよう。







| | コメント (2)

特集"脱?官製春闘2019"(その5)「早くも微増でストップ?これ以上の伸びは期待できない、のか?~連合、第2回春闘集計結果公表」

 3月22日、連合が2019年春闘第2回集計結を発表した。以下、概要を記す。


(概要)

※回答は1,244組合。

 ①全体の平均賃上げ額、および賃上げ率は6,475円、2.13%となった(※前年同時期比:マイナス33円、マイナス0.04%)。なお、ベースアップの金額が確認できた776組合の平均ベースアップ額は1,828円(※前年同時期比:マイナス120円)。

 ②規模別賃上げ率

  組合員数300人以上(大手・中堅):2.13%(6,534円)~※前年同時期比:マイナス0.04%(マイナス19円)

  同300人未満(中小):2.02%(5,183円)~※同上:マイナス0.08%(マイナス285円)

   →組合員数100人未満:2.05%(4,873円)~※同上:+0.08%(+245円)







| | コメント (0)

"メンバー関与はナシ"で確定?されど運営サイドに問題アリ!どう考えても納得できかねる・・・NGT事件③

 3月21日、NGT48メンバー暴行事件に係る第三者委員会の調査報告書が同公式サイトで公表された。概要は次のとおり。

(概要)

事件そのものにNGT48メンバーが関与した事実は無かったが、一部メンバーが私的にファンとの繋がりがあった。

②その一方で、運営上の不備を指摘(※被害者がツイッターで公表するまでAKSが対応しなかった等)。

 

 以上の調査内容を受け、AKSは指摘事項について改善する事に全力で取り組み、暴行を行った被疑者に対し、民事上の法的措置(民事訴訟?)を執るとしながら、私的にファンと繋がっていたメンバーを含めた風紀の乱れについて、今回は不問に付すとしている。


 更にメンバーの安全対策を第一に、送迎時や居住マンションの管理強化、握手会における警備体制の強化、特定ファンとの繋がりの発生の阻止等を徹底し、そのうえで組織運営の強化、メンバー・スタッフへの教育徹底、自覚を促す、とされる。


 一見、纏まりのある内容にも思える。しかし、「私的にファンと繋がっているメンバーに対する処分に関しては、今回限定?で不問に付す」とされているのは、いかがなものか?事前に申し出たから「不問」?

 
 何も秋元康氏に忖度して?自ら坊主頭にしたり、移籍志願をする必要はないが、"厳粛な姿勢で"と語っていたはずなのに「不問」で片付くのは本当に良かったのか?

 
 何よりも最も肝心な、被害者メンバーへの心のケアに関して、何ら示されていない。ちゃんと行っているのか?


 思い切って真実を暴露するか、このような上辺だけの調査内容で良しとするNGT48に見切りをつけた方が、被害者メンバーの為になるのかもしれない。







| | コメント (2)

これで幕引き?誰が納得できるのか?前劇場支配人を契約解除~NGT48事件②

 NGT48メンバー暴行事件を巡り、運営会社AKSが3月7日、前NGT48支配人を契約解除した模様。理由は第三者委員会の調査が行われている中で、前支配人が自らのツイッターで不適切発言したためらしい(※なお、その書き込みは削除済み)。


 契約解除はともかく、それ以前に、前支配人や運営会社等から事件に関する説明や謝罪等が一切行われないのは、どういう事か?契約解除して、何とか事の収束を図ろうという思惑なのかもしれないが、契約解除の前に「やるべきことをやる」のが本筋ではないのか。



 
このままだと、一定の社会的制裁を受けているので・・・等と第三者委員会が受け取る可能性は非常に大きい。まるで「モリカケ」事件と同じだ。


 国を巻き込み、まして多額の国民の税金が投入され不可解な取引が行われた事件と現代アイドルメンバー暴行事件を同じ括りで纏めるには、問題が違い過ぎるのは分かっている。だが、前支配人は今や一般人ですから・・・等として、それでいいのか?



 
ファンはもとより、そうでない人達も「誰がこれで納得できるのか?」という想いでいっぱいだろう。引き続き、第三者委員会の報告を待つしかない、のか。

 
 まさか、チームの副キャプテンに任命した事が、運営側からの謝罪を受けている証拠にはならないはずである。





 ☆お断り:本内容は
2019年3月7日付産経新聞記事(『前劇場支配人を契約解除 NGT48、不適切行為で』)を一部引用しつつ、自身の想いを連ねました。




| | コメント (2) | トラックバック (1)

より以前の記事一覧