ニュース

よく言った!まさか、言わされた?~山口真帆、NGT48を卒業~

 4月21日のNGT48・チームG千秋楽公演で山口真帆が卒業を発表した。同時に彼女と仲が良かったとされる、長谷川玲奈、菅原りこも同日卒業となった(※出典、一部引用:2019年4月21日付ORICON NEWS記事『NGT48山口真帆、卒業を発表"今の私にNGT48に出来ることは、卒業しかありません』) 。


 その挨拶の中で彼女は「今の私にNGT48のために出来る事は卒業しかない」と言ったという(※出典、引用:2019年4月21日付ORICON NEWS『NGT48山口真帆、卒業発表"このグループに変わって欲しかった"【コメント全文】』 。

 
 個人的には卒業ではなく、脱退にして欲しかったところだが、まずはよくぞ言った!と褒賞すべきか。


 但し、問題がないわけではない。


 これに先立って彼女のオフィシャルグッズが販売中止されたらしい。表向きは製造中止とされるが、完全に外堀から埋め、山口に卒業を促そうという魂胆が丸見えである。更に仲が良いというだけで?有無を言わさず2名を強制卒業させるとは…。


 そこまでやるか?

 
 完全に虐めではないか。


 それに、支配人が謝罪したところで何の解決にもなっていない。正直、何度謝っても無駄に等しい。何故これほどまで大きな話題になったのか、分かっていないのだろう。♪知っているのに知らんぷり~ではないのか?


 謝るべき対象が違うだろう!と声を大にして言いたいくらいだ。本記事にアクセスされた諸兄方も同じ想いを抱いておられると思う。


 その前にファンとの繋がりを自白したメンバーはどうなるのか?またも表向きの処分で済ます気か?


 はっきり言うが、他の現代アイドルの方が処分は厳しいぞ。加害者に甘く、被害者にろくなケアもせず厳しい判断を促すなんて、尋常ではない。まして被害者が謝罪するとは、何事か?


 だからといって、卒業で内々に事を収めようというのは甘い考えだ。

 
 これで全てが終わると思うなよ、と言っておきたい。


 山口真帆、および同時卒業する(※させられる?)2名にも言っておきたい。


 これで全てが終わったわけではない。ここからが本当の闘いである、と。


 事を荒立てたくない気持ちは分かるが、黙って引き下がってしまうと、今後の先例に扱われかねない事を認識して欲しい。これだけ酷い目に遭いながら、仲間には一切不満をこぼさない山口の姿が痛々しく見えてくるのは、気のせいか。








| | コメント (0)

"番外特別編"さらば、現代アイドルたちよ?「NGT48」~山口真帆に送る、NGT48脱退のススメ~

 2019年4月11日、現存するチームNⅢとチームGを4月21日の千秋楽公演で活動終了し、全メンバーを1期生と研究生に分けてリスタートする旨、公式サイトにて発表(※出典、引用:2019年4月11日付公式サイト内NEWS『NGT48チームNⅢ、チームG千秋楽公演のお知らせ』)。 因みに被害者たるメンバーはチームGの副キャプテンだが、出演者は未定との事(※記事制作時現在)。おまけに一部の地域で新曲の握手会がキャンセルされ、返金対応で済ませるという異例の対応である。


 しかも、これに先だって緊急学級会を行い、ベテランメンバー5名がファンとの繋がりを自白した旨、週刊文春が記事を掲載したところだ(※出典、引用:2019年4月19日号文春オンライン記事『NGT48メンバー内部告発 "緊急学級会"でベテラン5人が自白』[☆注:記事は一部のみ]) 。

 
 更に一連の騒動に関し、冠番組の終了、JR東日本新潟支社等との契約も終了し、事実上開店休業状態に追い込まれていたという。今更新潟県や市に謝罪ところで、何の意味も成さないのが分からなかったのか?


 当然である。第三者委員会の判断はもとより、AKS自体が曖昧な態度で活動させていたのだ。そして何より、被害者メンバーへの精神的なサポート等が欠落している状態で、誰が納得できるというのか?「世界の人」は誰もそんな事で片付くとは思っていない。

 
 この状態で被害者メンバーが千秋楽だから、と出演を快諾するとは考えにくい。


 彼女自身がどのような判断をするのか、今のところは不明だが、これを機にNGT48を脱退するのが正しい道であろう。


 間違っても、AKB48等、AKSが絡んでいる他の現代アイドルユニットに移籍しない方がいい。YouTuberがお勧め、か?


 …もう暫く様子見に徹する事にしよう。







| | コメント (2)

特集"脱?官製春闘2019"(その5)「早くも微増でストップ?これ以上の伸びは期待できない、のか?~連合、第2回春闘集計結果公表」

 3月22日、連合が2019年春闘第2回集計結を発表した。以下、概要を記す。


(概要)

※回答は1,244組合。

 ①全体の平均賃上げ額、および賃上げ率は6,475円、2.13%となった(※前年同時期比:マイナス33円、マイナス0.04%)。なお、ベースアップの金額が確認できた776組合の平均ベースアップ額は1,828円(※前年同時期比:マイナス120円)。

 ②規模別賃上げ率

  組合員数300人以上(大手・中堅):2.13%(6,534円)~※前年同時期比:マイナス0.04%(マイナス19円)

  同300人未満(中小):2.02%(5,183円)~※同上:マイナス0.08%(マイナス285円)

   →組合員数100人未満:2.05%(4,873円)~※同上:+0.08%(+245円)







| | コメント (0)

"メンバー関与はナシ"で確定?されど運営サイドに問題アリ!どう考えても納得できかねる・・・NGT事件③

 3月21日、NGT48メンバー暴行事件に係る第三者委員会の調査報告書が同公式サイトで公表された。概要は次のとおり。

(概要)

事件そのものにNGT48メンバーが関与した事実は無かったが、一部メンバーが私的にファンとの繋がりがあった。

②その一方で、運営上の不備を指摘(※被害者がツイッターで公表するまでAKSが対応しなかった等)。

 

 以上の調査内容を受け、AKSは指摘事項について改善する事に全力で取り組み、暴行を行った被疑者に対し、民事上の法的措置(民事訴訟?)を執るとしながら、私的にファンと繋がっていたメンバーを含めた風紀の乱れについて、今回は不問に付すとしている。


 更にメンバーの安全対策を第一に、送迎時や居住マンションの管理強化、握手会における警備体制の強化、特定ファンとの繋がりの発生の阻止等を徹底し、そのうえで組織運営の強化、メンバー・スタッフへの教育徹底、自覚を促す、とされる。


 一見、纏まりのある内容にも思える。しかし、「私的にファンと繋がっているメンバーに対する処分に関しては、今回限定?で不問に付す」とされているのは、いかがなものか?事前に申し出たから「不問」?

 
 何も秋元康氏に忖度して?自ら坊主頭にしたり、移籍志願をする必要はないが、"厳粛な姿勢で"と語っていたはずなのに「不問」で片付くのは本当に良かったのか?

 
 何よりも最も肝心な、被害者メンバーへの心のケアに関して、何ら示されていない。ちゃんと行っているのか?


 思い切って真実を暴露するか、このような上辺だけの調査内容で良しとするNGT48に見切りをつけた方が、被害者メンバーの為になるのかもしれない。







| | コメント (0)

これで幕引き?誰が納得できるのか?前劇場支配人を契約解除~NGT48事件②

 NGT48メンバー暴行事件を巡り、運営会社AKSが3月7日、前NGT48支配人を契約解除した模様。理由は第三者委員会の調査が行われている中で、前支配人が自らのツイッターで不適切発言したためらしい(※なお、その書き込みは削除済み)。


 契約解除はともかく、それ以前に、前支配人や運営会社等から事件に関する説明や謝罪等が一切行われないのは、どういう事か?契約解除して、何とか事の収束を図ろうという思惑なのかもしれないが、契約解除の前に「やるべきことをやる」のが本筋ではないのか。



 
このままだと、一定の社会的制裁を受けているので・・・等と第三者委員会が受け取る可能性は非常に大きい。まるで「モリカケ」事件と同じだ。


 国を巻き込み、まして多額の国民の税金が投入され不可解な取引が行われた事件と現代アイドルメンバー暴行事件を同じ括りで纏めるには、問題が違い過ぎるのは分かっている。だが、前支配人は今や一般人ですから・・・等として、それでいいのか?



 
ファンはもとより、そうでない人達も「誰がこれで納得できるのか?」という想いでいっぱいだろう。引き続き、第三者委員会の報告を待つしかない、のか。

 
 まさか、チームの副キャプテンに任命した事が、運営側からの謝罪を受けている証拠にはならないはずである。





 ☆お断り:本内容は
2019年3月7日付産経新聞記事(『前劇場支配人を契約解除 NGT48、不適切行為で』)を一部引用しつつ、自身の想いを連ねました。




| | コメント (2) | トラックバック (1)

言わなくてもいい事を・・・現代アイドルへの"ダメ出し"スペシャル?「あのビジネス誌までも苦言を呈す!いよいよ現代アイドル戦国時代"完全終焉"近し?NGT48事件」①

 言わなくてもいい事を・・・とするなら、黙っとけ!という勿れ


 雑誌「プレジデント」といえば、経済・経営情報に特化した雑誌であり、一般社員よりも中間管理職以上の人が読む印象が強い。正直なところ、私自身にも馴染みの薄い雑誌である。


 ところが、同誌(プレジデント・オンライン)で現代アイドルに言及した記事が掲載され、一般社員どころか、アイドルファンの間では的確な内容と好評を博しているとか、いないとか。



 それも「NGT48事件」に関する、実にタイムリーな内容だ。タイトルはズバリ「『NGT事件』 なぜ秋元康は謝罪しないのか~被害者を謝らせるAKB商法の危うさ~」だ。同記事は週刊文春2019年1月24日号に掲載された「NGT48<山口真帆>秋元康の罪と暴行グループの正体」を引用しつつ、彼女達を金儲けの手段としか考えていないのか?犯人2名がストーカー化する恐れはないのか?など、様々な観点から問題点を指摘する(※詳細は同記事参照)。

 


 しかも、NGTは終演後の「お見送り」を当面中止する旨、公式サイトで発表した(※出典、引用:2019年1月22日付公式サイト内NEWS『NGT48 1月25日(金)~31日(木)の劇場公演のお知らせ』)。

 
 おまけに劇場支配人を更迭し、新たに迎えたものの「運営のミス」としながら、事なきを得んとする姿勢に誰も納得できないのは明らかだ。その影響で?新潟県知事もNGT事件に関してコメントし、地元のスポンサーもCM起用を見合わせているという。

 

 私の推測で恐縮だが、秋元氏が謝罪しない理由は「運営が悪い」と捉えているからではないか、と考える。確かに「運営が悪い」のだろうが、それだけで済む問題ではない。何故なら犯人がメンバーから様々な情報を得ていた、とされるからだ。因みに運営側は「メンバーの関与は一切ない」としているが、単なる犯人の妄言、虚言なのか?


 そこへ運営サイドがLINEにて、現在ファンと繋がっている、または過去にファンと繋がっていたメンバーは申し出るよう送信したところ、数名が申し出たらしい(※文春オンライン[週刊文春2019年1月31日号]記事『証拠LINE入手 NGT48運営"ファンと繋がっている者は正直に申し出よ"にメンバー数名が自供』)。その中で、メンバーに対する損害賠償請求やグループ内の処分に言及し、申し出たメンバーに対しては処分の緩和を検討しているようだ。


 果たして、今回の事件の犯人と繋がりがあるメンバーが出てくるのかどうか?

 
 懸念されるのは、被害に遭った当事者メンバーの心の問題と、他のメンバーとの今後の活動であろう。このままいけば、当事者メンバーが本来予定していたであろう卒業時期は早まる可能性もある。仮に残留してもギスギスした関係が続き、やがては思うように活動できなくなるだけだ。


 こんな形で現代アイドル戦国時代があっけなく終焉し、存在しない現代アイドル(※VRなどを含む)が台頭するなどと、考えたくない。



☆お断り:本内容はプレジデントオンライン記事、文春オンライン記事を基に、自身の想いを連ねました。






 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

謹賀新年、平成参拾壱年之節~開設拾壱周年記念、及平成最後之段~

 各々方へ新春の儀 祝着至極に存じ奉らん

 我が電磁記録集成に至り やうやうにして拾壱周年を迎へ候 総じて各々方の並々ならぬ助くあっての事と あらためて深謝申すものなり

 
 殊に今年は 平成最後の年なりけれど 時代が変はりしかばと言ひて さしくみに総てが変はる事はなしと思ふものなり

 
Nengajo_2

 初むるに 抄すまで苦しびけりが 少し要らしき物を得たるも なほ方に至りては とゆきかうゆきにけり 方々には難儀の次第 畏まりき候


 然らば 際なく打ち続くものか おぼめかしかざれば 本年も何卒よしなに願い申し上げ候 

 
 かくのごとく 新春の祝言とするものなり


                                平成参拾壱年正月

                                   傷心の少年 記す

      

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうとう全国紙にピックアップ!愛の葉Girls元メンバー遺族、事務所を提訴

 今朝(2018年10月11日)、新聞(紙媒体)を見て驚いた。

 

 リードに「アイドル自殺」とあったからだ。またも現代アイドルが・・・と思ったら、そうではなく自殺した元愛の葉Girlsメンバーの遺族が、当時の所属事務所「Hプロジェクト」等を相手取り、慰謝料約9268万円の損害賠償を求め、松山地裁に提訴する、とある。

 

 弁護団の話では、元メンバー大本さんは1日の拘束時間が12時間を超える事もあり、遅刻すればギャランティーが減額されたらしい。彼女は学業両立に悩み、2017年8月、事務所へ脱退の意向を伝えたところ、従業員からLINEメッセージでまた寝ぼけた事を言い出したら、ぶん殴る」と届き、2018年3月、事務所社長に「辞めるなら1億円払え」と告げられたという。

 

 彼女は通信制高校を辞め、今春全日制高校に入学予定だったが、事務所から必要な費用を借りる約束が果たされず、入学断念に至ったらしい(※弁護団の話)。

 

 そのうえで「事務所には健康や職場環境に配慮する安全配慮義務があった」と指摘。特に配慮が必要な未成年者を過酷な労働環境で強制的に働かせ、自殺するほど苦しい精神状態に追い詰めたとしている。

 
 事務所は「責任者がおらず応じられない」とコメントしている(※以上、2018年10月11日付読売新聞記事より)。


★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜


 今までは「1億円」問題や通信制高校への登校をさせず、イベント等への出演を強要した、という内容が強調されていたが、更なる事実(と思われる)内容が弁護団から公開された。


 つまり、弁護団の主張では「金銭の貸し借り」は無かった事になる。1億円の基準は事務所が勝手に換算したペナルティー・プラスαだったのか?


 偶然とはいえ、相撲力士の傷害事件の民事訴訟で約3000万円の損害賠償が取沙汰されている。その金額の内訳についてワイドショー等で論議を醸しているのはご存じだろう。


 ただ今回の場合は、人が亡くなっている。しかも事務所のパワハラの影響と言われている。実際どうなるのかは今のところ分からないが、ある意味、現代アイドルの存在価値がいかなるものなのか、裁判所の判断に注目される。

 
 更に契約書のペナルティーに関する記載の有無だろう。それを有効とするのかどうか。1億円の話もどうなのか・・・?

 
 ひいては今回のみならず、現代アイドルを抱える他の事務所の運営方法にも影響を及ぼす可能性はあるだろう。

 
 個人的には、今後彼女のような犠牲者を増やさない意味でも、遺族側を応援したい。






| | コメント (0) | トラックバック (1)

ENKA TRIBUTES(Vol.7)「晴山さおり」

 近年、電子マネーやクレジットカード、Apple Payなど「現金以外」による支払い決済が増加し、1円玉の存続が危うくなってきているという。というのも、2019年秋に実施される見込みの消費増税(原則10%、食料品など一部は軽減税率8%適用)や、政府自体が1円玉の流通用生産をストップした影響らしい(※出典、引用:2018年8月25日付時事ドットコムニュース『1円玉、出番減る=電子マネー普及で、消費増税追い打ち』)。

 
 殆ど手にする事もなかった2000円札の動向も気になるが、度重なる消費増税で再注目されたはずの1円が再び消える・・・ともなれば、再び貯金箱や口座で眠ったままの存在に戻りかねないだろう。一説には、それは一時的な話であり、再増税すれば再々1円玉が脚光を浴びる、ともされるが、どうなるのか今のところは分からない。


 そんな時、ふと頭を過ったのが、1990年3月21日にリリースされた晴山(はれやま)さおりのデビューシングル「1円玉の旅がらす」である。作詞は荒木とよひさ、作曲は弦哲也、編曲は池多孝春の各氏だ。
I

 リリースの前年(1989年)4月に消費税が導入され、1円玉に脚光が当たった事による、いわば時事的演歌、時代の象徴とでもいうべきか。私は知らなかったのだが、NHKみんなのうたでもピックアップされたらしい。

 
歌詞(※歌ネットより)。


 その恩恵で本曲は大ヒットを収め、日本レコード大賞最優秀新人賞など、11もの賞を総なめにしたという。


 ところが、本曲以降6曲もシングルをリリースしたにも関わらず、知名度は下降線を辿り、完全に"一発屋"扱いとなった。一説には浜田省吾の影響を受けた?シンガーソングライターギ〇ック(※実際は作詞も手掛けていたらしいが)で売り出しにかかったらしいが、更に知名度は下がるのみで、2006年以降、目立った活動はなく、事実上の引退扱いとなってしまった。

 
 タイムリーな曲を出したまでは良かったが、そこから先が拙かったようである。但し、個人的には"ド演歌"に奔るよりマシだったのでは、と思う。勿論、演歌歌手として生きていく限りは、そういうのも必要になってくるのは言うまでもない。

 
 それをしなかったのは、年齢的な部分や彼女自身が思い描いていた理想像のようなものがあったのかもしれない。


 例に挙げて恐縮だが、あの丘みどりですらデビュー当時、演歌スタイルではまずあり得ない、ヘソ出し、ミニスカート、ブーツを身に付けて堂々と歌っていたのだ。ある意味、演歌革命である。しかし、いつの間にか東京進出に伴い、それらを完全封印し、正統派演歌歌手への道を進んで行ったのだ。


 惜しいといえばその通り?だが、さすがに半永久的にデビュー当時のスタイルでは厳しいものがあっただろう。

 
 晴山さおりも上手く正統派へシフトチェンジしていけば、一発屋扱いされる事は無かったに違いない。それを彼女の理想が上回ったため、あえて正統派の道を進まなかったのだろうか。


 ・・・今となっては、全てが謎である。









 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛の葉Girls、事務所移籍でリスタートしていた!新曲も披露!

 メンバーの自殺報道に伴い、事務所移籍が噂されていた愛媛県の農業アイドル・愛の葉Girlsが2018年6月1日付で株式会社フィールド 愛の和に移籍した模様。既に同日にイベントを熟し、リスタートしているらしい。

 

 「愛の葉」と「愛の和」を引っ掛けたのかどうかは不明だが、同社は広告代理店業や食品イベント催事等に関する企画・運営・販売業務等、幅広く事業を手掛けているらしい。農業アイドルの彼女達がリスタートするには恰好の事務所といえそうだ。


 あえて気になる点を挙げるなら、株式会社フィールド 愛の和は創業980日目(※記事制作時現在)という部分か。少なくとも旧所属事務所のような無理難題を彼女達に課すような暴挙はしまい。


 また、彼女達の公式サイトも事件以降、リニューアル中の表示のままだ。既にリスタートしている以上、できるだけ早期に再開される事を期待したい。

 
 また、新体制になって初の新曲「ここから始めよう!ZERO」もイベント等で披露しているらしい。


 ・・・亡きメンバーのためにも、頑張れ、愛の葉Girls。








| | コメント (0) | トラックバック (1)

より以前の記事一覧