« さらば、現代アイドルたちよ(Vol.183)「misolla(1st?)」 | トップページ | さらば、現代アイドルたちよ(Vol.184)「まぜるなきけん」 »

デビューして数ヶ月なのに、ホントか?メリーメリー♡ファンファーレ「余裕綽々」

 冒頭の無音声部分の雰囲気から、早くも「余裕綽々」である様子が窺える。結構強風のようだが…?

 
 曲のタイトルだからそう思える、いわゆる錯覚なのか?いや錯覚どころか、パフォーマンスに余裕を感じる。その裏では、それなりの苦労やライブを重ねてきたゆえの「余裕綽々」なのだろう。

 
 若い時は苦労を買ってでもせよ、とは言うが、彼女達は苦労と感じていないのではないか?それぐらいの気概無くして、現代アイドルなんて務まらないだろう。他から見れば「苦労」であっても、彼女達にすれば楽しくて仕方がないのかもしれない。


 若干話は逸れるが「パピプペポは難しい」元メンバーの篠原奈々美が映像を見ただけで「これなら自分にも出来ると思った」と加入動機を笑顔で答えたのも、いわば余裕綽々と言えよう。世の中には元来現代アイドル向きの人間がいるのか、と私が感じた瞬間だった。
 

 いわばメリーメリー♡ファンファーレの面々も、当時の篠原奈々美と同じ素質を持って生まれた存在だったに違いない。それをオーディションで選び抜いた審査員らの選択眼に、あらためてゾクッとさせられる。


 だが、何もビルの屋上でやらなくともいいのでは(^^;現代アイドル事情が許さない、か。正式なPVではなく、振付映像としている点からもローコストなのが窺える?




 公式サイトは存在するが、詳細には触れられていない。公式ツイッター(プロフ)には「アイドル界のガールズチャンピオン! 」で「ちゃんもも©(※バンドじゃないもん!の大桃子サンライズ)がプロデュースを務める、日本中を元気にさせる正真正銘のドアイドルです!」とある。メンバーは4名だったが、2019年6月に2名が加入し、6名体制となった(※記事制作時現在)。これに伴い、若干個別カラーの変更(黄色→ピンク)があった模様。


 デビューは2019年1月、今作は「いつだってIt's all right!」に続く、第2弾配信曲のようだ。


(※出典:Various Artists-Topic)

 



 なるほど、大桃子サンライズが「ガールズチャンピオン」と豪語するのは、ただのハッタリやギ〇ックの類ではない事が分かる。自身がプロデューサーを務めるため、ひたすら推しているだけ、でもないのだ。


 因みに、ネーミングの件については触れられていないが、直訳すると「陽気で楽しい短い曲」になるのだろうか。それでなおかつ「余裕綽々」とくれば、正に「現代アイドルなんて楽勝よ♡」ではないか。


 執拗だが、何が起きるか分からないのが現代アイドルの常である。「余裕綽々」は大いに結構だが、油断すると一気に崩壊してしまう危惧があるのを心掛けておくべきだろう。2期生が入ったと喜んでいると、来月になれば突然脱退している、かもしれない。


 尤も、彼女達のような存在ならば笑って済ます…わけにはいかないだろうが、それはそれと割り切って前進していそうな気はする。


 将来は大物になるかも?勿論、崩壊のリスクがないのが前提条件となるが…。






|

« さらば、現代アイドルたちよ(Vol.183)「misolla(1st?)」 | トップページ | さらば、現代アイドルたちよ(Vol.184)「まぜるなきけん」 »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« さらば、現代アイドルたちよ(Vol.183)「misolla(1st?)」 | トップページ | さらば、現代アイドルたちよ(Vol.184)「まぜるなきけん」 »