« 史上最強に変わるのは、ほんの一瞬?HimeKyunFruitCan(ひめきゅんフルーツ缶〈2nd〉)「最強刹那」 | トップページ | ひたすら自分達の道を進む、のみ!BE MY BABY(旧:Be My Baby)「Be My Way」 »

そんなにマネーが大事か?まっ、はしたない…!まッ「まにまに」

 ヲルタナティヴ「飴色リズム」ほどではないにしても、よく食べるなあ、キミら(^^:女性がスイーツを食べる時に"別腹"が働くと言われるが、正にその通りだ。

 
 随分前(※大阪在住時代)になるが、偶々従妹と会う機会があった。その際、お菓子を彼女が次から次に引っ張り出しては、食べ尽くす姿を見て呆れてしまった事がある。思わず私は「どれだけ別腹があるんだ?」と訊いたのだが、彼女は「そんなの、ないも~ん」とニヤッとしながら答えた。

 
 そのくせ、食事は少量で済ますのだ。お菓子の食べ過ぎだろ?と問質したが、彼女は全く意に介さなかった。

 
 この時、初めて女性に「別腹」が体内に組み込まれているんだ、と実感したのである。私のヨメにも別腹なんてあるわけない、と笑われたのに…。

 
 勿論、本当に「別腹」があるわけではない。正確には「別腹があるように思えた」とすべきだろうか。

 
 だからといって、いきなり女性に「別腹があるの?」等と訊いてはいけない。私の場合は従妹ゆえに、ある程度容認できたものと考えるが、余程の仲でもない限り、禁句である。何かとハラスメントに繋がる恐れもあり、その言葉を口にする際は慎重を要する。




 …話を戻そう。


 公式サイト
は存在するが、何せ2019年3月にお披露目されたばかりだったため、当時は殆ど空白状態だった。現在はツイッター記事等が掲載され、幾分公式サイトらしくなってきた。


 公式ツイッター(プロフ)には当初「マジでマジメにマッスグに(※コンセプト?)。まだまだこんなもんじゃない!」とあったはずだが、いつの間にか「マジでマックス卍!まだまだこんなもんじゃない!」に変わっていた。


 但し、公式サイト、同ツイッターのいずれにもネーミングの由来等は記されていない。おそらく「まっすぐ」か「マックス」の"まッ"と思われるが…?おまけにお披露目公演までも「はじめまして」ではなく「まじめまして」とある。知らない人が聞いたら「真面目なの?」と言いかねない。勿論、彼女達が不真面目と決めつけているわけではない。




 個々の判断で変わると思うが、「まにまに」と聞けば波の"随に(まにまに)"、"夢の"随に"であったり、"マニマニ(≒money,money?)"など、ダジャレなのか、れっきとした日本語なのか、分からなくなるかもしれない。後者は言うまでもないが(^^;「随に(※間に間に、ではない)」の場合「他人の意志や事態の成り行きに任せて行動する様」もしくは「ある事柄が、他の事柄の進行と行われる様」、つまり事の成り行きに身を委ねる、同時進行的な事象のどちらかを指す事になろう(※出典、引用:goo辞書)。 


 同時進行的な意味合いもなくはないが「物事の成り行きに任せた方が楽でしょ?」と安易な思考に何かと捉われがちな私達への警鐘を促す意味があるのかもしれない。具体例でいえば選挙で「誰に投票しても結果は見えている」といった、一種の悟り、諦めのような傾向に奔るのは正しいのか?と隠語的な含みを持たせている、と考えるのもひとつだ。



 たかが現代アイドルごときが何を言うか!と思われるかもしれないが、あくまでひとつの見方であり、実際にはそこまで深い意味合いを含んでいないのかもしれない。


 案外、軽い言い回しの中に強烈な"ひと言(キーワード?)"をインサートしているケースもあるので、気になった方はじっくり聴いてみるべきだろう。




|

« 史上最強に変わるのは、ほんの一瞬?HimeKyunFruitCan(ひめきゅんフルーツ缶〈2nd〉)「最強刹那」 | トップページ | ひたすら自分達の道を進む、のみ!BE MY BABY(旧:Be My Baby)「Be My Way」 »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 史上最強に変わるのは、ほんの一瞬?HimeKyunFruitCan(ひめきゅんフルーツ缶〈2nd〉)「最強刹那」 | トップページ | ひたすら自分達の道を進む、のみ!BE MY BABY(旧:Be My Baby)「Be My Way」 »