« さらば、現代アイドルたちよ(Vol.185)「MKM-ZERO」 | トップページ | とりあえず?メジャーデビューできた!トリアエズアイドル「感情エトセトラ」 »

YouTuberが現代アイドルを変える?Kore:ct「ステンダ」でデビュー 

 何故、わざわざ病院のイメージをセッティングしたのだろうか?


 そもそも標榜する診療科は何だ?


 頭部に聴診器を当てて、何の音が聞こえるというのか?


 確かにリアルに上衣を脱がせて…ならば、PV映像内とはいえ、セクハラでしかない。様子を見ていると回診のようだが、寧ろコメディータッチにも思える。とはいえ、患者たる彼女達の表情がどことなくゾンビのような顔つきに見えるのは、ただの思い込みか。

 
 それに織田信長の生まれた時期を患者に問うのは、院内学級を想定したのか…とも考えられるが、いくら何でも回診時に医師が行うわけがない。診療科をあえて標榜していないのは、以上の行為に問題があるから、ではないか。そうなれば、狙いはやはりコメディータッチなのか。


 PV内容の真意を捉えようとするあまり、次から次に疑問が浮かぶばかりだ。深く考えない方がいいのかもしれないが、本来は何らかのコンセプトなり、テーマなりが存在するはずである。仮に何もなかったとすれば、スチル表示+CD音源で十分事足りる。

 
 タイトルの「ステンダ」は寺山修司の著書ではないが、参考書を「捨てんだ」、そして「Stand up(立ち上がれ)」をひっかけたものである事は、何とか理解できた。但し、PV内容の全貌を解明するのはかなり時間がかかりそうだ。

 「コレクト」と読む。公式サイトYouTuber「コレコレ」氏による"コレコレガールズプロジェクト"からデビューしたアイドルゆえに「コレクト」というネーミングになったようだ。決して早口言葉ではない(^^;今作がデビューシングルになるらしい。


 メンバーは4名だったが、デビューシングルリリース前後に早くも2期生(2名)が加入し、6名となった模様(※記事制作時現在)。一説によると、元々は5名だったがデビュー前に1名脱退したとか、しないとか…?


 
 因みに、コレコレ氏自身もPVに登場しているらしい。そう、マスクを装着し、何故か半裸で白衣を纏った男性こそ、同氏だったのだ。プロデューサー自身が参加するパターンもこれまで数多くあったので?特段驚きはない。意外なのは、彼女達の歌声にマッチしている点だろう(^^;


 だが、彼はメインボーカルではないらしい。しかし、堂々とセンターに立っていれば、メインボーカルに見えない方が不思議に思える。彼の存在を知らない私だからこそ、言える事なのだろうが…?ケラケラと嘲笑する諸兄方なら、周知の事実であろう。 


 ともあれ、YouTuberが現代アイドルをプロデュースするなんて、興味本位でやっているのでは…と思えたが、公式サイトといい、ツイッターといい、結構真面目に取り組んでいる様子が窺える。そのうえ、デビュー間もない現代アイドルにしては珍しく、記事制作時現在で再生回数43万回を超えている。さすがにAKBグループやスターダスト系、ハロプロ系には及ばないだろう。彼女達のファンなのか、コレコレ氏のファンなのか、非常に簿妙なところではある。


 遅かれ早かれ、YouTuberがアイドルをプロデュースするのも遠くはない、と思っていたが、意外に早かった(^^;


 言い換えれば、それだけ時代が変化している証拠なのだろう。もしかすると、ネットを基軸に元々現代アイドルに興味すら示さなかった視聴者をも取り込む、言うなればファンの新規開拓にも繋がるマーケティング戦略と言えよう。コレコレ氏の真の目的はコレ、コレ⁉

 
 二次元、VR、VTuberといった、存在しない現代アイドル(仮)に対抗しうる唯一無二の存在が、彼女達なのかもしれない。現代アイドル戦国時代終焉近し、と言われている昨今だが、ますます面白くなりそうな予感がする。








|

« さらば、現代アイドルたちよ(Vol.185)「MKM-ZERO」 | トップページ | とりあえず?メジャーデビューできた!トリアエズアイドル「感情エトセトラ」 »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: YouTuberが現代アイドルを変える?Kore:ct「ステンダ」でデビュー :

« さらば、現代アイドルたちよ(Vol.185)「MKM-ZERO」 | トップページ | とりあえず?メジャーデビューできた!トリアエズアイドル「感情エトセトラ」 »