« 某お笑いタレントに贈る応援歌?Yamakatsu(旧:山口活性学園)「Phenix」 | トップページ | まさか、これで見納め?東京flavor(旧)「SWEET STORY」 »

さらば、現代アイドルたちよ(Vol.160)「ユメオイ少女(1st?)」

 2019年4月6日のライブにて活動休止。原因は同日付で当時のリーダーが卒業したものの、もう1名は腰痛の回復の見込みが立たず脱退し、事実上ソロユニット化するためと思われる(※公式ツイッター )。但し、残った1名を含めた新メンバーによる"新生"ユメオイ少女を事務所側は立ちあげる予定、とされる(※出典、引用:2019年4月12日付公式ブログ記事『今後の活動について』)。



 公式サイト によると「"純粋に夢を追いかける"をコンセプトに何事にも全力で活動するアイドルユニット」とされ、2016年4月のお披露目ライブ以降、国内5大都市ツアーのほか、モンゴル、台湾、マレーシア、タイ等への海外遠征も熟し自分達の音楽、ステージを全力で伝えていくストロングスタイルを貫いていたらしい。


 1stシングルは2017年8月「テキーナサンライズ」だが、ディスコグラフィーが存在しないため、以降の詳細は不明。


 まさか海外遠征、国内5大都市ツアーで夢が終わった…わけではあるまい。


 しかし、結成当初5名もいたメンバーが続々と脱退していったのは「ユメオイ少女」の名にふさわしいと思えるだろうか?


 考え方次第では、活動を熟していく中で新たな夢が見つかったため、という解釈も可能だろう。


 所詮現代アイドルのギ〇ックだと言ってしまえばそこで話は終わってしまうが、上記のような活動実績があれば、オーディションに応募しようという動機づけになり得るはずだ。

 

 問題は実際に応募してくるかどうか、だが、オーディション、レッスン等もあり早期復活するには無理があると思う。気長に待とうというのもソロユニットとして活動するメンバーにも負担がかかるのみだ。


 「シリーズ?帰ってきた現代アイドル」でピックアップできるよう、事務所の言葉を信じるしか手立てはなさそうだ。







|

« 某お笑いタレントに贈る応援歌?Yamakatsu(旧:山口活性学園)「Phenix」 | トップページ | まさか、これで見納め?東京flavor(旧)「SWEET STORY」 »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

IDOL TRIBUTES」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 某お笑いタレントに贈る応援歌?Yamakatsu(旧:山口活性学園)「Phenix」 | トップページ | まさか、これで見納め?東京flavor(旧)「SWEET STORY」 »