« そう言いつつ、ホントは…?EVERYDAYS「キライキライキライ」 | トップページ | 「お話」だけでさようなら?勇気ある行動に乾杯!~山口真帆、長谷川玲奈、菅原りこへの"私的"送辞(後編)~ »

「お話」だけでさようなら?勇気ある行動に乾杯!~山口真帆、長谷川玲奈、菅原りこへの”私的"送辞(前編)~

 とうとう"この日"が訪れた。山口真帆長谷川玲奈菅原りこのNGT48卒業である。


 山口に至っては5月5日、6日の握手会が事実上のラストと言われていたが、実際は握手会ではなく「お話会」だったという。


 この間、様々な事があった。時代も変わったが、主だったところをピックアップする。


①指原莉乃、HKT48を卒業。秋元氏「AKBとは指原莉乃」メッセージを送るもブーイングの嵐?

 
 4月28日、HKT48・指原莉乃の卒業コンサートでプロデューサー・秋元康氏が「AKBとは指原莉乃」等とメッセージを送った(※2019年4月28日付東京スポーツ記事「秋元康氏、卒コンに贈る言葉"AKBとは指原莉乃"」)。この件に対し、大多数の人々は「何故山口に何も言わないのか?」と疑問を呈した。中には「他にもメッセージを送るべきメンバー(※山口の事)がいるだろう!」と怒り出す向きも。


 一説には、プロデューサーの秋元氏と運営会社・AKSとは何の関係もないと言われているが、一般的には誰も納得できたものではない。


 指原はスキャンダルにより自らHKT48への移籍を志願したとはいえ、劇場支配人や声優アイドルユニット「=LOVE」のプロデュース、そしてメディアでの出演等、とても同年代の女性がそこまでやるか?というくらいに輝かしい実績を残している。これには文句のつけようがない。

 
 そんな指原でも、やはりNGT48問題は気に掛かっていたらしく、上層部に掛け合ったものの、大きな壁に阻まれ諦めざるを得なかった。彼女でも立ち入る事ができなかったのだ。しかし「本気で変えたいんだったら、全てを一からやり直さなきゃいけないと思っているので、私ができる事は手伝いたいです」と明言しているので、何らかの形で関わっていくのではないかと思われる(※出典、引用:2019年4月29日付デイリースポーツ記事『指原莉乃、卒コン終演後に自らNGTに言及"全てを一から作り直し』) 。


 尤も、ダイレクトに山口らに逢ってどうこうできないとは思うが…?



②AKS、NGT山口襲撃犯を提訴。真相が分かれば、再び刑事事件扱い?


 昨年12月にNGT48山口がファンの男2名に襲撃された事件で、NGT48の運営会社・AKSが2名を提訴する事が判明したらしい。その理由は第三者委員会の聴取に2名が応じなかったため、法廷で真相を明らかにする目的があると見られている。


 但し、刑事事件としては成立していないため、表向きは民事訴訟(※公演中止、ラジオ番組終了、スポンサーとの契約更新がストップした事に対する損害賠償)となる模様(※出典、引用:2019年5月1日付スポーツニッポン記事「AKS、NGT山口襲撃犯を提訴 昨年12月逮捕の実行犯か」)。会社としては正当な申し立てではある。


 ここで疑問が湧く。


 真相が判明したのち、山口の主張と一致した場合、AKSは山口を含めた3名に対し、公式謝罪するのか?


 おそらく卒業したメンバーに対しては行わないだろう。但し道義的にはどうなのか、考えるまでもないはずだ。


 但し、さくらシンデレラ元メンバーが万引きで逮捕された際、事務所があえて?コメントしている点を鑑みるに、NGT48もそうしなければまたも不満が噴出するに違いない。


 また実被害者は山口自身であるので、彼女が立ち上がらない限り、AKSが代わって刑事訴訟を行う事もないだろう。


 ただ、気になるのはNGT支配人が5月6日のAKB48握手会に参加し、意見や要望を直接聞く場「支配人の部屋」を開設するという。事件が起きて暫く経った頃、同様に支配人がNGT握手会に参加する事態はあったが、今回は写真撮影なし、との事(※因みにNGTの折は、握手・写真撮影OKだったはず~2019年5月1日付デイリースポーツ記事「NGT支配人も参加、5・6AKB握手会"支配人の部屋"実施 "直接、意見・要望を…"」)。開設したところで、意見や要望はほぼ同じような内容だとは思うが…?


 何せAKSは山口に対して、今回の襲撃事件が不起訴になった事を受け「事件の事を執拗に言うのは、会社に対する誹謗中傷」とか何とかパワハラ発言したと言われているほどである。だからこそ犯人グループが真相を明らかにし、山口の主張が正しかったならば、真っ先に謝罪すべきではないか、と思うのだ。


 そうでなければ、秋元康氏が何らかのメッセージを3名に送って然るべき、であろう。卒業済みのメンバーだから一切知らぬ存ぜぬ、では済まないはずだ。


 ところが、山口は意外にも思える反応を見せたのである(※後編へ続く)。







 


 


|

« そう言いつつ、ホントは…?EVERYDAYS「キライキライキライ」 | トップページ | 「お話」だけでさようなら?勇気ある行動に乾杯!~山口真帆、長谷川玲奈、菅原りこへの"私的"送辞(後編)~ »

ニュース」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

IDOL TRIBUTES」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« そう言いつつ、ホントは…?EVERYDAYS「キライキライキライ」 | トップページ | 「お話」だけでさようなら?勇気ある行動に乾杯!~山口真帆、長谷川玲奈、菅原りこへの"私的"送辞(後編)~ »