« 特集"脱?官製春闘2019"(その5)「やはり物流、小売は好調!背景に人手不足?~UAゼンセン、中間報告」 | トップページ | 何、地球に試されてる、って?ほわいとらぷそでぃー「僕たちの地球がまるい理由」 »

正に"ゼロからのスタート"?Zero FIRST「♪CREWS~Reconstruction~」 

 ジェット機のように響き渡るSEでインパクトを増幅させる意図があったものと思われるが、残念ながら、それらは彼女達の歌声の幼さで帳消しされてしまう。


 辛うじて?彼女達のダンスパフォーマンスで救われるが、完全ではない。ブラックのコスチュームを纏い、夜間撮影する事で大人っぽい雰囲気を醸しているようである。個別メンバーの多重撮影も、それを補完しているのだろうか。

 

 何も彼女達がダメだ、と言うのではなく、歌声を想うに少しデビュー時期が早かったのでは・・・と感じるのだ。勿論、現代アイドルは早期デビューを果たしており、今では幼児でも人前で堂々と歌う時代になっている。しかし、曲調や全体の雰囲気がややミスマッチに思えてならないのである(※誹謗中傷の意図等は全くない)。

 

 例に挙げて恐縮だが、prediaくらいの存在が同じセットで歌ったとすれば、大きくイメージが変わっていたはずだ。つまり、デイライト下で明るい曲調であれば、おそらくZero FIRSTにピッタリ当てはまっていたのではないか、と思う。

 

 せめて本曲を歌うのなら、中高生以上推奨と個人的に考える。年齢相応の曲を彼女達が歌いたくなかったのか、事務所が歌わせたくなかったのか・・・?

 

 「ゼロ・ファースト」と読む。公式サイトによれば「平成30年(2018年)1月結成、所属Zero Kid's Dance Schoolのメンバー4人で結成されたユニット」とある。平均年齢は12歳らしい(※記事制作時現在)。


 アイドル走り書きSeesaa wikiには「北海道を中心に活動している、小中学生で結成されたダンスボーカルユニット」とされる。確かに女子学生っぽいあどけなさは感じられるが、地方色は皆無だ(※誹謗中傷の意図等は全くない)

 

 
 1stDVD(※3曲入り)は2018年4月「MY WISH」、CDシングルは未発表の模様。


 言い訳するつもりはないが、前半で散々"ダメ出し"をしたのではない。昔のアイドルでも20歳前後を境に大人の女性っぽい曲を歌っていた。現代アイドルの場合は、表現が悪く恐縮だが、若年にして昔のアイドルが表現していた事を実行しているのである。但し、曲のモティーフは恋愛限定ではなく、実に広範囲に亘っている。


 つまり、現代アイドルは更に早熟化したと言える。Zero FIRSTはその典型的な例であろう。歌声が幼いという事は、まだまだ伸びしろが残っている証拠なのだ。そこに気付いていただきたいだけ、なのである。


 ダンスパフォーマンスだけでなく、歌声や表現力に磨きをかければ、真の魅力が顕在化するはずだ。全国進出はその後でも間に合うだろう。


 彼女達が諦めなければ、の話だが・・・。







|

« 特集"脱?官製春闘2019"(その5)「やはり物流、小売は好調!背景に人手不足?~UAゼンセン、中間報告」 | トップページ | 何、地球に試されてる、って?ほわいとらぷそでぃー「僕たちの地球がまるい理由」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 正に"ゼロからのスタート"?Zero FIRST「♪CREWS~Reconstruction~」 :

« 特集"脱?官製春闘2019"(その5)「やはり物流、小売は好調!背景に人手不足?~UAゼンセン、中間報告」 | トップページ | 何、地球に試されてる、って?ほわいとらぷそでぃー「僕たちの地球がまるい理由」 »