« 表裏一体系アイドル?残響シンメトリー「夕焼けシンメトリー」  | トップページ | 何やかんや言うて、続いとるやんけ!ホンマに終わる気あんのか?卒業ソング"私的"クロニクル(8) »

"メンバー関与はナシ"で確定?されど運営サイドに問題アリ!どう考えても納得できかねる・・・NGT事件③

 3月21日、NGT48メンバー暴行事件に係る第三者委員会の調査報告書が同公式サイトで公表された。概要は次のとおり。

(概要)

事件そのものにNGT48メンバーが関与した事実は無かったが、一部メンバーが私的にファンとの繋がりがあった。

②その一方で、運営上の不備を指摘(※被害者がツイッターで公表するまでAKSが対応しなかった等)。

 

 以上の調査内容を受け、AKSは指摘事項について改善する事に全力で取り組み、暴行を行った被疑者に対し、民事上の法的措置(民事訴訟?)を執るとしながら、私的にファンと繋がっていたメンバーを含めた風紀の乱れについて、今回は不問に付すとしている。


 更にメンバーの安全対策を第一に、送迎時や居住マンションの管理強化、握手会における警備体制の強化、特定ファンとの繋がりの発生の阻止等を徹底し、そのうえで組織運営の強化、メンバー・スタッフへの教育徹底、自覚を促す、とされる。


 一見、纏まりのある内容にも思える。しかし、「私的にファンと繋がっているメンバーに対する処分に関しては、今回限定?で不問に付す」とされているのは、いかがなものか?事前に申し出たから「不問」?

 
 何も秋元康氏に忖度して?自ら坊主頭にしたり、移籍志願をする必要はないが、"厳粛な姿勢で"と語っていたはずなのに「不問」で片付くのは本当に良かったのか?

 
 何よりも最も肝心な、被害者メンバーへの心のケアに関して、何ら示されていない。ちゃんと行っているのか?


 思い切って真実を暴露するか、このような上辺だけの調査内容で良しとするNGT48に見切りをつけた方が、被害者メンバーの為になるのかもしれない。







|

« 表裏一体系アイドル?残響シンメトリー「夕焼けシンメトリー」  | トップページ | 何やかんや言うて、続いとるやんけ!ホンマに終わる気あんのか?卒業ソング"私的"クロニクル(8) »

ニュース」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

本件に関しては今一信用されていない、週刊文春が、なぜか今村元支配人のことを記事にしていますね。いやあ、新潟県内を頭下げながら行脚しているのかと思ってたら、お伊勢さんで「ええじゃないか」をしていたとは・・・・

bunshun.jp/articles/-/11899

そういえば、記者会見中に迷言を残していた、松村取締役、最近噂を聴きませんね。減給30%が堪えたのか、それともAKS社長の防犯ベル係を仰せつかっているのか、謎でございます。

NGTの卒業公演で、仲良く頭を下げるシーンがサプライズで見られれば、残ったメンバーへの非難中傷も低減できるのではないかと、大人の対応を期待したいものです。

投稿: ギムリン | 2019年5月12日 (日) 16時07分

 ギムリン様、コメントを賜りありがとうございます。

 「文春砲」に関しては部分的にピックアップしただけ、など良くないコメントを見かけます。記事によるのかもしれませんが、一部で絶賛の声もあるようです。個人的には支持派かもしれませんが(^^;

 そう言えば、自身への誹謗中傷が多いから止む無く?なのか、元AKB支配人が5月20日にコメントするとされていますが、一説には人数限定(20名だったかな?)でツイートするよう募集していましたね。その時にも今村氏に関する事を何か言ってましたね。

 それなら人数制限でなく、表立ってやれ!という怒りの声もあるようですが、どうせなら3名の卒業前までにやれよ!と言いたいですね。
 
 さっしーがプロデュースしてタレントデビューとか、秋元氏が何も言わないのではなく、無言の抑圧をAKSにかけているとか、様々な説が飛び交い、なかなか見極めが難しいところです。


 当方としても「当日」に向けて個人的な想い等をこれまでの経過を若干織り交ぜながら、纏めている最中(※かなりダラダラしてますが)ですので、よろしければそちらでもギムリン様の想いをぶつけて下さい。

 

投稿: 傷心の少年 | 2019年5月12日 (日) 18時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 表裏一体系アイドル?残響シンメトリー「夕焼けシンメトリー」  | トップページ | 何やかんや言うて、続いとるやんけ!ホンマに終わる気あんのか?卒業ソング"私的"クロニクル(8) »