« 忘れずに絶対してよ、ね!Kolokol「bookmark」 | トップページ | ある意味、彼女達もドールギ〇ック?またも関西のロコドル?GourDollS「一歩」 »

とうとう"はちきん"までも・・・!はちきんガールズ「少年よ大志を突きススメ」

 何といっても、パフォーマンス全般が実に素晴らしい。歌唱力といい、アクションといい、全く問題ない。


 仮に複数人のメンバーがいたら、もしかすると彼女の魅力は半減どころか、完全に埋没していたかもしれない。その意味では「ガールズ」の名が似つかわないようで、勿体ない。


 逆にソロユニット化して大正解、だったかもしれない。元々大人数だったのに、次々と卒業、脱退していき、やがてはソロユニット化してしまう現代アイドルが非常に多い。いっそ、ソロユニット化した面々のみが集結してイベントを開催するのもいいように思える。

 

 表現は悪いが、ソロユニット化しても互いに頑張っていこう、というエールを互いに交し合ったり、あるいはこれを機に交流を深めるのもアリだと考える。

 

 尤も、個々の事情、スケジュール等で実現するまで程遠い可能性は非常に高いが、物販だけでなくメンバー募集告知に絶好の機会である(※実際に応募があるか否かは別として)。


 また地方から上京する現代アイドルほど、何故かすぐに解散してしまうのも多い。MAPLEZ、Espesia等、枚挙に遑(いとま)がない。


 はちきんガールズは成功とまでは言わなくとも、後半から記す内容を思えばよく頑張っている方なのだろう。

 公式サイトはリニューアル中なのか、抹消されたのか、閲覧不可状態にある(※記事制作時現在)。公式ツイッター(プロフ)にもあるが、結成当初は高知県のロコドルでメンバーは8名いたのに、東京へ拠点を移した(2014年4月)影響からか、脱退が相次ぎ、ワンマンライブ直前になって、更に2名が脱退し、ライブ等が中止となるハプニングを経て、とうとう石川彩楓(あやか)のソロユニットと化したようだ。 

 
 因みに「はちきん」とは土佐弁で「明るく活発で大声の女性」を指すらしい(※出典、引用:高知の非公式ガイドブック記事『高知学12 "いごっそう"、"はちきん"とは何か?いいのか?悪いのか?』)。 


 結成は2010年2月、1stシングルは2012年6月「友達のままだよ」で、これまでシングル通算8枚、アルバム1枚をリリースしている(※少年よ~は7thシングル『偽りの天国はイラナイ』カップリング曲)。


 ネーミングが「ガールズ」なのに、「ガールズ」ではない事ほど、辛いものはない。現代アイドルには付き物と言ってしまえばそれまでだが、ライブ映像では悲壮感は皆無だ。


 正に石川は「はちきん」らしく、元気溌剌としたイメージしか感じられない。冒頭に記した「実に素晴らしい」と感じた理由は、おそらくそこにあるのだろう。


 本音を聞けば、泣きたくなるような感情を押し隠しているのかもしれない。もう少し付加するなら、上京する必要があったのかどうか疑問である。寧ろ高知県のロコドルとして筋を通した方が良かったのではないか、とも思える。

 
 但し、りりこち、LAUGH ALOT、虹色★STAR等が競合する中で果たして人気がどうなったか、分からない。上京すれば、それどころかライバルは数多に存在している。はちきん同様、地方から上京し、一旗揚げようと画策する現代アイドルも少なくない。


 そういう厳しい状況下にあっても、「はちきん」を全力で貫いてほしい。課題はやはり、後継者か・・・。





|

« 忘れずに絶対してよ、ね!Kolokol「bookmark」 | トップページ | ある意味、彼女達もドールギ〇ック?またも関西のロコドル?GourDollS「一歩」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: とうとう"はちきん"までも・・・!はちきんガールズ「少年よ大志を突きススメ」:

« 忘れずに絶対してよ、ね!Kolokol「bookmark」 | トップページ | ある意味、彼女達もドールギ〇ック?またも関西のロコドル?GourDollS「一歩」 »