« 本当にそんな軽いものなのか?mikicco「ぽいっ」 | トップページ | メンバー全員は家族?"夏色"じゃなくて・・・?爆裂女子-BURST GIRL-「ナンシー」 »

あ、そうだったのか!トライシグナル「朝焼けみたいだ」でデビュー

 朝焼けみたい・・・という事は、日の出のシーンを見る機会があったのだろうか。となれば、一般的には初日の出くらい、か。写真愛好家ならば、早くから三脚にカメラを据え付け、瞬間を捉えるべく待機する場面だ。


 その間は差し詰め、由紀さおりの「夜明けのスキャット」であろう。スキャットゆえに何ら意味を持たないのだが、朝焼けから日の出に至る時間は、実際に見た人でなければ分からないが、本当に言葉すら出てこない。写真愛好家は余計な事を考えず、只管シャッターとファインダーに集中する。


 しかし、「~みたい」「~のようだ」という事は、厳密に言えば日の出を見たのではなく、感覚的にそういう状況に思えた、という事だろう。だから本曲PVにリアルな朝焼けが出てこないのだ。それに本当に朝焼けだったら、彼女達の映りにも影響しかねない。光源が少ないだけに、ライティングがきつくなるのも必至である。


 ロケーションを知らないだけに勝手な物言いで恐縮だが、リアルな朝焼けをインサートしようものなら、本曲PVの状況では早朝登山を余儀なくされるに違いない。まして楽器を据えるのだから、いくら何でも人力のみでは無理だ。自動車で行ける範囲? 

 公式サイトによれば「元ひめキュンフルーツ缶(初代)の3名が2017年12月に始動させた」ものらしい。3名とも愛媛県に在住しながら、全国各地で精力的にライブを行っているという。


 おそらくネーミングは「(前略)・・・愛媛を四国を全国を席巻する唯一無二の存在へとなるべく"信号(※メッセージ≒シグナル)を発信していく」(※以上、公式サイトより)3人(=ギリシア語接頭辞の"tri〈トライ〉")、ひいては「3つのシグナル」ゆえと推測される。


 「朝焼けみたいだ」は2018年1月リリースのアルバム「The First Bite」リードソングである。


 初代ひめキュンフルーツ缶が全員卒業したのが2017年10月だから、意外にリスタートは早かったようだ。私が初代の存在を知ったのは然程早くなかったものの、楽曲はもとより、歌唱力は健在だ。尤も、ひめキュン時代よりも成長しているのは明白である。

 
 心なしか、彼女達に再会できた事を嬉しく思っている次第だ。勿論、実際に逢ったわけではないのだが同じ想いを抱く全国のファンもいるだろう。インディーズやメジャーに拘らず、しっかり熱いシグナルを発信し続けて欲しい。






|

« 本当にそんな軽いものなのか?mikicco「ぽいっ」 | トップページ | メンバー全員は家族?"夏色"じゃなくて・・・?爆裂女子-BURST GIRL-「ナンシー」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あ、そうだったのか!トライシグナル「朝焼けみたいだ」でデビュー:

» 純白のコスチュームはピュアな証!ひめキュンフルーツ缶「ココロツナガル」 [ハイブリッド写真家の「世間を見る眼」]
 アニメの主題歌ゆえか、ひめキュンフルーツ缶の持ち味である激しいロック調ではなく [続きを読む]

受信: 2019年3月 3日 (日) 16時03分

« 本当にそんな軽いものなのか?mikicco「ぽいっ」 | トップページ | メンバー全員は家族?"夏色"じゃなくて・・・?爆裂女子-BURST GIRL-「ナンシー」 »