« キミらも"仲間入り"したのか?ニコニコ♡LOVERS「半分魔法少女」 | トップページ | 誰が誰に恋をした?トリプルスレット・マッチに突入・・・な~んて、しませんわよ!にゅ~わ「天使のわがまま」でデビュー »

IDOL TRIBUTES(Vol.65)「小出広美」

 今やフリーマーケット・アプリとして定着した「メルカリ」では、一時現金を実際の額面以上の金額(※いわゆる利息相当額を含む?)で出品され、出資法違反に問われる事件が発生し、話題となった。現在でも時々怪しい品が出品されるらしいが、会社としてもルールを厳格化し、幾分トラブルは収束したかのように見えた。


 ところが、元アイドルが現役時代の衣装を100万円で出品した事により、トラブルとは別の意味で陽の目を浴びる形となった。


 その元アイドルこそ、小出広美だったという。


 便乗ネタの謗りは免れないが、今回は1983年3月21日にリリースされた、小出広美のデビューシングル「タブー」をピックアップする。作詞は阿久悠、作曲は井上大輔、編曲は萩田光雄の各氏である。

Hiromi_koide
 現役の頃は4枚のシングル、2枚のアルバムをリリースしたが、実質の活動時期は僅か半年程度と非常に短かった。特に"お蔵入り"となったラストシングル「最近のム・ス・メ」については数百枚しか流通せず、オークション等で高額取引されているらしい。


 ジャケットフォトを見ると、新人アイドルというより、キャリア数年といった印象を受ける。それくらい大人っぽく見せる意図があったのだろう。その証拠と言っては何だが、シングルリリースを重ねる度に?若返っているように思える。通常なら逆のはずだが・・・?


 しかし、現在あらためて聴いても歌唱力は十分すぎるほどで、将来の売れっ子アイドルを嘱望されてもおかしくないはず、だった。


 ところが当時の事務所から解雇され、事実上の引退に追い込まれた挙句、結果的にヘアヌード写真集を出版せざるを得ず、グラドルへの路線変更を余儀なくされてしまった。これにより、アイドルとしての彼女以上にヘアヌードのイメージが強い人が多いかもしれない。
 

 一説には、当時中森明菜と同じ事務所に移籍したものの、キャラ被りが問題となったため解雇された・・・などといわれているらしいが、未だもって真相は闇の中という。


 仮にこれが現代アイドルに適用されていれば、どれだけの数が淘汰されているだろうか・・・と考えただけでゾッとする。現代アイドル戦国時代など到底存在しなかったに違いない。

 
 ご存知と思うが、「タブー」は禁忌、禁止を意味する。なのに、本曲では「全てがタブー」とされる。曲の流れから察するに、恋愛そのものがタブー視されているようだが、まるで「現代アイドルの恋愛禁止ルール」に繋がっているようにも思えてくる(※出典、一部引用:歌ネット)。

 
 真意は阿久悠氏のみぞ知るところだろうが、おそらく旧約新書にあるアダムとイブ(エバ)が禁断の果実を口にしたため・・・も背景にあるのではないか、と推測する。

 
 まさか同氏が先述の「キャラ被り」を曲を通して暗示していた・・・なんて事はないはずだが、歌唱力は十分なだけに僅か数曲のシングルで終焉してしまったのは、事情はともあれ、非常に残念である。


 更に残念なのは動画を除き、CD化はおろか、ダウンロードサイト等でも一切音源化されていない(※つまり、当時のレコードのみの流通)事だろう。当時の所属事務所が圧力をかけているなどと言われているが、定かではない。


 ところで、現役時代の衣装をフリーマーケットに出品したという事は、処分に困ったゆえか、金策に走ったからかは不明だが、果たしてファンが手を出すのか?


 そもそもファンが存在するのか?本当に本人が出品したのか?という疑念を抱く人もあるかもしれない。それを受けてか、わざわざ自身が出品した旨を公表し、更に半額程度まで値下げしたらしい。またファンにとっては、当時の衣装が堪らないアイテムになり得るとか何とかコメントしているという。 
 

 仮に彼女がスーパーアイドルの仲間入りを果たしていたならば、衣装をフリマに出品するなんて事はなかっただろうに・・・。



 ここにも、悲劇のアイドルは存在していたようである。






|

« キミらも"仲間入り"したのか?ニコニコ♡LOVERS「半分魔法少女」 | トップページ | 誰が誰に恋をした?トリプルスレット・マッチに突入・・・な~んて、しませんわよ!にゅ~わ「天使のわがまま」でデビュー »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

IDOL TRIBUTES」カテゴリの記事

コメント

あらまぁ、傷心さんがタブーに挑戦。
あんたも好きねぇbyカトちゃん(汗)。

唯一CD発売後に回収された、『教えてアイドル』がヤフオクで3万円くらいなので、衣装も10倍くらいで売れないかにゃ、と思われたのかしらん。

ところで、最近のタブーといえば、某48人組新潟支店。前任の劇場支配人が雲隠れしている間に、CNNのニュースにもなってしまいましたとさ。

www.sanspo.com/geino/news/20190117/geo19011719020029-n1.html

投稿: ギムリン | 2019年1月18日 (金) 02時09分

 ギムリン様、やはりそう思われましたか実を言うと、いずれピックアップを・・・と考えてはいたのですが、思わぬ形できっかけができるとは、本当に想定外でした。


 そもそも出品した理由が何なのか、本人のみぞ知る状態なので、誰しも疑心暗鬼状態にならざるを得なかったのでしょうか。しかも高額とくれば、余計に怪しく思えたのかもしれません。詐欺の類も多いと聞きますからね。


 ところで某現代アイドル暴行事件に関しては、とりあえず様子を窺うつもりであえて記事にしていません。本音は言いたいことだらけなのですがいっそ暫く活動休止し、徹底的に解明すべきと思いますが・・・。


 でも地下ドル、ロコドルの類だったら、即自ら脱退して訴訟に及んでいる可能性もなくはないと思います。まして愛の葉Girlsのように殺傷沙汰になっていたら、大変な状況に陥っていたと思います。


 これがきっかけで、一気に現代アイドルが衰退する危惧もあり得ますが・・・?

投稿: 傷心の少年 | 2019年1月18日 (金) 11時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: IDOL TRIBUTES(Vol.65)「小出広美」:

« キミらも"仲間入り"したのか?ニコニコ♡LOVERS「半分魔法少女」 | トップページ | 誰が誰に恋をした?トリプルスレット・マッチに突入・・・な~んて、しませんわよ!にゅ~わ「天使のわがまま」でデビュー »