« あら、ソロアイドルじゃなかったのか?キヨサワセイナ「愛の歌」でデビュー | トップページ | "毎日会えるアイドル"は日替わりライドル?EVERYDAYS「ハロー!EVERYDAYS!」アイドル横丁2018でデビュー(※追記あり) »

なるほど・・・さすが大阪のロコドルやわ!Bear in Mind「未来への瞬間」

 背景が異常に白トビしていると思ったら、レースのカーテン等を備えておらず、直射日光が自然のライティングとして機能しているようだ。ドアもホワイトでは完全に潰れるのも致し方なかろう。

 

 にも関わらず、彼女達の映像に大きな影響はなかった模様だ。大抵の場合、影で黒潰れしかねないのをよくぞ回避できたものである(※多少暗くなる程度で済んでいる)。

 

 おそらく室内ライティングは極力抑え気味に落として、自然光をメインに活用したのだろう。逆に言うと、明るい曇天はもとより、確実に太陽光が差し込む状態でなければ、ここまでの映像は不可能になろう。


 そこまで読んで撮影に及んだとすれば、素晴らしいスタッフだと思う。尤も、梅雨の時期等に撮影しようものなら、却って進まなかったかもしれないが、完全密閉型スタジオではまず出せないはずで、どうしてもライティングは人工(後方、前方、上方数灯式?)に依存せざるを得ないところだ。当然コストも嵩んでこよう。

 

 その意味では、自然光を原則使用する事でコスト抑制ばかりか、余計な影をも抑えられ、結果的にナチュラル・ビューティーなイメージで捉える事が可能になる。それに「未来」を連想する場合、やはり暗鬱よりも明るい方がいい。

 

 つまり多少なりとも、未来への展望を明るいものにできるのだ。

 「ベア・イン・マインド」と読む。公式サイト

 
 因みに「Bear in Mind」には「心に留めておく、覚えておく」という意味がある(※出典、引用:Weblio英和和英辞典)。

 
 つまり初期の"あゆみくりかまき"や大阪のロコドル"AnimalBeast"(※解散済)みたく、クマの耳を装着しているのは"Bear"であるがゆえの事であり、それによって「記憶に残る」可能性が多少なりとも上がる事を期待しているのだろう。

 
 分かりやすく言えば、ユニット名と動物のクマを引っ掛けたわけである。折角なら"あゆみくりかまき"みたく?クマの手をイメージしたグラブを装着すべきだった、か?冬はいいけど、夏は蒸れる?

 
 しかも、メンバー(3名)のうち2名はアモレカリーナ大阪との兼任メンバーらしい(※1名はアモレカリーナ大阪元メンバー、との事~出典、引用:アイドル戦国時代Wiki)。

 
 なるほど、だから公式ツイッター(プロフ)に「大阪府」とあったのか!


 ・・・さすがは大阪らしい?現代アイドルである。

 
 「アイドル戦国時代~」によれば、デビューは2018年4月とある。「未来への瞬間」は彼女達の1stシングルだ。


 アモレカリーナといえば、「東京」が解散(※厳密には、全員卒業による活動休止)をしてしまった。また別の記事で「東京」の解散が名古屋、大阪に影響しかねない、とも記した。いわば派生ユニット的な存在の「Bear in Mind」の活動如何によって、本隊(彼女達の場合はアモレカリーナ大阪)へも何らかの影響が及ばないとも限らない。


 ただ、以前公式サイトを閲覧した際には、スケジュールが"ガラ空き"状態で、解散間近?と思われたが、公式サイトのリニューアルにより?多少のイベント、ライブ等が追加され、空白は目立たなくなった。

 
 とはいえ、今やメジャーどころでも続々と解散を発表している昨今、アモレカリーナとて油断は禁物だ。まして派生ユニット的な位置づけならば、連鎖解散も絶対ないとは断言できない。

 
 逆に言えば、トップは無理でも、今頑張れば幾分浮上できるチャンスもなくはない。要はそこに彼女達が気付くか否かに答えがあるのだろう。


 それこそ本曲タイトルではないが「未来への瞬間」を逃さず、我が手中に収める事ができるというものではないか。





|

« あら、ソロアイドルじゃなかったのか?キヨサワセイナ「愛の歌」でデビュー | トップページ | "毎日会えるアイドル"は日替わりライドル?EVERYDAYS「ハロー!EVERYDAYS!」アイドル横丁2018でデビュー(※追記あり) »

旅行・地域」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なるほど・・・さすが大阪のロコドルやわ!Bear in Mind「未来への瞬間」:

« あら、ソロアイドルじゃなかったのか?キヨサワセイナ「愛の歌」でデビュー | トップページ | "毎日会えるアイドル"は日替わりライドル?EVERYDAYS「ハロー!EVERYDAYS!」アイドル横丁2018でデビュー(※追記あり) »