« 現代アイドル版関ヶ原合戦、スタート?COLOR'z「道標」デビュー | トップページ | 名前がユルいのではなく、存在そのものがユルい?おおきゆりね「神様になれないのなら」 »

さらば、現代アイドルたちよ(Vol.58)「アモレカリーナ東京」

 2018年4月17日付で活動休止の旨、公式ブログで発表(※出典、引用:2018年4月26日付同ブログ記事【アモレカリーナ東京に関するお知らせ】)。原因は各メンバーの受験・進学等に伴う活動困難によるものらしい。しかも休止ライブ、イベントは行われない、ときた。


 更には今後の活動は未定、とされている。


 現代アイドルで最も危惧するパターンだ。仕方がないといえばそれで終わりだが、そこまで運営サイドは読んでいたのだろうか?


 東京が活動休止に入ったなら、アモレカリーナ名古屋、大阪の活動休止も時間の問題である。小中高生による現代アイドルを立ち上げるな、とまでは言わないが、将来的なビジョンも含めて活動方針を定めるべきだ。でなければ、事務所にとって損失が増大するのみであろう。

 だからといって、各メンバーの意志を無視するわけにもいかない。まして小中高生であれば、保護者も絡んでこよう。

 
 そもそも彼女達にとって、現代アイドルとはどういう存在だったのだろうか?形はどうあれ、現代アイドルになる事ができた、つまり夢をひとつ叶えたから、その先を見据える、という事か。

 
 勿論、1度現代アイドルになったから(活動は)これで十分、という見方も可能だ。とは言え、何となくアイドルという存在を軽々しく扱っているように思えてならない。確かに芸能界への敷居は低くなったが、その影響で量ばかりが増え、逆に質は悪くなった気がする。

 
 現代アイドルは儚い存在とすれば、あまりにも格好良さげだが、これではファンが定着しないのも道理であろう。







|

« 現代アイドル版関ヶ原合戦、スタート?COLOR'z「道標」デビュー | トップページ | 名前がユルいのではなく、存在そのものがユルい?おおきゆりね「神様になれないのなら」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

IDOL TRIBUTES」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さらば、現代アイドルたちよ(Vol.58)「アモレカリーナ東京」:

» お前さんたち、尾張名古屋なのに"江戸っ子"かい?アモレカリーナ名古屋「SUKIDAY♡」 [ハイブリッド写真家の「世間を見る眼」]
 ライブ等ではメンバー全員が揃うのだろうが、たとえショートVer.とはいえ、個別 [続きを読む]

受信: 2018年5月 1日 (火) 20時00分

« 現代アイドル版関ヶ原合戦、スタート?COLOR'z「道標」デビュー | トップページ | 名前がユルいのではなく、存在そのものがユルい?おおきゆりね「神様になれないのなら」 »