« UFOでプワーッと飛来したら、地球に辿り着いて一気に征服?われらがプワプワプーワプワ「I DON'T "PU"WANNA GO BACK」で全国流通デビュー | トップページ | これがホントの"アイドロック"よっ♡な~んて、ね?CANDY GO!GO!「HONEY TRAP」 »

IDOL TRIBUTES(Vol.57)「西城秀樹"追悼"②・激しい恋」

 当ブログは訃報専門ブログではない事をこれまでも主張し、ここ数年はあえて芸能人らの訃報を避けてきた。

 

 しかし、今度ばかりは避ける事ができなかった。

 

 歌手の西城秀樹が急性心不全により、亡くなっていたからだ。享年63歳。急性疾患とはいえ、あまりにも早すぎるではないか(※出典、引用:2018年5月17日付スポニチアネックス記事『歌手・西城秀樹さん死去 63歳 傷だらけのローラ、ヤングマンなど大ヒット』)。


 このニュース速報に触れた瞬間、我が耳目を疑い、同時にじわじわと涙が浮かんできた。そして、歌番組等に出演していた彼の姿が走馬灯のように頭の中を駆け巡ったのだ。


 真っ先に浮かんできたのは、彼がカレーのCMに出演していた事だ。「ヒデキ、感激!」というセリフは未だに忘れられない、キャッチーなコピーだった。私も子供の頃、これをよく真似た記憶がある。

 

 そして日テレ系「カックラキン大放送」への出演である。「新御三家」である野口五郎、郷ひろみとの交代制?ではあったが、当時はこれはこれで面白かったものだ。


 その次に浮かんだのが、「激しい恋」である。1974年5月にリリースされた9thシングルだ。本音を言うと、あまりにもヒット曲が多すぎて選択に悩まされたのだが・・・。

 何といっても頭出しの♪やめろと言われても 今では遅すぎた・・・の件の振付が印象強く、これも良く真似た記憶がある。


 表現は失礼かもしれないが、当時の彼は他の2人に比べ、どことなく突出していた気がする。しかし、脳梗塞を発症してからというもの、昔に比べると露出は激減してしまった。Photo


 何年前だったか、他の歌手らとの合同コンサート?の類の新聞広告で大々的に復帰をアピールしていたのが嬉しく思えたのだが、まさかの訃報に触れてしまうとは、誰が想像できたであろうか。


 70~80年代を飾った当時のアイドルらは、かなりいい年齢を迎えつつあり、出番も「懐かしのアイドル・・・」類でしか見かけなくなってしまうのは、最早時代が変わった、という証拠なのだろうか。

 
 やはり「IDOL TRIBUTES」を強化する必要があるのか・・・と猛省した次第である。


 ・・・ありがとう、ヒデキ!


 R.I.P.....






|
|

« UFOでプワーッと飛来したら、地球に辿り着いて一気に征服?われらがプワプワプーワプワ「I DON'T "PU"WANNA GO BACK」で全国流通デビュー | トップページ | これがホントの"アイドロック"よっ♡な~んて、ね?CANDY GO!GO!「HONEY TRAP」 »

IDOL TRIBUTES」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

本当に衝撃的なニュースでしたね。リハビリで頑張って、なんとか同窓会コンサートでは元気そうな姿でしたから。合掌。

ヒロリンは、別件で新聞の取材中に、訃報を聞いたらしく、動転している様子。

www.oricon.co.jp/news/2111615/full/


珍しく、奈保子さんからもコメント。

www.daily.co.jp/gossip/2018/05/17/0011264891.shtml


投稿: ギムリン | 2018年5月19日 (土) 14時35分

追記です。今夜2時から、FM小田原では秀樹&奈保子の特集再放送。
お時間ありましたら、ご聴取のほどを。

blog.livedoor.jp/radicase787/

twitter.com/radicase787/status/997053682666455040

投稿: ギムリン | 2018年5月19日 (土) 14時39分

 ギムリン様、コメントを賜りありがとうございます。奇しくも彼を初めてピックアップしたのがTBにもあるとおり、作詞家・三木たかし氏の訃報の折、しかも今回はご本人の訃報という形になってしまったのは、本当に残念であり、同時に自責の念に駆られております。


 かといって、タイミングというのもあり、無暗にピックアップすればいいというものでもない事もあり、日々悩んでいるのは以前にも記したとおりです。


 大方のヒット曲は報道等で取り上げられているので、当ブログではあえて私が彼の存在を知った頃に照準を絞った結果が本記事、という事になります。


 しかし、多くの歌手や芸能人らが多くのコメントを発しているところを見るに、正に彼こそが国民的アイドルのひとりではないか、とも思えてきます。


 妹と言えば「もうひとりの妹」にもひと言欲しいところですが、無理な願いなのでしょうか。おそらくご本人には伝わっているはずなので、コメントするにも言葉にならず、秘かに涙しているのかもしれませんね。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180517-00000068-dal-ent

 早々にラジオで追悼企画的な内容をオンエアしていましたか。TV各局も何らかの形で行うものと思いますが、同じような内容になるのを防止する意味でも、どこかで統一してもらえたら・・・と思います。

 R.I.P...

投稿: 傷心の少年 | 2018年5月19日 (土) 16時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/517634/73503413

この記事へのトラックバック一覧です: IDOL TRIBUTES(Vol.57)「西城秀樹"追悼"②・激しい恋」:

» IDOL TRIBUTES(Vol.13)「西城秀樹①・ブーメランストリート~"三木たかし氏追悼"」 [ハイブリッド写真家の「世間を見る眼」]
シングル・フルヴァージョンはこちら またも訃報が・・・。 アイドルソングをはじめ [続きを読む]

受信: 2018年5月17日 (木) 14時09分

« UFOでプワーッと飛来したら、地球に辿り着いて一気に征服?われらがプワプワプーワプワ「I DON'T "PU"WANNA GO BACK」で全国流通デビュー | トップページ | これがホントの"アイドロック"よっ♡な~んて、ね?CANDY GO!GO!「HONEY TRAP」 »