« 早くもTIF2018出場決定!何、若くしてキャリアは4年?monogatari「Re:born」 | トップページ | さらば、現代アイドルたちよ(Vol.46)「GEM」 »

いきなり余裕のツーベースヒットで、華々しく"メジャーデビュー"!絶対直球女子!プレイボールズ「Standing Double」

 私の場合、史上初ともいえる?野球審判員、いわゆる"アンパイア"の視線から綴られた「WE are UMPIRE」で彼女達の存在を知ったため、相当男勝りというか、かなり硬派の存在に思えたのだが、本曲PVを視聴してやや安堵感を得た気がする。

 
 とはいえ、野球をコンセプト(※ギ○ックではない事は先の記事でも述べたが)にしているだけあって、頭出しから高校野球を想わせる?応援演奏で始まるところは、さすがである。勿論、当方としても春のセンバツ高校野球、MLBやプロ野球開幕を意識してピックアップしたつもりは毛頭なく、単なる偶然にすぎない。


 しかし「WE are~」の内容からすると、いかにも女子らしい雰囲気はある。ただレッドのユニフォームを見るに、ここ数年で急増した「カープ女子」の流れであったり、MLBロサンゼルス・エンゼルス入りを果たした大谷選手を幾分意識しているのか・・・とも思えなくもない。


 尤も彼女達の場合は、それ以前からレッドのユニフォームを衣装にしていたようだが・・・。そればかりか、ブラックやピンストライプ等、様々なデザインを採用しているらしい。


 執拗だが、野球をコンセプトにしている以上、当然と言えば当然なのだが・・・。



 そういえば、彼女達はワールド・ベースボール・クラッシック(WBC)侍JAPAN公式サポーターを目指すとしていたはずだが、何の記載もないところを見ると、結局就けなかったのだろうか。


 その代わりと言っては何だが、今回の「Standing Double」でメジャーデビューを果たせた(※レーベルはOTODAMA RECORDS)のだから、喜びも一入であろう。


 いわばドラフトルーキーが開幕戦でスタメン起用され、いきなり「Standing Double」を放ったのに等しく、正に「会心の一撃」と言えよう(※Standing Doubleについては、PV冒頭にテロップ表示あり。見れなかった方は"スポーツ関連用語集"を参照されたい)。

 
 されど、彼女達の場合は実際のプロ野球(NPB)に合わせてOP戦だの、クライマックスシリーズ等を設定しており、正に毎年が勝負なのだ。敵は己といわんばかりである。喜んでばかりもいられない。


 ましてメジャーデビューを果たせたからといって、必ずしも安泰とはいかないのが現代アイドルの実態である。一寸先は闇なのだ。


 開幕戦で「会心の一撃」を放っても、後が続かず一軍と二軍を往復する選手も多いが、彼女達の場合、全試合(※といっても、実際に試合を行うわけではなく、ライブ等を先述のOP戦やクライマックスシリーズに位置付けており、その点はギ○ックか?)フル出場、143試合全勝・・・って、某在阪球団を応援する"とある"商店街みたいだが・・・の覚悟で臨まないと、本当のメジャーデビューとは言えないのかもしれない。

 
 ・・・個人的に惜しいのは、観月彩恵が「退団」してしまった事か。チームを去った彼女のためにも、残留メンバーには頑張って欲しいものである。






 

|

« 早くもTIF2018出場決定!何、若くしてキャリアは4年?monogatari「Re:born」 | トップページ | さらば、現代アイドルたちよ(Vol.46)「GEM」 »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いきなり余裕のツーベースヒットで、華々しく"メジャーデビュー"!絶対直球女子!プレイボールズ「Standing Double」:

» 黄組危うし?本物の"野球女子"登場!絶対直球女子!プレイボールズ「We are UMPIRE」 [ハイブリッド写真家の「世間を見る眼」]
 いきなり「私達は審判員」と名乗られても・・・と初見の際に思ったが、ここまで本気 [続きを読む]

受信: 2018年3月30日 (金) 16時05分

« 早くもTIF2018出場決定!何、若くしてキャリアは4年?monogatari「Re:born」 | トップページ | さらば、現代アイドルたちよ(Vol.46)「GEM」 »