« "番外編・2"さらば、現代アイドルたちよ?「愛の葉Girls」 | トップページ | これって、病気?違う、違う!虹色★STAR「初恋シンドローム」 »

絶望ゆえなのか、怒りがこみ上げたか?あるいは・・・AH(嗚呼)「とっておきの裏切り」

 詳細は後述参照として、全体的には想像していた以上の出来だと思う。現代アイドルにありがちな「萌え声」「アニメ声」もなく、双方ともに歌声が美しい。

 

 その分、パンチ力に欠ける気もするが、数多に埋没するリスクを思えば十分だろう。これでどちらかがハスキーボイスだったりすると不釣り合いに至るかもしれない。いわんや萌え声、アニメ声然り、である。

 

 CGの代わりに?3Dマッピング風に彼女達とレイヤーさせる映像群の撮影法、構成、見せ方もなかなかである。コストが少ない分、映像群に依存せざるを得ない事情等もあるのだろうが、現代アイドルというよりは立派なJ-POPアーティスト・デュオとすべき、か。

 

 今後のベクトルが気になるところだが、このまま活動を継続してJ-POPアーティスト・デュオとしてインディーズで頑張ってもいいだろう。

 

 そうすると、現代アイドルとのボーダーが分かりにくく、既存ファンにすればどう応援すべきか、戸惑いかねないかも・・・。

 公式サイトには「温泉若女将と介護施設管理者相談員兼スタッフという意外な組み合わせ?による(※且つ、関西を拠点に活動する~公式ツイッターより)セルフプロデュースアイドルユニット」とある。きっかけは同サイトによると「互いがソロシンガー(※地下ドル?)であり、何度か対バンした事」のようだ。

 
 ・・・道理で歌声が美しいはず、だ。

 
 但し、結成当初(2015年4月)はセルフプロデュース型ではなく、実際は2016年3月に新体制へ変わったのが契機になった模様。更に2017年1月頃?にはマネージャーと訣別し、本格的なセルフプロデュース型に完全移行したものと思われる。

 
 残念ながらネーミングの由来等には触れられていない。果たして溜息なのか、独り言なのか・・・?


 シングル、アルバム含め手売り流通が大半のようだが、全部合わせれば11枚程度にも及ぶ。しかも今作「とっておきの裏切り」リリースの8日ほど後には、タワレコ渋谷店限定シングル「とっておきのディスク」をリリースしている。

 
 3年ほどでこの枚数は、セルフプロデュースという形態をもってしても、なかなかできる事ではない(AKBグループのように、ほぼ毎月シングルリリースするのは別)。しかも本業が別にあっての現代アイドル活動ゆえ、私達が思っている以上に大変に違いない。

 
 そこまで彼女達を突き動かすものは何なのかは分からないが、現代アイドルに対する憧憬であったり、自身もやってみたいという衝動に駆られての所作ではなかろうか。

 
 勿論、現代アイドルとして活動する限り、売れたいという野望はあると思うが、兼業しているのならばそちらで活かす手もある。例えば、自身が若女将を務める温泉での余興や介護施設でのイベント等に出演して・・・という具合だ。ギャランティ云々で揉める可能性もあるが、色んな意味で相乗効果が期待できるように思う。


 いわゆる"営業"手法のひとつだが、評判が良ければ活動範囲を拡大していってもいいだろう。だからといって○○健康センターだの、××大温泉、スーパー△△の類ばかり巡っていると演歌歌手やコメディアンらの営業とバッティングしかねない。


 勿論、そういう所のみを回れ、とするつもりはない。セキュリティ対策を万全に講じたうえ(~これこそ最重要課題)で1ヶ月に1回とは言わなくとも、半年に1回ぐらい行えば、上手くいけば自分達の知名度や認知度向上にも繋がるし、営業先の利益が多少増加するかもしれない。


 そのうえ公私混同扱いされてしまったら元も子もないのだが、人前で歌うのは場所以外基本的に同じではないか。一方で若年層のファンが行きにくいというデメリットも生じかねないが、彼女達に限らず、同様の存在にはひとつの案として検討いただきたい。


 昔のアイドルと違って"営業"するにも、野外フリーライブならまだしも、百貨店やスーパー、遊園地、動物園の中で・・・と簡単にはいかないのが現状である。だからレコード店、CDショップ巡りのみに絞ってしまうのは、安全面に依存する部分が大きいとはいえ、自ら幅を狭めてしまっているように思えるのだ。




 

|

« "番外編・2"さらば、現代アイドルたちよ?「愛の葉Girls」 | トップページ | これって、病気?違う、違う!虹色★STAR「初恋シンドローム」 »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 絶望ゆえなのか、怒りがこみ上げたか?あるいは・・・AH(嗚呼)「とっておきの裏切り」:

« "番外編・2"さらば、現代アイドルたちよ?「愛の葉Girls」 | トップページ | これって、病気?違う、違う!虹色★STAR「初恋シンドローム」 »