« さらば、現代アイドルたちよ(Vol.17)「リーブルエール」 | トップページ | 昭和じゃないけど、突然帰ってきた?"名曲"リヴァイヴァルSPECIAL 2017(その1)「ファンでなくとも復帰を待っている?」 »

"ウルウル"している場合じゃない!いよいよ立ち上がった?ULTRA「僕らの時代だ」でデビュー?

 当ブログを隅々まで?ご覧になられている方(※そんな奇特な方は存在しないと思うが)なら、"ULTRA"の名に聞き覚えがあろう。まさか「某特撮ヒーロー番組」を今更のように思い出す事はないだろうが・・・?


 そう、元々は"ウルトラガール"だったが、2015年7月から"ULTRAGIRL"に変更したものの、2017年1月に結成当初からのオリジナルメンバーが全員卒業したのを機に" ULTRA"として2017年5月にデビューを果たしたのだ。"ULTRAGIRL"クレジットによる「あの丘まで~キラリ涙超えて~」は、正にそのラストシングルだったのである。


 だが"ULTRA"のデビュー曲でいきなり「僕らの時代だ」と断言し切ってしまっている。確かにメンバー総入れ替えを行ったかもしれないが、早々から下剋上?乗っ取り?を堂々と展開しようとは思わなかった。言い換えれば過去は過去であり、現在を支えているのは自分達である、と自覚させる意図があったのかもしれない。

 私はつい"ウルトラガール"の「君、ヒーローになって!」PVを思い出してしまうが、それに比べるとかなり真面目な内容で、カメラアングルも斬新だ。


 度々引き合いに出して恐縮だが、アークジュエル系の現代アイドル達のようにキュートな部分が突如無くなったり、純情のアフィリアみたく自らのギ〇ックを否定するアクションに"ULTRA"も近づいているのだろうか。ギ〇ックを含めた面白おかしい存在とか、可愛さがウリなのも時には必要とは思うが、運営側としてはそうも言っていられない状況に陥っているのだろう。


 何せ現代アイドル戦国時代は未だ終わっていないのだから、何らかの実績を残すためにも多少のギ〇ック変更等もやむを得ないに違いない。そのうえ、たとえ戦国時代であれ、成長した姿を見せなければ既存ファンが離れてしまう可能性がある。よって、いつまでもギ〇ックや可愛らしさだけに拘っているわけにはいかないのではないか。スパイラルミュージックもようやく?そこに気付いた、とすべきか。

 

 ・・・それこそ"ULTRA"の真の姿なのだろう。"GIRL"が無くなったのも、そのためと考えれば合点がいくのではないか。但し、さすがに"LADY"には至っていないが、いわば今はガールとレディの中間的な存在なのかもしれない。






|

« さらば、現代アイドルたちよ(Vol.17)「リーブルエール」 | トップページ | 昭和じゃないけど、突然帰ってきた?"名曲"リヴァイヴァルSPECIAL 2017(その1)「ファンでなくとも復帰を待っている?」 »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: "ウルウル"している場合じゃない!いよいよ立ち上がった?ULTRA「僕らの時代だ」でデビュー?:

» 帰ってきたウル・・・じゃなくて、却ってウルウル?ULTRAGIRL「あの丘まで~キラリ涙超えて~」 [ハイブリッド写真家の「世間を見る眼」]
 メジャーデビューを果たすと、どういうわけかインディーズ時代とは全く違った楽曲が [続きを読む]

受信: 2017年10月31日 (火) 14時12分

» 何故なりたいの?ああ、なるほど・・・!川崎芹奈「サイボーグ」 [ハイブリッド写真家の「世間を見る眼」]
 「サイボーグになりたい」と言っている傍から、まるで料理番組のようなPVの展開は [続きを読む]

受信: 2017年10月31日 (火) 14時13分

« さらば、現代アイドルたちよ(Vol.17)「リーブルエール」 | トップページ | 昭和じゃないけど、突然帰ってきた?"名曲"リヴァイヴァルSPECIAL 2017(その1)「ファンでなくとも復帰を待っている?」 »