« キミらも宇宙人ギ○ックか!え、フィフティフィフティ?ザ・にゃんとかにゃるず「地球がとにかく変わってる」 | トップページ | タスク、TIF2017いきます!!Task have Fun「3WD」 »

ようやくオリジナルソングを披露!アイドルネッサンス「交感ノート」

 いよいよ彼女達も目覚めたのか。


 本来「アイドルネッサンス」のテーマは古今の楽曲を歌とダンスで表現する"名曲ルネッサンス"であり、原則として同じ所属事務所の男性アーティストの曲を歌っていた・・・はずだった。その影響か、メッセージ性の強い曲が多かったように思う。


 何もキャピキャピソング(※表現が旧く、失礼coldsweats01)とまではいわなくとも、もう少し女性的な曲を・・・と思っていた数ヶ月前、某番組にて初のオリジナルソングを今春リリース予定との一報が入ったのだ。さすがに内容にまでは触れる事はなかったが’※リリース以前の話なので、当然だが)、果たしてどういう内容になるのか、期待と不安が入り混じった日々を過ごしていた私である(※若干大仰coldsweats01)。

 
 そしていざ、PV公開と相成ったわけだが、皆さんはどう思われただろうか?



 まず私が感じたのは、従来に比べて全体でパフォーマンスを展開するシーンが減った分、個別カットが大幅に増加している点を挙げたい。全体でのカットは後半部の数カットのみ、である。勿論、意図あっての事だろうが、先述のテーマと明らかに食い違っており、その反面、彼女達の進化が窺えるものと考える。


 そして楽曲全体が柔らかくなり、表現は悪いかもしれないが、女性らしさに溢れている。これに関しても、従来のメッセージ性の強いイメージと相反するところである。直近の曲でいえば、lyrical schoolとの最初で最後の?コラボソング「CUT」と比較しても、違いは歴然としている。

 
 これこそカバーソングにはない、「完全」オリジナルソングの魅力である。

 
 問題は既存ファンの評価だ。私のようにオリジナルソングを歓迎する向きもあれば、既定路線を貫くべき、という意見の方もあろう。


 ただひとつ言えるのは、少なくとも彼女達は幾分なりとも進化し続けている事だ。その意味では、アイドルネッサンス第2章のスタートを切るに相応しい曲ではないだろうか。




|
|

« キミらも宇宙人ギ○ックか!え、フィフティフィフティ?ザ・にゃんとかにゃるず「地球がとにかく変わってる」 | トップページ | タスク、TIF2017いきます!!Task have Fun「3WD」 »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/517634/70474148

この記事へのトラックバック一覧です: ようやくオリジナルソングを披露!アイドルネッサンス「交感ノート」:

« キミらも宇宙人ギ○ックか!え、フィフティフィフティ?ザ・にゃんとかにゃるず「地球がとにかく変わってる」 | トップページ | タスク、TIF2017いきます!!Task have Fun「3WD」 »