« いつだって本気モード?リアライト「トラストブロッサム」 | トップページ | いよいよあの名門グループまでも進出?本物の"民謡女子"現る!民謡ガールズ「会津磐梯山」 »

本物の都人!でも気持ち分かるなあ・・・あさちる「東京コワオス」

 よく関西(特に大阪?)と東京がメディアの比較対象にされる事が多い。特に強調されるのが、言葉遣い(方言も含める)であろう。例えば関東からすれば、関西弁はキツイ、怖い、逆に関西からすれば関東(標準語)が冷酷に聴こえる・・・といった類いである。


 私が初めてそれを実感したのは、卒業旅行と称して友人と2人で岡山県を旅した時であった。当時ろくに金も無かった私達は、新幹線の岡山駅に降り立ち、徒歩で岡山城、後楽園へと向かった。約30分ほどかけ、ようやく岡山城に辿り着いてホッとひと息ついているところへ聞こえてきたのが「・・・じゃん」「・・・だろ、ね?」という響きである。


 辺りを見回すと、男女3人組が城を前に記念写真を交互に撮っているようだった。さすがに話の中身までは記憶にないが、先述の語尾がやたら耳を突いた事だけ?ははっきりと憶えていた。次の瞬間、2人で「さっきの、間違いなく東京のヤツやな?」「けったくそ悪いヤッちゃな」「ここは岡山やぞ!」等と今を思えば、感情に任せて意味不明な事をぼやいていたのだ。


 その数年後、同じ面々で東京へも行ったのだが、原宿では裏通りに迷い込んでしまい、戦闘服スタイルの屈強な男達に睨みを利かされ、初めて?東京の怖さを思い知った。一方、表では珍しく早足で歩く友人に「おい、ちょっと待ったれや!」といった瞬間、私の周囲は半径数メートルの空間が自然と形成されてゆくのをひしひしと感じ取った。


 やはり、東京では関西弁を恐れている、とあらためて認識したのだ。本曲的に言えば「大阪(関西)ハコワイヨネ?」かcoldsweats01今も変わらないのかは分からないが・・・。

 ・・・本題に戻そう。


 残念ながら公式HPは存在しないが(※記事制作時現在)、公式ツイッター(プロフ)には「京都先斗町出身のテクノポップシンガーで、原宿のMONSTER CAFEのモンスターガールをやっている」とある。但し、同HPに彼女の名は記載されていないうえに、ツイッター[※『CRAZYあさちる』クレジット]の更新が途絶えている以上、同店を辞めた可能性が高いと思われる。


 それ以上の事は不明だが、一説には喉ちんこが2つあるとか、ちょっと変わった趣味がある等、都市伝説的なエピソードもあるとかないとかcoldsweats01


 歌声は都人らしく?はんなりとした柔らかい印象を受ける。テクノポップを標榜する限り、エフェクトで変声しているようにも思えるが、おそらくこれが彼女の地声なのだろう。


 またテクノポップ系に多い、バチバチのシンセサウンド(もしくはDTM)風でもなく、寧ろラップ女子的なファクターがあるように思う。しかもガンガンと押してくるタイプでもなさそうだ。


 確かにテクノポップ系アイドルは衰退の一途を辿るのみである(※個人的にはもっと頑張って欲しいのだが、時代のニーズが変わったのかもしれない)。そこへ新たな風を吹き込むのが"あさちる"の役割であり、同時に彼女の本望なのかもしれない。


 ・・・テクノポップ系アイドルの再興は、アイラミツキと"あさちる"の双肩にかかっている?


 こんな事をずっと言い続けても、衰退は留まる事がない。果たして打開策はあるのだろうか?


|
|

« いつだって本気モード?リアライト「トラストブロッサム」 | トップページ | いよいよあの名門グループまでも進出?本物の"民謡女子"現る!民謡ガールズ「会津磐梯山」 »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/517634/70345548

この記事へのトラックバック一覧です: 本物の都人!でも気持ち分かるなあ・・・あさちる「東京コワオス」:

« いつだって本気モード?リアライト「トラストブロッサム」 | トップページ | いよいよあの名門グループまでも進出?本物の"民謡女子"現る!民謡ガールズ「会津磐梯山」 »