« さらば、現代アイドルたちよ(Vol.5)「Rev.from DVL」 | トップページ | えっ!何で?転校少女歌撃団「この世界にサヨナラして」 »

またも大阪・・・じゃないんだ!宇宙でライブしたいって言われても・・・?Geminids2「Passion 2 the Future」

 制服姿で校舎内を駆け回り歌っているかと思えば、突然街中に繰り出しゲームセンターで興じるシーンや、バスケットボール、バドミントン等を行っているシーンもある。果たして何が言いたいのか理解できない。しかも、それが冒頭の数秒間とラストで展開される腕相撲の間にインサートされているのだ。


 スタッフの台詞ではないが、思わず「どうするんですか、これ?」とこちらまで言いたくなってしまうcoldsweats01勝ったから何か権利(あるいは賞品)が与えられる、負けたから罰ゲームといったものものもないようだ。


 では、何のために2人は腕相撲をしていたのか?AKBやスターダスト系でもあるまいし、わざわざPVで体力測定をする必要などないはずだ。となれば、腕相撲を展開する必要性すらないだろう。


 腕相撲のみならず、全てのシーンが彼女達のパッション(情熱)の表れなのか?その割には、どことなくユルさを感じずにはいられない。


 唯一の救い、と言っては失礼だが、どちらかの歌声なのか分からないが、非常に伸びやかで味のあるボイスを持っている事だろうか。情報を盛り込みすぎて、PV構成に若干無理が生じているように思うが、彼女達の基本的な部分はしっかりしており、今後次第で更なる成長が見込める存在と言えるだろう。

 「Geminds」のみだと、別のアーティストが表示されかねないが、彼女達「Geminds2」はその2代目・・・ではない(因みにgeminidsはジェミニ、つまりふたご座流星群の意)。公式HPの「コンセプト」を見れば「宇宙でライブしたい!」と大きな文字が目立つ。


 何のこっちゃ?とよく読むと、彼女達は「いつの日か、地球を飛び出して"宇宙でライブ"するのをコンセプトに都内で現在活躍中(※事務所は大阪にあるようだ)のガールズ・ボーカルユニット」とされる。"宇宙でライブ"って壮大なスケールではないか(※というより、ギ○ックじゃなくって?とツッコみたくなるがcoldsweats01)。更に「宇宙=ボーダレス 音楽に境界線はありません」と続く。


 確かにその通りだ。J-POPだの歌謡曲・演歌等と境界(ジャンルやカテゴリー)を作っているのは業界であり、私達が勝手に名付けているわけではない。本来ならば、昔のように歌謡曲、フォーク、ロックとしてもいいくらいだ。それが時代にそぐわなくなってしまったゆえにJ-POPで表記を統一しているのではないか。


 ならば彼女達が歌謡曲、ロック等とボーダレスに歌うのかどうかは不透明である(※寧ろあり得ないだろうが)。仮に実現したとすれば、それはそれで面白くなるのは間違いない。勿論カバー曲ではなく、オリジナルに限る。されど、ファンの反応も微妙なところだ。


 また"宇宙でライブ"と言っている彼女達が、実際に宇宙で演歌・歌謡曲やJ-POPを披露したところで、それらを知る人間が果たして存在するのだろうか?もしかすると人工知能に活躍の場を奪われている可能性も否定できない。


 ・・・ともあれ、まずは情熱溢れるボーダレスな彼女達の活躍に期待したい。




|
|

« さらば、現代アイドルたちよ(Vol.5)「Rev.from DVL」 | トップページ | えっ!何で?転校少女歌撃団「この世界にサヨナラして」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/517634/70350830

この記事へのトラックバック一覧です: またも大阪・・・じゃないんだ!宇宙でライブしたいって言われても・・・?Geminids2「Passion 2 the Future」:

« さらば、現代アイドルたちよ(Vol.5)「Rev.from DVL」 | トップページ | えっ!何で?転校少女歌撃団「この世界にサヨナラして」 »