« 何故か、アノ方が絶賛?人生初のPV出演まで果たした!さきどり発信局「It's a Show Time!」でデビュー | トップページ | ヒールから見事に復帰?さんみゅ~「桜色プロミス」 »

花の命は短き故に、人は抒情的になるものです。WiLL「サクラリフレイン」

 この記事を記している時点で、既に東京や福岡で桜の開花宣言があった。数年前の異常な速さに比べると、ごく普通だが、これくらいが丁度いい速さではなかろうか。尤も、満開となると少し話が変わるかもしれないが、日本中の大半がソワソワする時季のスタートと言っていいだろう。早くも縄張り争いが勃発しているかもしれない。


 ところが桜に纏わる曲の殆どは、桜花が満開になった、ひいては本格的な春が来たという喜びよりも春風に煽られ、桜花が散りゆく侘しさ、哀しみを綴った物の方が多く感じる。花見でどんちゃん騒ぎしている様より、後者の方が日本人に合っている、という事なのだろうか。
 

 WiLLの「サクラリフレイン」もどちらかといえば後者のイメージだろう。天面のガラスルーフや窓から差し込むライティングを飛ばした、という事は多少WB等の設定を変更したのだろうか。にも関わらず、全体を桜色風に統一したのはさすがだ。まさかの錯覚かcoldsweats01


 寧ろ現代アイドルとして捉えるなら、ダブルA面曲の「Let It Out」の方が相応しいだろうが、時節柄という事もあり、本曲をピックアップした次第である。



 公式HPは存在するが、グループ結成に至った経過等の記載がない。そこで「WiLL 1stシングル発売(公式)ツイッター」を参照すると、2016年6月29日始動、とある。更に公式ブログには、グループ名の由来として「世界(World)に向けて、ヤバくてかっこいい(iLL)グループになるという意味を持つ造語」で、併せて意思としてのWiLLの意味をも含有、とされる。


 ・・・以前ピックアップしたライムベリー「IDOL ILLMATIC」の"ILL"と同じ意味のようである。


 これまでは配信限定曲がメインだったが、「サクラリフレイン/Let It Out」は全国流通盤として事実上のデビュー曲となるようだ。


 先述したとおり、「サクラリフレイン」を聴く限り"ヤバくてかっこいい"は該当しないと思うが、その分「Let It Out」が補完しているイメージか。その意味では、かっこいい部分と美しく儚い部分とがうまく融合されているのだろう。


 4月からは本シングルを引っ提げたワンマンツアーが東名阪地区で開催されるらしい。


 ・・・今後楽しみな存在が、またひとつ増えたようだ(※一体どれだけあるのやらcoldsweats01)。



|
|

« 何故か、アノ方が絶賛?人生初のPV出演まで果たした!さきどり発信局「It's a Show Time!」でデビュー | トップページ | ヒールから見事に復帰?さんみゅ~「桜色プロミス」 »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/517634/69099311

この記事へのトラックバック一覧です: 花の命は短き故に、人は抒情的になるものです。WiLL「サクラリフレイン」:

« 何故か、アノ方が絶賛?人生初のPV出演まで果たした!さきどり発信局「It's a Show Time!」でデビュー | トップページ | ヒールから見事に復帰?さんみゅ~「桜色プロミス」 »