« ヲタ乱入でもNGなし・・・ってか、誰?超大物?煌めき☆アンフォレント「幻影★ギャラクティカ」(その1・PV視聴編) | トップページ | 三重県のロコドルなのに、在住者メンバーがゼロ?なんで?煌めき☆アンフォレント「幻影★ギャラクティカ」(その2・解説?編) »

さらば、現代アイドルたちよ(Vol.3)「まさかり☆Girls5」

 通常ならば、(一応の?)解散理由として「ベクトルの違い」や「メンバーの大量離脱」「事務所サイドの違法行為」等が挙げられるものだが、まさかり☆Girls5の場合、一風変わった理由である。


 "国からの予算が打ち切られたため"だという。


 一瞬、何で現代アイドルの運営と国が関連しているのか?と疑問に思うはずだ(※私もその1人である)。


 というのも、まさかり☆Girls5のプロデュースを行っていたのが、青森県だったのだ。いわば「公営」現代アイドル、嘱託?特別?地方公務員とでもすべきだろうか。従って活動費等は一部公費(※東日本大震災に伴う国の復興支援事業予算の一部を含む、約2170万円)で賄われていたのである。独自のHPは存在しないが、青森県庁公式HPに「下北PRご当地アイドル・まさかり☆Girls5の記録」として、これまでの活動経緯等が記載されている。


 ところが、国が全額を負担する復興支援事業予算が2016年度末をもって予算措置が終了したため、県が活動継続を断念した。そのうえ新たなスポンサーも見つからず、2017年3月31日付で解散に至ったのである。


 しかも、解散イベントは一般には非公開扱いだったらしい。何とも不可解な現代アイドルだ。

 とは言え、2015年10月結成時には「青森県下北地域の魅力を県内外の方々へ広く知ってもらう一歩」としての役割が与えられていたようだ。


 因みにネーミングだが「まさかり☆Girls5の記録」には、次のように記されている。

まさかり=下北半島の地形を表す単語。

メンバーが4人なのに「5」とされる理由=①5人目はファンのあなた、②下北半島は5つの市町村で構成されている、③下北半島の市外局番のすぐ後の数字が「5」、④ネーミングの"☆"の先端が「5」つである・・・事らしい。折角ならもうひとつ付加して(例:Girlsのスペリングが5文字、とか)理由も「5つ」あるとすれば面白かった、かもcoldsweats01


 県内外に広く知らしめる・・・等としながら、解散イベントが非公開というのは納得できない。ならば、上記①にある「ファンのあなた」の立場はどうなるのか?まさかファンは県職員だけだった、なんてことはないと思うが・・・。


 非公開としたのには、一部とはいえ公費が投入されているため、批判を避ける意味合いがあったのかもしれない。あるいは復興が進んでいるとはいえ、解散をアナウンスすると「心の復興」に影響を及ぼす恐れが生じかねないためか。


 大都市圏ならまだしも、地方だとクラウドファンディングでも利用しない限り、費用捻出に苦労するだろう。AKBグループみたく、巨大企業がスポンサーとして存在するなら別だが、地下ドル、ロコドルには非常に厳しい部分である。


 彼女達にとって、これがいい経験になり得るのかどうかは分からないが、仮にもロコドルとして活動できた事は、今後の人生に何らかの形で活きてくるに違いない。





|
|

« ヲタ乱入でもNGなし・・・ってか、誰?超大物?煌めき☆アンフォレント「幻影★ギャラクティカ」(その1・PV視聴編) | トップページ | 三重県のロコドルなのに、在住者メンバーがゼロ?なんで?煌めき☆アンフォレント「幻影★ギャラクティカ」(その2・解説?編) »

IDOL TRIBUTES」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/517634/70151520

この記事へのトラックバック一覧です: さらば、現代アイドルたちよ(Vol.3)「まさかり☆Girls5」:

« ヲタ乱入でもNGなし・・・ってか、誰?超大物?煌めき☆アンフォレント「幻影★ギャラクティカ」(その1・PV視聴編) | トップページ | 三重県のロコドルなのに、在住者メンバーがゼロ?なんで?煌めき☆アンフォレント「幻影★ギャラクティカ」(その2・解説?編) »