« み~んな悩んで大きくなった?J☆Dee'Z「Answer」 | トップページ | 素晴らしい!これぞロコドルの鑑!今は超ローカルでも、後々は親善大使に・・・どう?小泉花恋「パンダでダンパ」 »

解散って誰が言ったの?今こそ一致団結するのよ!フェアリーズ「Synchronized~シンクロ~」

 ブラックとゴールドを基調にしたコスチュームデザインも魅力的だが、時季的にもピンク系カラーを挿色にした方が季節感に溢れており、美しく映える。


 今更だが、私が彼女達の存在を知った「Bring My Love」のように全身全霊を傾けた(※と言うと語弊が生じるが、それは意図ところではない)パフォーマンスから、曲のリリース毎に(表現が悪いかもしれないが)手業へとシフトしている。さすがに激しいダンスのみを続けるのは体力的にも厳しいものがある。それにライブやコンサート等も熟さねばならない身にとって、いやでも汗だくになる機会はあるに違いない。


 個人的には、惜しい気もしなくはないがcoldsweats01それが業界の傾向なのかもしれない。それでも地下ドルを含む多くの現代アイドル達はまるで青春の証と言わんばかりに、ひたすら日々の活動で汗を流しているのだ。その意味では「発汗量≒活動記録」なのかもしれない。

 
 ・・・勿論、そんな事を考えて活動しているわけではないだろうがcoldsweats01

 
 前作「クロスロード」ではほぼモノクロに近い無背景のPVに何かトラブルでも生じたのか?と気になったが、今作は既述のとおり、季節感やラグジュアリー感(※・・・と言えるか微妙なところだが)が盛り込まれ、何事もなかったようにパフォーマンスを展開する彼女達である。


 多少歌声にエフェクト処理が成されているようだが、寧ろこれまでのシングル曲にはない(※私の知る限りにおいて、の話だが)かなり高音域に及ぶサビ部分本曲の最大の魅力だろう。穿った見方だが、この高音を出すには激しいダンスは避けて然るべき、と考える。


 というのも、いくらレッスンを積んだ現代アイドルと言えど能力が無限大に備わっているはずがないからだ(※但し、レッスンやトレーニング次第で個々のキャパシティが拡大する可能性はあるが)。  

 余談だが曲のタイトルから、ついオリンピック競技のそれ(正確には、シンクロナイズドスイミングである)を思い浮かべた方も多いだろうか。というか、競技以外でも普通に「シンクロする」「シンクロ」と使用される事も多くなった昨今である。


 本来は「Synchronize」という自動詞で「一致する(させる)、同時である、同調する(させる)、同期する(コンピューター用語)」等の意味がある(出典Weblio辞書)。


 これをフェアリーズに当てはめるならば、先の「クロスロード」が発売延期に至り、一時は不仲説や解散説が飛び交ったが、本曲リリースによりメンバー各人のベクトルや意識の一致、同期を図り、不穏な流れを一掃したようにも思える。


 つまり彼女達自身に「フェアリーズ」として纏まらなければならない、という自覚があらためて湧いたとでも言うべきか。今後も様々な労苦等を伴う可能性は否定できないが、この流れを維持すべく頑張って欲しいものである。




 

|
|

« み~んな悩んで大きくなった?J☆Dee'Z「Answer」 | トップページ | 素晴らしい!これぞロコドルの鑑!今は超ローカルでも、後々は親善大使に・・・どう?小泉花恋「パンダでダンパ」 »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/517634/69229514

この記事へのトラックバック一覧です: 解散って誰が言ったの?今こそ一致団結するのよ!フェアリーズ「Synchronized~シンクロ~」:

» キミらまで、一体どうしたんだ?フェアリーズ「クロスロード」 [ハイブリッド写真家の「世間を見る眼」]
 彼女達にしては珍しく?無背景、かつエフェクト無しという、あまりにもシンプルすぎ [続きを読む]

受信: 2017年3月14日 (火) 16時50分

« み~んな悩んで大きくなった?J☆Dee'Z「Answer」 | トップページ | 素晴らしい!これぞロコドルの鑑!今は超ローカルでも、後々は親善大使に・・・どう?小泉花恋「パンダでダンパ」 »