« ベアード脱退で一念発起?The Idol Formerly Known As LADYBABY「参拝!御朱印girl☆」でメジャーデビュー | トップページ | あのコロムビアが現代アイドルレーベル創設!Flower Notes「恋花」でメジャーデビュー »

IDOL TRIBUTES(Vol,50)「仁藤優子③・センチメンタルはキ・ラ・イ」~50th Anniv.for IDOL TRIBUTES~

 開始当初は、せいぜい数回でネタ切れに陥って自然消滅・・・どころか、気が付けばいつの間にか現代アイドルにスペースを割く事が急増してしまった現状ではあるがcoldsweats01曲がりなりにも、どうにか「IDOL TRIBUTES」50回の節目を迎える事ができた。ひとえに先輩ブロガーやアイドルファンの皆様の支えがあってこそ、と心から感謝申し上げたい。


 節目を迎えたのはいいが、どうししようか・・・と若干悩んだ挙句、仁藤優子の1988年2月リリースの3rdシングル「センチメンタルはキ・ラ・イ」に決定した。2年ほどブランクが空いてしまったのが大きな理由だが、何せ殆ど気まぐれにピックアップする事が多いため、フラストレーションを溜め込んでおられる一部の方々へのお詫びも兼ねているつもりだ。
  

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜


 記事内で「センチメンタル」を多用する私であっても、基本的にはあまり好きではない。しかし、どういうわけか、センチメンタルという響きに弱いというか、情に脆いとでも言おうか、自然に惹かれてしまっている。


 仁藤優子の「センチメンタルはキ・ラ・イ」JKは、これまでの白抜き背景ではなく、全体がレッドのみとなっている点を見ても、徐々に色が染まってきたであろう事を窺わせる。彼女の魅力のひとつと言える、やや大きめの瞳で見つめられると、たかがJKといえども、全てを見透かされているような錯覚に陥ってしまうのは気のせいかcoldsweats01Photo


 曲調もこれまでの明るくハイトーンのリズムとは打って変わって、少しアダルト志向にベクトルを振った曲である。歌声も既発シングル2作に比べ、少し低めで落ち着いた印象だ。


センチメンタル絡みでいえば、彼女のラストシングル「パールカラーにゆれて」のB面に「センチメンタルはロックンロール」が収録されているが、こちらは山口百恵「ロックンロール・ウィドウ」の改題カバー(※表題曲も同じくカバー曲)であり、これに比べるとまだまだアイドルらしい雰囲気は残されているように思う。


 彼女がテレビ番組等で高音が出し切れていない事もあるだろうが、「センチメンタルはキ・ラ・イ」リリース辺りから女優業をスタートさせている事から踏まえても、既に喉の不調が出始めていたのかもしれない。


 これは余談だが、本曲はカラオケに収録されていないケースが多い。果たして不調が影響したのか、あるいは暗いイメージだから省略したのか(※そんな事はまずあり得ないはずだが)、はたまたクレジットが不明確だから(※この可能性が高い?)なのか、謎である。


 私の彼女に対するイメージも、どちらかと言えば「おこりんぼの人魚」や「秋からのSummer Time」の方が強い。のところ、アニメ主題歌に起用された「そのままの君でいて」の狭間に隠れた?本曲の存在を十数年前まで知らなかったのだが・・・。


 その意味では、こじつけで恐縮だが、隠れた名曲と言えるかもしれない。


試聴可(『ゴールデン☆ベスト 仁藤優子』Track11に収録。ビルボード・ジャパンより) 
  

 
 

 

|
|

« ベアード脱退で一念発起?The Idol Formerly Known As LADYBABY「参拝!御朱印girl☆」でメジャーデビュー | トップページ | あのコロムビアが現代アイドルレーベル創設!Flower Notes「恋花」でメジャーデビュー »

IDOL TRIBUTES」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

三年ぶりの御無沙汰で、昨年の記事に投稿失礼します。
引っ越しをしたらPONY CANYONが制作した懐かしのアイドル復刻版CDアルバム「Myこれ!Lite」の「My Collection Lite 仁藤優子」が出てきて、スマホに入れて聴いてました。
お題の曲は「中一時代」のcmのbgmかと思ってましたが、同じ旺文社の「ハイトップ」のbgmでした。といってもサビの部分ではなくて前奏のみ起用。そういえば、少しでも仁藤ちゃんのお役に立てればと無理矢理ハイトップ買ったなあ~。

投稿: かずゆき | 2017年8月 7日 (月) 20時30分

かずゆき様、お久しぶりです。よくぞ当ブログを見放す事なく?メントを賜りありがとうございますm(_ _)m


 そうでした!彼女は学習雑誌の表紙にも掲載されていましたね。確かにそれだけで年齢に関係なく?十分「買い」でしたね。


 言われてみれば、私も"つちやかおり"が掲載されている雑誌等を発見次第購入していた時期がありました。表紙であろうが、グラビアだろうがお構いなしcoldsweats01何年か前にも週刊ポ〇○のグラビアで数十年びりにピックアップされていたのを見て、即買いしてしまいましたcoldsweats01まあ、当時と違って周囲を気にせず買えるようになったのは喜ぶべきかどうか・・・。


 ですから、かずゆき様のお気持ち、何となく分かる気がします。それでこそファンたる所以なんですよ。尤も仁藤優子の場合、今なら結構プレミア物もあったりするでしょうね。ある意味羨ましいですcoldsweats01


 かずゆき様、徐々に仁藤優子関連の記事は減ってくるかもしれませんが、今後もお気軽にコメントいただければと思います。

 

投稿: 傷心の少年 | 2017年8月 8日 (火) 17時57分

傷心の少年様、返信ありがとうございます。
高一くらいから、仁藤優子と並んで、歌手小川範子が好きになっていきました。
同じく歌唱力はよいですし、仁藤ちゃんの生歌は(声裏返らないでくれ!裏返らないでくれ!)スケートの浅田真央ちゃんの滑り(コケるな!コケるな!)を視ているようでハラハラものですが、小川範子は安心して聴いてられました。
たしか、クレアラシルよりも、ビフナイトを愛用したのも小川範子効果。最近の中高生は両方知らない?
小川範子よろしければお願いいたします。仁藤優子も!

投稿: かずゆき | 2017年8月 8日 (火) 19時09分

  かずゆき様、まさか当ブログにリクエストをいただけるとは思ってもいませんでした。尤も本音を言えば、そういうのを待っていた、とすべきかもしれませんがcoldsweats01

 
 小川範子だけでなく、本当は歌が上手い女優、タレントって意外に多いですよね。あえて誰とは言いませんが・・・。


 あまりここで記してしまうと中身が被りかねないので程々に留めておきますが、時期の確約等は明言できないものの、いずれはピックアップする予定ですので、気長にお待ちいただければ幸いです。


 あえてヒントめいたもの?を挙げれば、リリース時期や季節、掲載のタイミング等が合えば、すぐにでも可能かと思いますが、現在は何せネタだらけで四苦八苦している状態ですのでcoldsweats01その辺りもご配慮賜れば、と思います。


 かずゆき様、そこまで当ブログを気にかけてくださり、本当にありがとうございます。暇がありましたら、随時当ブログを覗いてみてください。もしかすると、意外なところを突いている可能性も稀にありますので、どうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m

投稿: 傷心の少年 | 2017年8月11日 (金) 14時41分

仁藤優子をYouTubeで視てましたら、島田奈美なるアイドルを発見。
すごくかわいい!歌がうまい!声の強弱がうますぎです。カメラ目線も馴れてる。
「内気なキューピッド」という歌でした。
こんなにかわいくて歌がうまいアイドルなのに、全く知りませんでした。
これからも、仁藤優子以外のアイドルさがしてみます。

投稿: かずゆき | 2017年8月22日 (火) 19時34分

 かずゆき様、ご迷惑をおかけして申し訳ありません。

 
 仁藤優子ひと筋のかずゆき様にとって、新たな発見があったようで、何よりです。島田奈美に関しても、折を見てピックアップ予定ですので、その節はよろしくお願いいたします。

 
 キュートという意味では、仁藤優子や小川範子に引けを取らない存在だと思います。確か彼女の現役当時は中学生~高校生ぐらいだったかな。


 ともあれ、今暫くお待ちいただければ幸いです。と言いつつ、コアなところを突く可能性も無きにしも非ず、というところでしょうかcoldsweats01


投稿: 傷心の少年 | 2017年8月23日 (水) 09時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/517634/68236770

この記事へのトラックバック一覧です: IDOL TRIBUTES(Vol,50)「仁藤優子③・センチメンタルはキ・ラ・イ」~50th Anniv.for IDOL TRIBUTES~:

« ベアード脱退で一念発起?The Idol Formerly Known As LADYBABY「参拝!御朱印girl☆」でメジャーデビュー | トップページ | あのコロムビアが現代アイドルレーベル創設!Flower Notes「恋花」でメジャーデビュー »