« これぞ、ホンモノのネコ型アイドル、なのか?なめんなよ原宿 | トップページ | 一陽来復、平成弐拾九年之節(重大決断切迫之段)。 »

あんだもバスに乗っち、北九州にいらっしゃ~い!愛◆Dream「バスに乗って」

 ネット上では早くから流れてはいたが、あらためて「宣告」されるとロス現象に陥ってしまう。


 2016年12月24日に関西圏でオンエアされた「ローカル路線バス乗り継ぎの旅・特別編」のラストで太川陽介、蛭子能収両名が当番組企画を2017年1月2日の放送をもって卒業する、と宣言した事だ。この2人の掛け合いがあってこそのローカル路線バスの旅であり、他のメンバーではなかなか得難い独特の面白さを表現できるところを忘れてはいないか。

 とは言え、半永久的に・・・というのはいくら何でも無理な話であり、遅かれ早かれ"エックス・ディ"が到来すると分かっていながらも、実際にその日が来るとやはりショックは計り知れないものがある。


 まずは最終編を成功してもらうのが先決ではあるが、果たして後継者はどうなるのか、特別編出演者がそのまま継承するのかは視聴者側には分からない。テレビ東京にはその辺りも踏まえ、慎重な人選?を願いたいものである。


 ・・・以上、当番組ファンの1人のささやかなる呟き?であるcoldsweats01

 ・・・本編に戻ろう。


 タイトルがタイトルだけに、彼女達のコスチュームデザインがどことなくバスガイド風にも思えなくもない。尤も、バスガイドが肩を露出したユニフォームを纏うはずはなかろうがcoldsweats01


 愛と夢を重ね合わせたネーミングはアイドルに相応しいものだが、公式HPによると「北九州を中心に様々なイベント出演やライブ活動、メディア出演を通じて北九州を盛り上げ、元気と笑顔をお届けし、地域の皆さんから愛される存在になりたい」とある。「FM KITAQ発」とされているのは、同局の番組企画やオーディション番組等がきっかけで誕生した、という事か(※この部分に関する、詳細の記載は見当たらない)。

 

 いずれにせよ、北九州市のロコドルに変わりはない。


 デビューは2013年9月とされるが(※出典:I♡ふるさと起業祭八幡2015『北九州のご当地アイドル 愛◆Dream(※注)』)、「バスに乗って」がデビュー曲となる。因みに同曲は、西鉄バス北九州のイメージソングになっているという。


 九州、特に福岡市、北九州市付近は現代アイドル達が鎬を削る激戦地だ。その中でもメジャーどころに負けず劣らずの実績を残しているのは素晴らしい。たとえLinQが九州を離れるとしても、強者揃いの状況は続くが「地域の皆さんに愛される存在」を前面に押し出し、焦らずに頑張って欲しいと思う。

 

 ・・・何故なら、それこそ「ロコドル」の神髄に他ならないからだ。



(※注):正式表記は◇の中に小さな♡がインサートされる。


|
|

« これぞ、ホンモノのネコ型アイドル、なのか?なめんなよ原宿 | トップページ | 一陽来復、平成弐拾九年之節(重大決断切迫之段)。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/517634/68691664

この記事へのトラックバック一覧です: あんだもバスに乗っち、北九州にいらっしゃ~い!愛◆Dream「バスに乗って」:

« これぞ、ホンモノのネコ型アイドル、なのか?なめんなよ原宿 | トップページ | 一陽来復、平成弐拾九年之節(重大決断切迫之段)。 »