« フフフ・・・そこまで言うなら、アナタから呪ってさしあげますわ。覚悟はよろしくて?じゅじゅ「ノロイハジメ」 | トップページ | 関西で知らない人はいない?ロコドルならぬロコバ・・・?ハンバーガールZ「行くぜっ!淡路島ハンバーガールZ」 »

IDOL TRIBUTES(Vol.49)「山本理沙②・11月の夏」

 今年も10月に入っても真夏日を記録するという、異常気象が相次いだ。台風も立て続けに上陸し、梅雨と台風には縁がないと言われてきた北海道にも多大な被害を与えたのも記憶に新しい。その北海道では早くも積雪を観測したらしいが、近畿地方でも氷ノ山(兵庫県)で昨年よりも20日以上早い初冠雪を記録したという。普通に考えれば、11月は晩秋から初冬を迎える時期ではあるが、紅葉狩りを一気に飛ばして冬に向かっているようにも思え、季節感があるのかないのか、混乱をきたしそうだ。

 

 そこへ来て「11月の夏」である。ふと数年前、まるでタイトルを先取りするかのように11月頃まで暑さが続き、秋らしい雰囲気を微塵にも感じられなかった事を思い出す。その際、一応衣更えの準備はしていたものの、いつまで経っても体中の汗が引く事なく、結局は夏物を引っ張り出してしまう始末であった。

Risa_yamamoto

 本題に戻そう。今回は山本理沙のデビュー曲だが、リリースも1985年11月21日とタイトルに合わせている。JKは彼女のアップを 捉えているが、いかにも新人らしくキュートで爽やかな印象だ。「夏」にしては真夏のようなギラギラしたイメージや寂しさが募る晩夏のイメージもない。秋でもなければ冬でもないゆえの「11月」なのか。


試聴可(CD『You're In+12 コンプリート・コレクション』収録<Disc1/Track9>。~ビルボード・ジャパンより)


 それにしても、デビュー当時から既に歌声はかなり完成度が高かった事にあらためて驚かさせる(彼女が歌手である事を知ったのは、先の記事のとおり『恋す素敵』だった)。歌唱中のアクションは他の人気アイドルらに比べると地味な印象だが、その分聴かせる歌声で満足できるだろう。逆に言えば、これだけの実力を備えていながら歌手活動は知る人ぞ知る的な扱いになっているのが、今を思えば不思議である。

 

 もう少し付加するなら、実力や人気が彼女を遥かに上回る?存在があったため、なのか。ライバルが冠番組で毎夕登場したり、ゴールデンタイムのドラマに主演したり・・・では脇役メインの彼女にとっては不利だったのかもしれない。

 
 たとえ脇役メインであっても、彼女の名前と顔をしっかり認識できる限り、決して彼女を忘れる事はないだろう。

 
 本曲のラスト付近に「悲しんだ分だけ、夏より熱い(暑い?)冬が・・・」というフレーズがあるが、私にとっても10月から続いた残暑は、数年前と同様に今なお続いているようである。

 
 服装こそ秋冬の出で立ちだが、心は真夏に近い・・・?


 その先は言うまでもないと思うがcoldsweats01

                    
                   (Credit:作詞/麻生圭子、作曲/都志見隆、編曲/新川博)



☆お断り:前回同様、記事内容はオリジナルですが、リリース年月、クレジットといった基本データに関しては
ファンサイト「山本理沙メモリーズ」を参照、引用しました。この場をお借りして、あらためて管理者様へ厚く御礼申し上げます。


 
 

|
|

« フフフ・・・そこまで言うなら、アナタから呪ってさしあげますわ。覚悟はよろしくて?じゅじゅ「ノロイハジメ」 | トップページ | 関西で知らない人はいない?ロコドルならぬロコバ・・・?ハンバーガールZ「行くぜっ!淡路島ハンバーガールZ」 »

IDOL TRIBUTES」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

山本理沙ちゃん、歌手デビュー前にスクールウォーズの2代目マネージャーで出演してたんですね。なるほど学園ドラマはお手のものだったか。
さて、初代マネージャーのヨシリンのお姉さんは、本日11月12日が誕生日。
普段かかりにくい曲を、ラジオ局にリクってみては。
それと、昭和40年男にインタビューされているので、書店にもお出かけあれ。
http://www.crete.co.jp/s40otoko/vol_040/

投稿: ギムリン | 2016年11月12日 (土) 16時52分

 ギムリン様、いつもありがとうございます。

 そう、私も知らなかったんです。ドラマの方が先だった事を。とは言うものの、彼女が歌手である事を認識したのは「恋する素敵」からだったので、気付くのが遅すぎなんですがcoldsweats01記事にもあるとおり、ファンサイトのおかげで完全に忘れかけていた(既に忘れ去ってしまった、か?)事を徐々に思い出しては、記している次第です。


 そして「昭和40年男」、以前から気になる特集もありましたが、今回はネタにできそうな内容ですね。御姉様も勿論ですが、作家陣にスポットを当てているのは気になりますね。この勢いで80年代アイドル特集なんかもお願いしたいですね。勿論、聖子・明菜といったトップアイドルではなくて・・・?

 ギムリン様、出版社に投書しましょうかcoldsweats01

投稿: 傷心の少年 | 2016年11月14日 (月) 19時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/517634/68205940

この記事へのトラックバック一覧です: IDOL TRIBUTES(Vol.49)「山本理沙②・11月の夏」:

» )IDOL TRIBUTES(Vol.42)「山本理沙①・恋する素敵」 [ハイブリッド写真家の「世間を見る眼」]
 どちらかと言えば、ドラマの脇役やグラドルのイメージが強かった山本理沙だが、意外 [続きを読む]

受信: 2016年11月 8日 (火) 15時07分

« フフフ・・・そこまで言うなら、アナタから呪ってさしあげますわ。覚悟はよろしくて?じゅじゅ「ノロイハジメ」 | トップページ | 関西で知らない人はいない?ロコドルならぬロコバ・・・?ハンバーガールZ「行くぜっ!淡路島ハンバーガールZ」 »