« コッチの方がアイドルらしくね?Chu Chu Cream(From バンドじゃないもん!)「アイスクリームになりたいの♡」 | トップページ | 決して自虐ネタではありません!マジなんです!グラドル文化祭「全力!フリーガール」 »

キミらもカバーに奔るのか?カントリーガールズ「涙のリクエスト」

 「いやいや、そういうネタをピックアップする側にも問題アリだろ?」


 そういう周囲の声は中らずと雖も遠からず、である。一方、ヒット当時をリアルに知っている身としては、つい引っかかってしまう一種の撒餌のようなものかもしれないcoldsweats01


 ・・・言い訳はさておき、何故彼女達がよりによってチェッカーズのヒット曲を歌う事になったのか?


 よくあるケースは所属レーベルや事務所が同じ、というパターンだが、チェッカーズがアップフロントに在籍した形跡などあるiはずもない。


 原曲リリース、あるいはチェッカーズデビューから30年以上が経過したから?


 仮にチェッカーズの最大ヒット曲に拘るのであれば「ジュリアに傷心」でもいいはずだ。更にデビュー曲「ギザギザハートの子守唄」は彼らの代表曲だが、意外にこれまでカバーされているケースが多いようだ。ゆえに♪な~み~だ~の・・・、なのか?

 
 真相はもっと深く、表に出ない人間性にまで入り込むところに初めて存在するのかもしれない。


 とは言え、カントリーガールズも"オリジナルソングで進むべきである。"も"としたのは、彼女達だけでなく、一部を除く現代アイドル達に言える事だからだ。

 
 確かにCDが売れない等、業界不況から少しでも抜け出すために考えられた「カバー現象」なのかもしれないが、一時的に注目されても後が続かない可能性がある。表現が不適切だが「一発屋」に陥りかねない。それに理由はともかく、ハロプロ系現代アイドルが解散、活動休止する報せは後を絶たない。


 しかし、その逆は考えられなくもない。カバー曲を通して新規ファン獲得も十分可能ではある。問題はどこまで数字が出せるのか、であろう。


 ・・・カントリーガールズまでも連鎖反応を起こさないよう、心から祈りたい。

 あらためて本曲PVを視聴する。


 冒頭からメンバー各人が涙を流すシーンは、曲を忠実に再現するためとは言え、導入口としては評価したい。フェイク・ティアの可能性は大きいが・・・。

 
 ハロプロ系現代アイドルらしく、明るく元気なパフォーマンスを展開してくれるのはいいのだが、今ひとつ納得できかねるのは何故なのだろう?


 メンバー構成が女性のみだから・・・というのは決してデメリットにはならないと個人的に考える。逆に女性らしさというか、フェミニズムを強調できると同時に、オリジナル・プラスαにより違った魅力を発信できるのではないか。

 
 個人的には両A面曲「どうだっていいの」のコスチュームデザインの方が相応しく思える。あくまで感覚の問題かもしれないが「涙のリクエスト」で弱い自分を見せないため、あえて曲に合わせて踊り狂うイメージにピッタリに思えるのだ。


 あるいは「涙のリクエスト」から「どうだっていいの」へ続くフローは、予め仕組まれたアングルなのかもしれない。いわば前者が男性版、後者が女性版「ハートブレイク対処法」か。

 
 経年変化もあるだろうが、女性の方が有事の際、秘められたタフな精神を即座に発揮できるものか・・・などと考えてしまう。女性強しとは、正にこの事か。

 
 されど、本題の解決には至っていない。もう少し時間がかかりそうだ。
 

|
|

« コッチの方がアイドルらしくね?Chu Chu Cream(From バンドじゃないもん!)「アイスクリームになりたいの♡」 | トップページ | 決して自虐ネタではありません!マジなんです!グラドル文化祭「全力!フリーガール」 »

IDOL TRIBUTES」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

アップフロントのアイドルは、森高姐さんはじめ、カバー曲は通常メニューとしてこなしているとおもいますし、つんく♂さんが昭和アイドル曲リスペクト派だと思うので、違和感はないと思いますが。
選曲については、総監督?の里田まいさんが、現在米国住まいなんで、アメリカンPOPぽいものを好んだとかはないかしらん(謎)。
べたな選曲ならば、谷山浩子さんをカバーする手もあったかもしれませんが(汗)。カップリング曲は、俺は田舎のプレスリー♪のアンサーソングだったりして(嘘)。
というか、ちょっと油断しているうちに、ももちがBerryz工房からカントリー娘に移籍していたんですにゃ。

投稿: ギムリン | 2016年10月 7日 (金) 04時39分

 ギムリン様、いつもありがとうございます。

 最近、現代アイドルの曲に"リバイバル"が再興しているような傾向が見受けられる事によるレスと思っていただければ幸いです。


 ハロプロ系に関して言えば、ギムリン様の仰るように以前からその傾向にあったため、特段ツッコミを入れたくなる・・・わけでもなく、単純に何故この曲なのか?という疑問が湧き、それを個人的意見として投げかけているつもりです。


 例えば、アイドルネッサンスであれば、原則同じ所属レーベルのアーティスト、つまり先輩の曲をリスペクト等の想いを込めているのが一目瞭然ですが、他の現代アイドル達がリスペクトやトリビュートは同じであっても、レーベルまでも同じというわけでもないでしょうから、そこが謎と言えば謎ではあります。


 思い切ってBerryz工房の曲を・・・ってのもアリでしょうが、それでは単なる延長線上としか見られない可能性もあったりで、なかなか選曲に苦しむところです。


 とは言え、思わず目が行く、一度は聴いてみようというアクションを起こすきっかけになるのは確かですね。問題はそのアクションの効果として、ファン増加等に繋げられるかどうか・・・。

投稿: 傷心の少年 | 2016年10月 8日 (土) 16時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/517634/67720494

この記事へのトラックバック一覧です: キミらもカバーに奔るのか?カントリーガールズ「涙のリクエスト」:

« コッチの方がアイドルらしくね?Chu Chu Cream(From バンドじゃないもん!)「アイスクリームになりたいの♡」 | トップページ | 決して自虐ネタではありません!マジなんです!グラドル文化祭「全力!フリーガール」 »