« "ポケモン"もいいけど"ドリモン"も、ネッ!DREAMING MONSTER「ジャパニーズフォーシーズン!」 | トップページ | あら、普通の現代アイドルになっちゃった?エレクトリックリボン「アイライン」 »

全部"シノハラ"にマカセナサ~い!シノバニ「おんなのこ☆おとこのこ」

  念のため付加しておくが、決して新・御三家の1人である"超有名スター"の若き頃のヒット曲のカバーではない(※度々、回りくどい表現で失礼coldsweats01)。


 私自身、篠原ともえの姿を最後に観たのは、朝の子供番組だったか。しかし、気付いた時には既に終了後数年が経過していた。

 
 習慣とは実に恐ろしいもので、特別彼女のファンというわけではないが、いつも明るくにこやかにアクションし続ける彼女を見ていると、毎朝彼女の姿を1度は観ておかなければ・・・という気にさせてくれた、ある意味「朝のアイドル」的存在だった。朝のニュースワイド番組の女性キャスターを観て・・・という感覚に近いだろうか。


 それ以後、彼女の姿に触れる機会は完全に途絶えていたのだが、今年(2016年)の春先だったか、某局の旅番組に出演する彼女の姿を久々に観た時は、懐かしい気持ちと今も頑張っているんだ、という喜びのような感情が入り混じっていたのを記憶している。さすがに子供番組に出演していた頃みたく?賑やかな雰囲気は無くなっていたが、全体的には当時のまま?大人に成長したような印象だった。

 
 そんな彼女がバニラビーンズとユニットを組んで、曲まで出そうとは思わなかった。
 

 そもそも「ソノバニ」というのは某局配信限定番組で、バニラビーンズと篠原ともえが共演したところに端を発するらしい。同番組内でユニットを組んで・・・という話に至ったのかどうかは分からないが、篠原の完全プロデュースによるものであるのは確かなようだ’(ゆえにセンターポジションなのか?)。若干"バニビ"が引き気味っぽく見えるのは、彼女に遠慮しているためなのか(多分気のせいと思うがcoldsweats01)?


 考えてみれば、これまで(私の知らない期間も含めて)様々なユニットを組んでの音楽活動のみならず、今回同様にプロデュースであったり、楽曲提供等を熟してきた篠原の姿は"バニビ"にすればある意味偉大であり、たとえ篠原自身が尊大な態度をとらないとしても、畏れ多い存在に映るかもしれない。

 更に加えるなら、これまでの"バニビ"PVのような何らかのストーリー展開が今作にはなく、純粋に歌う姿を見せるスタイルに変化しているようだ。これも篠原流なのだろうか。

 

 ならば、メジャー再デビューを果たした"バニビ"人気再浮上のカンフル剤としての篠原の役割は、決して小さくないはずだ。果たして、どうなるのやら・・・?

|
|

« "ポケモン"もいいけど"ドリモン"も、ネッ!DREAMING MONSTER「ジャパニーズフォーシーズン!」 | トップページ | あら、普通の現代アイドルになっちゃった?エレクトリックリボン「アイライン」 »

IDOL TRIBUTES」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/517634/66823564

この記事へのトラックバック一覧です: 全部"シノハラ"にマカセナサ~い!シノバニ「おんなのこ☆おとこのこ」:

« "ポケモン"もいいけど"ドリモン"も、ネッ!DREAMING MONSTER「ジャパニーズフォーシーズン!」 | トップページ | あら、普通の現代アイドルになっちゃった?エレクトリックリボン「アイライン」 »