« 僕の気持ちなんて理解できないだろうな・・・、東京女子流「深海」 | トップページ | 見かけからは想像できないんだけど・・・?loop「進め!ホープ!」 »

ここまでやられると、逆に潔い?ピンクベイビーズ「渚のシンドバッド」

 嘗てキャンディーズ・トリビュート・ユニット「バンディーズ」が存在していた。伝説のアイドルグループをトリビュート、とする以上、メンバーは3人で、キャンディーズの曲のみを 歌い続けていた。さすがに球場を貸し切って・・・は無理だったが、4年前に解散コンサートも行うほどの徹底ぶりは、トリビュートの域を超えていたように思う。


 キャンディーズ・トリビュートが存在したなら・・・と思われた方へ、朗報?である。ピンクベイビーズは、同じく伝説のアイドルデュオ「ピンクレディー」の曲のみを歌い、アクションをも継承する現代アイドルユニットなのだ。


 但し、現代アイドルらしく?人数は2人に留まらない。総勢10人の大所帯である。誰がミーで誰がケイで・・・なんて言っている場合ではないcoldsweats01何せピンクレディーを手掛けた作曲家・都倉俊一氏による国境を超えたアーティスト育成プログラム「パン・パシフィックプロジェクト」の第1弾アーティストこそ、ピンクベイビーズなのである。


 また、踊りを継承といっても部分的に当時の振付を採り入れてはいるが、殆どはピンクベイビーズのオリジナルのようだ。折角なら当時の振付を・・・と言いたくもなるが、大御所が手がける大々的な育成プロジェクトだけに、単なるコピーでは終わらせたくないのだろう。
 

 個人的には、トリビュートやコピーのみで活動する事にはあまり賛同しないのだが、バンディーズやピンクベイビーズのような存在を見ていると、逆に潔く思えてくる。但し、曲数は限られているので、遅かれ早かれ終焉の時が訪れるはずだ。


 バンディーズの場合は、堂々と解散コンサートを催したが、ピンクベイビーズはどうなるのか?流れ的にいけば解散コンサートの後、再結成という事になるだろうが、先述のとおりアーティスト育成プロジェクト遂行にあたって、御本家と同じ事をしても所詮真似にしかすぎないのだろうか。


 ならば、何もピンクレディーの曲だけに限らず、完全オリジナルソングで勝負すべき、とも思えるが、ともあれ単なる「ベイビー」止まりで終わらない事を期待したい。




 

 

|
|

« 僕の気持ちなんて理解できないだろうな・・・、東京女子流「深海」 | トップページ | 見かけからは想像できないんだけど・・・?loop「進め!ホープ!」 »

IDOL TRIBUTES」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

ついにピンク・ベイビーズに来ましたね。
まあ、元々2013年のオーディションの時点で、
ピンク・レディーの楽曲を継承するという目的でしたから、オリジナルをやるかどうかはわかりませんね。

http://getnews.jp/archives/659358

初年のライブから、B面曲もカバーしているので、本気度は強いと思いますが、当初の14人から10人に減ってからメジャーデビューというのも、よくわからん戦略ではあります。

さて、ピンレディーのスタ誕先輩の、岩崎宏美さんは今夜9/24はミュージック・フェアに登場。妹の良美さんとは、深夜1;ooのKiss-FMの「Legend」にゲスト出演です。
http://www.kiss-fm.co.jp/timetable/

投稿: ギムリン | 2016年9月24日 (土) 15時37分

 ギムリン様、ご存じだったんですか!実を言うと昨年だったか、記事アップ予定だったのですが、シングルのみならず動画サイトで「やってみたシリーズ」も展開しており、それもピンクディーですから、何が何やら混乱してしまい、記事化を見送ったのです。今回は偶然のタイミングでしたが、まさか本記事を何者かにツイートされてアクセスが集中しようとは夢にも思いませんでした。それだけピンクベイビーズが注目されている証拠とも言えますが、ホントはバンディーズだったりしてcoldsweats01


 本文に記したように、何といっても大物が率いるプロジェクトですから、単なるトリビュートやレトロスペクティブだけではないはずですが、視る側・・・特にリアルにピンクレディーが活躍した時代を知る者としては、明らかに顔ぶれが異なるにもかかわらず、どうしてもその感覚から抜けきれない部分もあると思います。今後はそこをどうやって払拭するかにかかってくるようにも思えます。

 ・・・って「継承」と明言してしまっている彼女達なんですけどねcoldsweats01


 え、御姉様、MFに出てたんですか?完全ノーマークでした・・・残念!


投稿: 傷心の少年 | 2016年9月25日 (日) 14時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/517634/67490442

この記事へのトラックバック一覧です: ここまでやられると、逆に潔い?ピンクベイビーズ「渚のシンドバッド」:

» 「エイプリル・フールじゃありません!私達も普通の女の子に戻ります」4月4日でさよなら!御本家公認?アイドル?"バンディーズ"・・・って何? [ハイブリッド写真家の「世間を見る眼」]
 毎年多くのアーティスト達がデヴューする一方、様々な事情で解散してしまうのも少な [続きを読む]

受信: 2016年9月20日 (火) 19時44分

« 僕の気持ちなんて理解できないだろうな・・・、東京女子流「深海」 | トップページ | 見かけからは想像できないんだけど・・・?loop「進め!ホープ!」 »