« 集団アイドルからソロへ!オマエら、待ってろよ!全国へ突撃~っ?空野青空「キラキラアオゾラ」でソロデビュー | トップページ | キミらも原点回帰?ひめきゅんフルーツ缶「伊予魂乙女節」 »

IDOL TRIBUTES(Vol.45)「南野陽子②・さよなら、夏のリセ」

  今回ピックアップするのは、南野陽子のデビューシングル「恥ずかしすぎて」のB面曲である。しかもリリース日は彼女の誕生日(6月23日)だったらしいが、B面曲ゆえか、既存ファンを除き、あまり高評価されていなかったようだ。

 
 なのに、私が本曲をどうやって知ったのか、と思い起こすと、今は無き「Yahoo!ミュージック」でストリーミングとして流れていたのを聴いたからだった。

 
 聴き始めた当初は、何となく悲しく、物寂しいイメージのみが先行していたが、随分後になって、ようやく本曲の良さが分かったような気がしている。

 
 詞や曲調はいいのも勿論だが、最たるところは彼女の歌声によるものではないかと思う。表現が悪いかもしれないが、朴訥に思える?歌い方がいかにも当時の新人アイドルらしい彼女の魅力であり、同時に聴く側の感情移入を誘うのだ。この味は他のアイドル歌手にも出せそうに思えるが、物真似的に行うならともかく、通常ならまず不可能だろう。

 
 ・・・実は、本曲を聴く度に思っていた事がある。

 
 それは「リセ」という名の少女との出逢いと別れが本曲のモティーフとして展開するものとばかり思い込んでいたのだが、実はそうではないようなのだ。 

 
 フランスでは、日本の高校にあたる教育機関が「リセ」のようである。歌詞(出典:歌ネット)をよく見るとまるでひと夏の思い出を丁寧に取り上げ(と言っても、比較的少なめの表現に留められている)、2度と帰らないこの日を忘れない、そしてあなたと出逢えた事も・・・といったもののようである


 端的に言えば、学生生活最後の夏の想い出を胸に刻んでおく、という事なのだろう。


 だが、何故「リセ」なのか?


 ストレートに「高校」「高等学校」等と記したところで、詞的に捉えると確かに素っ気ないフレーズに感じるかもしれない(現代はその逆をいくだろうが)。ならば「ハイスクール」とか、あるいは単に「スクール」でも良かったのでは?と思えなくもない。

 
 ただ「リセ」以上にシンプル、かつ語呂や歯切れの良いワードは、わが国はもとより他国にも無いだろう。「塾」も比較的短いフレーズだが、明らかにイメージは異なってしまう。康珍化氏(作詞者、作曲は都倉俊一氏)かフランス好きなのか否かはともかく、様々な表現を求めた結果、「リセ」に至ったものと推測できる。

 
 夏の終わりをモティーフにする曲は数あれど、B面ソングとは言え、忘れてはならないマスト・ソングではなかろうか。

 


試聴可(南野陽子 ナンノ・ボックス完全生産限定盤Disk-11/Track-1に収録~ソニーミュージックショップ・オーダーメイド・ファクトリーより)。







|
|

« 集団アイドルからソロへ!オマエら、待ってろよ!全国へ突撃~っ?空野青空「キラキラアオゾラ」でソロデビュー | トップページ | キミらも原点回帰?ひめきゅんフルーツ缶「伊予魂乙女節」 »

IDOL TRIBUTES」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

どうも、先週の投稿がうまくいかなかったみたいで、再挑戦。

ナンノのデビュー年は、岩崎良美さん、三田寛子さんの末妹役で、ミュージカル「リトル ウィミン」に出演したわけでして、もしかしたら、ヨシリンからフランス良い処、一度はおいで、みたいなうんちくを聞かせれてたりして(謎)。

実は、ヒロリンの'88年のアルバム『Me too』の10曲目にも、「さよなら夏のリサ」という曲が入っており、晩夏から初秋にかけてのアンニュイな気持ちを表現したりしております。
試聴は、下記のサイトでトライ。
http://meg-cd.jp/products/detail.php?product_id=5345&s=

ヨシリンも、ニューアルバム発売ですが、インディーズなので、街中のCDショップでは買えず、公式サイトか、コンサート会場での手売りのようです。
10/7の大阪NHKホールは、まだ満席じゃないようですが、トライされますか?

http://iwasakiyoshimi.com/

http://www.hiroring.com/pg1366.html

投稿: ギムリン | 2016年9月21日 (水) 21時43分

 ギムリン様、いつもありがとうございます。

 どういうわけか「夏のリセ」とタイトルにインサートされた曲は結構多いみたいですね。何も知らなかった当初は、てっきり南野陽子の曲をカバーしているものと思い込んでおりましたcoldsweats01「御姉様」も歌っておられたんですね。リンク等ありがとうございます。多少?タイトルに気遣いがあったようですが、昼下がりにラジオから流れていたら、時間が過ぎるのを忘れてまったりできそうな雰囲気がいいですね。


 そうですよ!ヨシリンが久々のアルバムをリリースしたんですよ!当ブログでも紹介したかったんですが、いかんせん試聴すらできないのが惜しいところではあります。


 またギムリン様のお仰るとおり、必死に探しても見当たらず、よく見たら通販&会場手売限定というのは致し方ないと言ってしまえばそれまでなのですが、何とかして欲しいですね。せめてタ〇レコにでも置いてくれたら嬉しいんですが・・・。


 10月のコンサートか・・・今回も多分無理ですね。毎回様々な情報提をいただいているにも関わらずギムリン様、申し訳ありませんm(_ _)m


投稿: 傷心の少年 | 2016年9月22日 (木) 16時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/517634/66406710

この記事へのトラックバック一覧です: IDOL TRIBUTES(Vol.45)「南野陽子②・さよなら、夏のリセ」:

» IDOL TRIBUTES(Vol.33)「南野陽子①・秋のIndication」 [ハイブリッド写真家の「世間を見る眼」]
 残暑が11月頃まで続いた数年前ほどではないが、今年も未だ残暑続きだ。秋の兆候が [続きを読む]

受信: 2016年9月11日 (日) 15時44分

« 集団アイドルからソロへ!オマエら、待ってろよ!全国へ突撃~っ?空野青空「キラキラアオゾラ」でソロデビュー | トップページ | キミらも原点回帰?ひめきゅんフルーツ缶「伊予魂乙女節」 »