« ホントにビーチを裸足で歩けた?乃木坂46「裸足でSummer」 | トップページ | 「みんな、ありがとう!」そう言いながら、彼女は空の彼方へと消え去った・・・保坂主乃「空をかける少女」 »

)IDOL TRIBUTES(Vol.42)「山本理沙①・恋する素敵」

 どちらかと言えば、ドラマの脇役やグラドルのイメージが強かった山本理沙だが、意外に?歌手デビューを果たしていた事は余程のファンでもない限り、知る人は少ないように思う。


 それを実感したのが、ロート製薬のCMソングに起用された、1986年7月リリースとなる3rdシングル「恋する素敵」(作詞:森雪之丞/作曲:井上大輔/編曲:中村哲)である。当初、別の新人歌手が歌っていたのだろう・・・等と勝手に思い込んでいたため、あらためてクレジットを確認した時に驚いた記憶がある。

Risa_yamamoto
 当時の年齢的な部分やルックスの影響か、ドラマではセーラー服を纏う事が多かったように感じるが、その印象から「恋する素敵」の歌声は全く想像できない。ましてや、男性週刊誌等の水着姿から、彼女が歌手であるなどと認識でき得るはずもない。


試聴可(オリジナルはアルバム収録なし。2016年2月リリースのコンプリートアルバム『You're In+12』ディスク2・トラック4に収録~ビルボード・ジャパンより)

 あくまで個人的感覚で記すなら、非常に深みがあり、低音域に強そうに思えるものの、高音部にもしっかり対応し、実に余裕のある伸びやかな歌声という印象だ。表現が悪いかもしれないが、見かけとは裏腹に、本格派としても十分通用するポテンシャルを秘めている(と言うより、既に如何なく実力を発揮していたはず)。


 また本曲のテンポも明るく、彼女の余裕のある歌声と相まって、1度聴くと忘れられない、実に素敵な構成に思える。聴いていると自然に気分が高揚してくるのは、楽曲にも、そして彼女にもそれだけのパワーが秘められているからに相違ないだろう。


 ただひとつ、ウィークポイントを挙げるとしたら、TV番組に出演して歌う彼女の姿の記憶が薄い事か。本当は見たけれど、年月と共に記憶の底に埋められてしまっているだけ、なのかもしれない(記憶力がない、と嘲笑する勿れcoldsweats01)。いや、それ以上にドラマやグラビアの印象があまりにも強すぎた、という方が多いのではなかろうか。


 ともあれ、ある程度の印象が残っているにもかかわらず、これほどマルチに活躍する彼女のファンに何故ならなかったのか、と今更ながら悔恨の念に駆られてしまう。同時に、いつの間にかフェードアウトしてしまっていた事が、実に惜しい。まして彼女は大阪出身だという。それを知った瞬間、妙に親近感が湧いたのは私だけ?



 ・・・これを良い機会に、今後も山本理沙を私的にトリビュートしたいと考える。



☆お断り:本内容はオリジナルですが、リリース年月、クレジット、出身地といった基本データに関してはファンサイト「山本理沙メモリーズ」を参照、引用しました。この場をお借りして、管理者様へ厚く御礼申し上げます。






 

|
|

« ホントにビーチを裸足で歩けた?乃木坂46「裸足でSummer」 | トップページ | 「みんな、ありがとう!」そう言いながら、彼女は空の彼方へと消え去った・・・保坂主乃「空をかける少女」 »

IDOL TRIBUTES」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/517634/65310877

この記事へのトラックバック一覧です: )IDOL TRIBUTES(Vol.42)「山本理沙①・恋する素敵」:

« ホントにビーチを裸足で歩けた?乃木坂46「裸足でSummer」 | トップページ | 「みんな、ありがとう!」そう言いながら、彼女は空の彼方へと消え去った・・・保坂主乃「空をかける少女」 »