« 今夏限定?緊急合体の真意はいかに?志田サマー新井サマー「灼熱サマー ~SUMMER KING & SUMMER QUEEN」 | トップページ | ようやく?富士フィルムも4K時代に突入!連写速度アップ&更なるAF進化等で追撃!富士フィルム、新型ミラーレス一眼「X-T2」9月リリース予定 »

IDOL TRIBUTES(Vol.40)「スターボー」

 実を言うと"彼ら"が音楽番組で歌っているシーンを、私はあまり見た記憶がない。


 ただ、何故かCMの記憶は鮮明だ。にもかかわらず、これだけ見ても何のCMなのか、果たしてスターボーが何なのか、あまりにも情報量不足で疑問だけが残される、後味の悪い状態である。ラストにレコード会社名が出ているので、かろうじて歌手であろう事は推測できなくもないが、間違っても?ここから"惑星スターボーからやって来た宇宙三銃士"に到底結びつかず、結局頭の中でモヤモヤした想いはどうしても残ってしまう。


 当時は現代のように情報網が発達していなかった事が幸いして?、謎が謎を呼ぶ摩訶不思議な存在となったのは確かであろう。

 
 そう考えると、このアプローチは成功と言える。逆に言えば、これほど奇妙なギ〇ックを持つアイドルは、後にも先にも非常に稀有な存在ではないだろうか。


 いや、考え様によっては現代アイドルが様々なギ〇ックを付して登場するのは、スターボーあっての事とも考えられなくもない。時代が違うと言えばそれまでだが、現にあらゆるギ〇ック(中には突拍子もないのも存在するがcoldsweats01少なくともスターボーよりは裏付けが整っているだろう)を駆使して活動に勤しんでいる現代アイドルが数多のごとく存在するのが、何よりの証拠にはならないか。


 表現が悪いかもしれないが、その意味では現代アイドルにとってスターボーは神のような存在になり得るはずだ。同時に相前後して、俗に言う「80年代アイドル」達が台頭していく中、徐々にスターボーの存在感が薄れてしまったのも事実だろう。


 ・・・せめて10年?20年ほど登場が遅れていれば、当時以上の注目を浴びた、のかもしれない。

 
 単純に考えれば「太陽族」が失恋したゆえのタイトルなのだろうが「太陽族」は本曲リリースよりも約30年も前に流行したトレンドである。または「太陽族≒宇宙人」と想定していた可能性もあるが、もしかすると本曲で「太陽族」を復活させようという秘かな?狙いがあったのだろうか。


 しかし、歌詞(※出典:ジョイサウンド,com)を見ても「太陽族」というワードは一切出てこない。あえて"らしい"表現を探すと「ギラギラ夕陽が・・・」とか「・・・暑いぜ太陽の季節」等が該当するのだろうか。i折角「宇宙三銃士ギ〇ック」で攻めるならば、いかにも"宇宙人らしい?"内容に踏み込むべきだったように思う。
Photo


 とは言っても、当時連想された宇宙人スタイルはシルバー、若しくはブラックのタイツ?を纏ったり、触角(アンテナ?)を頭部に付けるくらいで現代からすればチープ、かつ宇宙人に対する偏見でしかないだろうが(と言っても、実際に宇宙人に遭遇したわけではないので、たとえ貧相だろうが、事実上ゼロから創造するしかなかったのだが・・・?)、それでも当時としては意表を突くものだったのは確かだ。


スターボー「ハートブレイク太陽族」1982年7月7日リリース

                              (作詞:松本隆/作曲・編曲:細野晴臣)


更に、特別な意図でもない限り、女性が声をわざと低く荒げて男性らしい雰囲気を出す必要はないはずである。それをあえて行ったという事は、やはり「宇宙三銃士=男性」のイメージが先行していたからだろう。性的マイノリティーという考え方が進んだ現代ならば、性別に関係なくファイター、ウォリアー、あるいはプリンセス、クイーン等になり得る事を踏まえると、時代の相違とは言え、実に偏向的である。


 ツッコミどころが多いのは現代アイドルに通ずるところがあるが、音楽性はもとより、ギ〇ックを駆使する意味合いでは、先述のとおり、現代アイドル成立に幾分貢献しているのではなかろうか。


 ただ僅かな活動期間で結果的に失敗したとしても、人々の記憶に残っているのはどういう事なのか?後に芸人達が揶揄するような発言を連発した影響も大きいだろうが、記憶に残る、話題に挙がるだけでも、一定程度は成功したと言えないだろうか。尤も、完全にその効果が判明するまで、かなりの年月を要してしまったがcoldsweats01


 私達は無論だが、更には"彼ら"も結局のところ、松本、細野両氏のトラップに嵌められただけ、なのかもしれない。


 そう考えると、スターボーは時代に乗り切れなかった(読み間違えさせられた?)悲劇のヒーロー(ヒロイン?)だったと言えるのではないか。

                     
                              

|
|

« 今夏限定?緊急合体の真意はいかに?志田サマー新井サマー「灼熱サマー ~SUMMER KING & SUMMER QUEEN」 | トップページ | ようやく?富士フィルムも4K時代に突入!連写速度アップ&更なるAF進化等で追撃!富士フィルム、新型ミラーレス一眼「X-T2」9月リリース予定 »

IDOL TRIBUTES」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

あらま。スターボーのデビュー日は、七夕だったのか。今なら、5人組にして戦隊ヒロイン物にして登場の方がよかったかも。

先週のアイドル☆パラダイスのアイドル・リンクのお題はスターだったから、採用されても良かったのにね。うむ、次回のお題が太陽だから、まだ可能性ありって(謎)。

http://jocr.jp/blog/idol.php

投稿: ギムリン | 2016年7月 8日 (金) 01時53分

 ギムリン様、コメントを賜りありがとうございます。私自身、CMの印象ばかりが先行し、まさか7月7日だったとは・・・と今更ながら驚いております。

 
 現代アイドルとしてなら、間違いなくヒットしていたでしょうが、戦隊シリーズ的な存在は以前見聞きした記憶があります。但し、拍子抜けされる可能性が高いのではないかと思いますcoldsweats01勿論、ヒーローに変身した状態で登場するわけではありませんが「仮面ライダーガールズ」に近いかも?


 アイ☆パラは確か7月のオンエアなしでしたね。アイドルリンクで「太陽」ですか。大いにスターボーも可能性あり、ですねcoldsweats01久々にイッちゃいますか?

投稿: 傷心の少年 | 2016年7月10日 (日) 14時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/517634/66183837

この記事へのトラックバック一覧です: IDOL TRIBUTES(Vol.40)「スターボー」:

« 今夏限定?緊急合体の真意はいかに?志田サマー新井サマー「灼熱サマー ~SUMMER KING & SUMMER QUEEN」 | トップページ | ようやく?富士フィルムも4K時代に突入!連写速度アップ&更なるAF進化等で追撃!富士フィルム、新型ミラーレス一眼「X-T2」9月リリース予定 »