« 起死回生の一打となるか?あの大御所もカラフルポップを猛プッシュ!Cupitron「銀河鉄道999」 | トップページ | アルジャーノンに捧げないのなら、その花束どうするの?Miniature Garden「明日への花束」 »

御柱祭で宮司告発って、どういう事?

 一昨日だったか、たまたま携帯電話で見かけたリードが気になっていた。


 「御柱祭で死亡事故、宮司告発


 連日、東京都知事の政治資金を巡る問題や伊勢志摩サミットの警備態勢等の報道が続いていたので、記憶の片隅に追いやられそうになったところを再び思い出し、あらためて記事を検索してみた。


 毎日新聞の記事によると、長野県・諏訪大社で6年毎に開催される御柱祭で、今年(2016年)5月氏子が転落死したのは、適切な安全措置を施さなかったため等として、弁護士2人が諏訪大社の宮司に対する業務上過失致死容疑の告発状を長野県諏訪署に提出した、との事。

 

 御柱祭といえば「木落とし」等に代表されるように、あえて危険を冒してでも挑む奇祭として知られる。その一方で開催の度に死傷者が続出しているが、まるでそれが当たり前のようになってしまっている。

 

 なのに、何故今更告発に至ったのか?

 

 記事に戻ると、(御柱祭は)危険性が高く迫力のある祭りの様子が話題となり、集客や収益には繋がるが、生命を軽視し犠牲にする事が許されるものではない(告発状の一部)・・・とされる。


 ただ、御柱祭に限らず全国各地で行われる祭事では、事前に関係者や警察などを交えた会議等が行われるはずである。例えば、運行経路や祭り当日の流れの確認等だ。ましてや6年に1回しか開催されない御柱祭である。安全対策に充てられる期間は十分すぎるほどだ。


 とは言っても木がどう滑っていくか、大方の予想はつくものの、必ずしもその通りにいくとは限らない。天候等が影響する事もあるかもしれない。いくら注意を払ったところで当日何が起きるか分からない部分はあるだろう。


 だからこそ入念な安全対策が必要になる。この部分を今回突きたかったのか。


 責任所在が問われる一方で、その地方独特の祭り文化を継承していく義務を蔑ろにはできない。非常にデリケートな部分だが、何とかならないものだろうか。





|
|

« 起死回生の一打となるか?あの大御所もカラフルポップを猛プッシュ!Cupitron「銀河鉄道999」 | トップページ | アルジャーノンに捧げないのなら、その花束どうするの?Miniature Garden「明日への花束」 »

ニュース」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/517634/65705500

この記事へのトラックバック一覧です: 御柱祭で宮司告発って、どういう事?:

« 起死回生の一打となるか?あの大御所もカラフルポップを猛プッシュ!Cupitron「銀河鉄道999」 | トップページ | アルジャーノンに捧げないのなら、その花束どうするの?Miniature Garden「明日への花束」 »