« 「3年で派遣切り」撤回?派遣社員も「人事異動」で継続労働OK?労働者派遣法改正案、今国会で成立へ | トップページ | 驚愕再び?今度は世界初、フルサイズ対応の全域F2広角ズームレンズ登場!但し、リリース時期未定!シグマ「24-35㎜ F2 DG HSM」 »

天国のシーナさん、聴こえますか?SRAM「ユー・メイ・ドリーム」

 訃報は続く、とはよく言ったものだ。


 失礼な表現で誠に申し訳ないが、2014年以降今日まで、有名人の訃報が相次ぎ、あまりの多さに感覚が麻痺しつつあった。それらを全て当ブログで取り上げれば、正に「訃報ブログ」と化していたはずだ。本当は全てガセネタで、都市伝説的にどこかで生存しているのではないのか?と疑いたくなってしまうほどだった。


 シーナ&ロケッツのボーカル、シーナが世を去って4か月余りが経った

 
 もう4か月。

 あるいは、まだ4か月。

 故人への想い入れ如何によって、捉え方は様々だろう。


 この場でそれを論ずるつもりはないが、まるで先達の遺志を継承せんとばかりに、はたまた追悼の意を表す意味合いなのか、若手が続々とシーナ&ロケッツの名曲「ユー・メイ・ドリーム」をカバーしているのだ。


 尤も同曲は、これまで数えきれないほどのアーティスト達によってカバーされているので、新鮮味には欠けるかもしれないが「没後にシングルリリースする」ところがひとつのポイントと言える。


 その中の一組が、今回取り上げる「SRAM」である。 

 この「SRAM」だが、実は1970年代に博多を発祥としたロックカルチャー・ムーブメント「めんたいロック」に対するリスペクトを込めつつ結成された、福岡を中心に活動する「LinQ」の派生ユニットらしい(公式HPより)。「SRAM」は「めんたいロック」で活躍したバンドのイニシャルを拝したもので、当然ながら「シーナ&ロケッツ(=S)」も含まれているようだ。因みにデビューは、2013年11月リリースの「レモンティー」で、今作は3枚目となる。


 リリースのタイミングから考えても、追悼の意味合いは勿論あるはずだが、単にそれだけが理由ではなかったのだ。しかも派生ユニットとは言え、決してギミックではなく、しっかりした基盤があっての物だったのには驚いた。寧ろ「めんたいロック≒ギミック」と定義すれば、根強いファンのブーイングは避けられないだろう。


 しかし、PVを視聴する範囲において、彼女達はまるで着せ替えフィギュアみたく、様々なコスチュームを楽しんでいるようにも見える。そこは現代アイドルらしさに溢れているのかもしれないが、LinQのようなダンス・パフォーマンスや統一されたカラフルなコスチュームは皆無だ。但しロック色を強めた意味では、派手と言えるかもしれない。


 おそらくメンバー各人が生まれる以前に、地元で起こった一大ムーブメントの重みをそれぞれがひしひしと感じているに違いない。


 SRAMのムーブを見て、彼女もきっと草葉の陰で喜んでいる事だろう。


 あらためて、R.I.P。。。


|
|

« 「3年で派遣切り」撤回?派遣社員も「人事異動」で継続労働OK?労働者派遣法改正案、今国会で成立へ | トップページ | 驚愕再び?今度は世界初、フルサイズ対応の全域F2広角ズームレンズ登場!但し、リリース時期未定!シグマ「24-35㎜ F2 DG HSM」 »

IDOL TRIBUTES」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/517634/60368301

この記事へのトラックバック一覧です: 天国のシーナさん、聴こえますか?SRAM「ユー・メイ・ドリーム」:

« 「3年で派遣切り」撤回?派遣社員も「人事異動」で継続労働OK?労働者派遣法改正案、今国会で成立へ | トップページ | 驚愕再び?今度は世界初、フルサイズ対応の全域F2広角ズームレンズ登場!但し、リリース時期未定!シグマ「24-35㎜ F2 DG HSM」 »