« 労組ベースアップ大幅要求も、春闘合意文書「賃上げに最大限の努力」明記で追い風?されど実質賃金には触れず!政労使会議 | トップページ | やっぱり、きれいな薔薇には棘があった?redia「美しき孤独たち」 »

気分は"Not Air"?若い身空で拓郎節を継承!名倉七海「こうき心」でソロデビュー

 私の場合、某音楽番組を情報源に曲を知るケースが殆どなのだが、この曲は"音"から入った。

 要はラジオでかかっていただけにすぎないのだが、全身に重くのしかかるような衝動を覚えた事が忘れられない。 

 

 名倉七海という彼女の名前、曲名・・・何もかも知らなかったせいか、本曲を聴いてからというのも、日に日に重みが増すような気がした。

 明らかにアイドルソングとは違う、別次元の世界が展開されており、注目すべき「ソロ」の久々の登場に、私はワクワクしていた。

 ところが、この曲が実は吉田拓郎同曲カバーだった事を知り、これまでの期待やワクワクした気持ちから一気に現実に引き戻され、全身の力が吸い取られたような虚脱感を覚えずにはいられなかった。

 

 "拓郎節"ならば、曲の重みが増すのも至極当然と思ったからだ。

  しかし、名倉七海もソロデビュー曲に彼の曲をセレクトする以上は、相応の覚悟は備わっているはずだ。それを私はPVから感じ取ったような気がする。

 おそらくアイドル時代には皆無だったであろう、真剣な眼差しでじっと見つめる彼女の表情から、本気度が十分に窺えるのではないか。性別の違いによる声質の差は致し方ないが、歌声はアイドル仕込みながらも?曲をスポイルさせる事はない。

 唯一スポイルさせる物があるとすれば、やはり世界選手権で優勝した自負による"エア・ギター"か。いかにも現代風らしい点を否定はしないが、どうしても「演技」に目が行きがちである。更にその影響で、本物のフォークギターを持ち出たところで「やっぱり、エア?」と疑念を抱かせてしまう。

 ライブ等では「演技」がある方が盛り上がるのは間違いないだろう。しかし、表現が悪いかもしれないが、単なる売名的に「演技」を利用するのなら方向性が誤っている気もする。その一方、"拓郎節"をそのままコピーしたところで、それのみで終始しかねない危惧もある。それは、彼女の今後の動向次第だが・・・。


 つまり、名倉七海には"Air"だけで終わってほしくないのだ。

 

 色んなご意見もあるとは思うが、決して彼女を非難しているのではなく、数少ない「若き女性ソロシンガー」としての再出発に期待を込めているゆえのものである事を最後にお断りしておきたい。

|
|

« 労組ベースアップ大幅要求も、春闘合意文書「賃上げに最大限の努力」明記で追い風?されど実質賃金には触れず!政労使会議 | トップページ | やっぱり、きれいな薔薇には棘があった?redia「美しき孤独たち」 »

IDOL TRIBUTES」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/517634/58107297

この記事へのトラックバック一覧です: 気分は"Not Air"?若い身空で拓郎節を継承!名倉七海「こうき心」でソロデビュー:

« 労組ベースアップ大幅要求も、春闘合意文書「賃上げに最大限の努力」明記で追い風?されど実質賃金には触れず!政労使会議 | トップページ | やっぱり、きれいな薔薇には棘があった?redia「美しき孤独たち」 »