« IDOL TRIBUTES(Vol.30)「浜田朱里①・青い花火」 | トップページ | 有言実行?思わず本音がポロリ?Berryz工房「愛はいつも君の中に/普通、アイドル10年やってらんないでしょ?」 »

「単なる"釣りドル"じゃありません!でも、アノ方と"フィッシュ繋がり"が・・・」釣りで成長するアイドル?"つりビット"が超大物の名曲を歌う!

 この記事を記す少し前(と言っても、少なくとも1週間以上経つが)に、魚の習性やさばき方等、魚にやたら詳しい女性アイドル、つまり「魚(ウオ)ドル」の存在を知って驚いた事があった。

 更に今回、もしかすると彼女に匹敵する可能性も否定できないアイドルユニットが出現した事に再度驚いた。
 

 それが「つりビット」である。


 本来は「釣り」と「bit」を組み合わせた造語のようだ(公式HPのプロフィールより)。勿論、皆さんご想像のとおり?大喜利的な掛けあわせも込められている。尤も釣りを通して、情緒豊かな女性への成長を目指すとされており、ファンとの釣り絡みイベント等にも出ているようなので、決してギミックだけではなさそうだ。そのうち、彼女たちが釣り番組への出演が増えるかもしれない(あくまで予想)。

 とは言え、基本は「歌う」アイドル。デビューは2013年7月「真夏の天体観測」。ところが、この曲だけでなく、その後にリリースされた「バニラな空」「旅立ちキラリ。」も「釣り」とは全く無縁の曲。この状態では彼女たちもごく普通のアイドルにしか見えず、ユニット名は単なるギミック、と思われても致し方ないだろう。

  ようやく「彼女らしさ」が出た?のは、配信限定曲「FISH ISLAND」のようだ。

 おそらく、従来にはない新しいアイドルの形という事で、受容されるかどうか少なからず不安があったのではないか、と個人的に推測する。その後、それなりに知名度が上がってきた頃を見計らって、曲にも反映させたのだろう。それが「FISH ISLAND」ではないかと。

 そして「彼女らしさ」を表現する?第2弾こそ、7月30日にリリースされた「踊ろよ、フィッシュ」と見た。



 但し「彼女らしさ」とは言っても、タイトルからお分かりのとおり、実は山下達郎の名曲カバーだったcoldsweats02

 普通ならココでガッカリさせられるのだが、意外とマッチしているので興味を削がれることは少ないだろう(但し、達郎ファンからは反論必至かも?)。 
 

 勿論、原曲自体が素晴らしい事もあるが、アレンジの秀逸さや曲全体から感じ取れる季節感であったり、今までの曲のようにガッツリ攻め込むのではなく、あくまで自然に・・・例えるなら、サマー・ブリーズのように意識せずとも聴く者の中に浸透していくような感覚を抱かせるところが素晴らしい。曲の前後にインサートされる、おなじみ小林克也氏のDJもイメージを高揚させる要因と言える。


 ・・・ともあれ、まずは山下達郎に感謝すべきか。


 それにしても、僅か1年でこれだけ成長を遂げた彼女たちに驚愕する。単なる「釣りドル」等と甘く見ると、痛い目に遭いそうな気配すら感じる。

 同時に、つりビットの登場で、今まで想像すらつかなかった、決して特殊なもの(国家資格、特技等)に限定されない個性を持った「集団化アイドル」が今後ますます台頭していく可能性を秘めている気がした。いや、私が知らないだけで、実は既に存在しているかも。逆に言えば、それぐらいしないと有象無象に紛れかねないリスクがある、という事になろうか。

 
 繰り返すが、私は決して「ヲタ」の類ではない・・・coldsweats01

|
|

« IDOL TRIBUTES(Vol.30)「浜田朱里①・青い花火」 | トップページ | 有言実行?思わず本音がポロリ?Berryz工房「愛はいつも君の中に/普通、アイドル10年やってらんないでしょ?」 »

IDOL TRIBUTES」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/517634/56932609

この記事へのトラックバック一覧です: 「単なる"釣りドル"じゃありません!でも、アノ方と"フィッシュ繋がり"が・・・」釣りで成長するアイドル?"つりビット"が超大物の名曲を歌う!:

« IDOL TRIBUTES(Vol.30)「浜田朱里①・青い花火」 | トップページ | 有言実行?思わず本音がポロリ?Berryz工房「愛はいつも君の中に/普通、アイドル10年やってらんないでしょ?」 »