« BiS解散で、bis回想? | トップページ | 祝・完全復活!光岡昌美、7月25日ガールズ・ライブ出演へ、新曲発表も近い? »

IDOL TRIBUTES(Vol.29)「仁藤優子②・おこりんぼの人魚」

 気がついたら、4年も取り上げていませんでした。

 本音を言えば「4年前」で完結するつもりの内容を盛り込んだつもりだったのですが、後年の彼女が出演している2時間ドラマを偶然視聴する機会があり、どういうわけか、このまま終わらせてしまうのが惜しく思えてきたのです。

 ・・・単に、彼女が気になっていただけでしょうけどねcoldsweats01

 その「彼女」とは、仁藤優子。
 そして今回久々にピックアップするのは、1987年6月にリリースされた彼女の記念すべきデビュー曲「おこりんぼの人魚です。

Yuko_nitoh キュートなルックスと抜群の歌唱力を兼ね備えた彼女が、当時のアイドルとして申し分ない存在感があったのは言うまでもありません。デビュー曲ですから当然かもしれませんが、3ヶ月ほど後にリリースされた2ndシングル「秋からのSUMMER TIME」より少女っぽく、可愛らしいイメージで仕上げられています。

 タイトルも「おこりんぼ」といかにもアイドルソングらしい工夫?が施されていますが、仮に「怒りの~」とか「憤怒の~」だったりすると、イメージはアニソンっぽく?はたまた男性っぽく?変化してしまいますよねcoldsweats01尤も、現代なら擬態語を交えて「Pun!Pun!(プン!プン!)マーメイド」なんてのもアリでしょうが・・・あまりにも"ブリっ子"すぎますかcoldsweats01

 冒頭からサビで引きつけ、彼女の持ち味を強調しているところは素晴らしく、聴く者を魅了します。但しどちらかと言えば、彼女の歌声はやや低音域に強いタイプのようです。いつだったか、曲の途中・・・サビの部分で本来の音程が出ず、辛そうな表情をした彼女の姿をVODか何かの番組で視聴し、画面を通してコチラにもそれが伝わってきたのを、こうして記しているうちにうっすら思い出しました。

 ・・・もしかすると、その事がドラマに出演する彼女の姿から、記憶の奥底に残っていたのが引き出された事で、4年ぶりにピックアップする気になったのかも。気まぐれでご迷惑をおかけして、申し訳ありませんm(_ _)m

 仁藤優子の事を語る際、どうしても「マイナス面」を捉えてしまうのは、単なる私の思い込みなのかもしれません。ただその分、女優としてドラマやバラエティ番組等に積極的に露出し、新たな道を歩む事が出来たんだから良かったじゃない・・・という言葉で片づけてしまうには、もったいない存在だったと感じているんです、今更ながら。

 今後も引き続き、仁藤優子という名のアイドル歌手の存在を「IDOL TRIBUTES」として留めていくよう、鋭意努力していきます。

|
|

« BiS解散で、bis回想? | トップページ | 祝・完全復活!光岡昌美、7月25日ガールズ・ライブ出演へ、新曲発表も近い? »

IDOL TRIBUTES」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

待ってました(笑)
お久しぶりです。とは言っても、こちらはよく拝見しておりました。
前回の繰り返しになるかもしれませんが、私が中一になる際に旺文社の「中一時代」時代を購読しました。当時のイメージガールが仁藤優子さんでした(ライバル誌、学研の「中一コース」は酒井法子さん)。
中学生になったんだし、自分の好きなアイドルを決めておこう的な考えで4つ年上のお姉さんの魅力に引き込まれていきました。
ただ、当時はすでにthirdシングル「センチメンタルはキ・ラ・イ」発売後でしたので、歌手仁藤優子というより、彼女が輝いていた「ザ・スクールコップ」(三浦洋一、伊藤かずえ、仁藤優子主演)に出演した女優仁藤優子の印象が強いです。

投稿: かずゆき | 2014年7月21日 (月) 21時58分

 かずゆき様、ご無沙汰しております。こちらこそ、お待ちしておりました。引っかかっていただき、ありがとうございますcoldsweats01とは言え、内容が右往左往してしまい、御迷惑をおかけして申し訳ありません。

 かく言う私も、例え本記事が4年前と同じでも、とにかくやろう!と原点回帰の想いをこめて?再開した次第です。その証拠に?ここのところ、音楽ネタが続いてますでしょcoldsweats01
 
 この頃の彼女は(デビュー時ですから当然かもしれませんが)非常に可愛らしく、新たなアイドルの登場を感じさせてくれました。先の記事のとおり、私がこの曲を知ったのは若干後ですが、かなりいい線を行くのでは・・・と個人的に思っていました。但し、意外な所で「躓かされた」のはご本人も想像していなかった事でしょう。今を思えば、もう少しこの曲のメロディラインが緩やかだったなら、歌手延命もあり得たのかもしれません。

 その意味で、最も印象強いのはやはり「歌手の頃」だったと思います。

 記事のとおり、これからも鋭意存続に向け(って大げさですね)努力していく所存ですので、今後もよろしくお願いいたしますm(_ _)m
 
 かずゆき様、ご遠慮なく他の記事でもツッコミ入れてくださいね。

投稿: 傷心の少年 | 2014年7月22日 (火) 15時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/517634/56732432

この記事へのトラックバック一覧です: IDOL TRIBUTES(Vol.29)「仁藤優子②・おこりんぼの人魚」:

« BiS解散で、bis回想? | トップページ | 祝・完全復活!光岡昌美、7月25日ガールズ・ライブ出演へ、新曲発表も近い? »