« 「これ、PBブランドですよね?」プラザクリエイト、PBデジカメ"D1650 WIDE"リリースも、サーヴィス価格は適用外? | トップページ | 岩崎良美に熱き想いをこめて(Vol.8)「ごめんねDarling」~Celebrate "Just 33th"Anniv. »

今年も懲りずにいきますよ?「新旧卒業ソング」私的クロニクル(4)

 勝手に「恒例化」していますがcoldsweats01、おかげで4回目を迎える事ができました。
 相変わらず個人的な想いを一方的に綴っておりますが、何卒ご容赦ください。

 
onefumika 「旅立ちのベル feat.福田桃代」

 当初、この曲をピックアップするのに若干迷いがあったものの、"ちょっとしたきっかけ"で決断?に至りました。それは後述するとして・・・coldsweats01 

 2011年デヴューながらも、自身の曲がアニメや番組、はたまた映画の主題歌にタイアップされる等、十分すぎる実績を持つヴォーカリスト、fumika。そんな彼女が放った「隣にいたかった feat. WISE」「その声消せないよ feat. Sunya」に続く「涙3部作」の第3弾が「旅立ちのベル feat.福田桃代」です。なお今作は彼女のファースト・アルバム「POP SISTER」(2月6日リリース)にのみ収録されています。

 先の2作は「失恋の涙」がモティーフになっていたのに対し、今作は「旅立ちの涙」。歌詞から連想するに「卒業」「別れ」という意味合いも含まれているでしょうが、「別れの悲しみ」よりは寧ろ涙を堪えつつ未来へ向かって進んで行こう、という前向きな想いが強調されているように感じます。従って、前2作のような「イントロを聴くだけで涙を誘う」パターンとは異なり、アレンジ等も明るめに仕上げられています。

 いや、これはちょっと・・・という方には、柏原芳恵の名曲「春なのに」カヴァー版はいかがでしょうか。.これこそ、私が今回彼女をピックアップした「大きな理由」です(単なるアイドルファンと言うなかれcoldsweats01)。
 この曲は今風のバラッド調?にアレンジされているため、聴き様によっては雰囲気が損なわれている気もしますが、彼女らしいエッセンスを込めつつ、原曲へのリスペクトも忘れる事なく、しっとり歌い上げています。

 この曲も含めて「涙4部作」に・・・なんてのは、邪道でしょうかcoldsweats01

  

two松田聖子「制服」

 現在ならばCDによる"ダブルA面シングル"形式はごく当たり前になっていますが、レコード時代は(例外も若干ありますが)基本的にA面は「ウリの曲」、B面は「ややマイナーな曲」という振り分け次第でひとり(あるいは1組)の歌手人生の今後が右往左往しかねないほど、重要なファクターのひとつと言えます。

 ところがB面ソングが実は隠れた名曲だった、というケースもよくありました。
 今回ピックアップした、松田聖子の「制服」もそのうちの1曲です。

 ご存じの方も多いでしょうが、A面は彼女の歌声とピアノの旋律、そしてスローテンポが美しくマッチングした「赤いスイートピー」。現在でも数多くのアーティスト達にカヴァーされるほど人気の高い、彼女の大ヒット曲です。

 しかしファンの間では、リリース当初(1981年1月)から「制服」も人気が高く、「裏A面」とする声が多かったとか。私自身も同様の意見を当時耳にした記憶があります。

 どちらも仕上がりは秀逸ですが、スローバラッド調の「赤い~」に対し、卒業がモティーフになっているにも関わらず、明るく爽やかな印象を感じさせる「制服」。通常の卒業ソングならば、ストレートにタイトルを付すであろう点をあえて回避しつつ、世代の違い等を超えて「良き想い出」にピンポイントで迫る?のは、見事ですね。涙が止まらない悲しさ、というよりは少し涙目でも笑顔で・・・と捉えるべきでしょうか。その意味では、シチュエーションの違いはあっても「旅立ちのベル」とどこか共通している部分があるかもしれません。

 私が初めて聴いたのは、彼女がパーソナリティを務めていたラジオ番組だったと思います。ファンでもない私が夢中になった理由は明確に憶えていませんが、ランダムにチューニングを合わせて偶然聴こえてきたのが、その番組だったかなcoldsweats01。当時は単なるB面曲としか捉えていませんでしたが、気がついた時には「お気に入り」でしたねcoldsweats01

|
|

« 「これ、PBブランドですよね?」プラザクリエイト、PBデジカメ"D1650 WIDE"リリースも、サーヴィス価格は適用外? | トップページ | 岩崎良美に熱き想いをこめて(Vol.8)「ごめんねDarling」~Celebrate "Just 33th"Anniv. »

IDOL TRIBUTES」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

聖子様、ごいすーね、週間アルバムチャート5位、ミニスカでCD屋さんの店頭で輝いてます。
岩崎姉妹だって、来週はお姉ちゃん、6/26はヨシリンのアルバム発売日。良美ちゃん誕生日に合わせて、ラジオ局なんかに宣伝しちゃいませう。
ちなみに、ヨシリンも「春なのに」カバーしたそうです。

ameblo.jp/yoshimiblog/entry-11551746289.html

投稿: ギムリン | 2013年6月15日 (土) 09時28分

 ギムリン様、いつも情報提供ありがとうございます。アルバムチャート5位ですかsign03聖子人気は相変わらず凄いですね。

 実は、現在ヨシリンネタをピックアップ準備中でございます。先の事もありますのでcoldsweats01、今回は早めに準備しております。ネタバレ寸前・・・って、もうバレバレですかねcoldsweats01詳細はあらためて触れますが、またもsign02カヴァーアルバムをリリースするそうですね。個人的には少々複雑な部分もありますが、想像以上の仕上がりになる模様とか?「春なのに」も数多くのアーティストがカヴァーしていますので聴き比べてみるのも面白そうです。ここで取り上げてみようかな~sign02

 ・・・というわけで、ギムリン様、ご迷惑をおかけいたしますが今暫くお待ちいただきますよう、よろしくお願いいたしますm(_ _)m

投稿: 傷心の少年 | 2013年6月15日 (土) 13時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/517634/49265925

この記事へのトラックバック一覧です: 今年も懲りずにいきますよ?「新旧卒業ソング」私的クロニクル(4):

» やっぱりやる・・・の?シーズン真っ最中!「新旧卒業ソング」私的クロニクル(3) [ハイブリッド写真家の「世間を見る眼」]
 昨年の今頃といえば、震災の影響で言葉を失い、このようなスレッドを立てられる状態 [続きを読む]

受信: 2013年2月17日 (日) 08時23分

« 「これ、PBブランドですよね?」プラザクリエイト、PBデジカメ"D1650 WIDE"リリースも、サーヴィス価格は適用外? | トップページ | 岩崎良美に熱き想いをこめて(Vol.8)「ごめんねDarling」~Celebrate "Just 33th"Anniv. »