« 想いを秘めて | トップページ | とばしあい »

IDOL TRIBUTES(Vol.25)「菊池桃子②・雪にかいたLOVE LETTER」~"Merry Christmas to you 2010"~

 今年もクリスマスの時季がやってきました。
 街中ではイルミネーションがあちこちで光り輝き、雰囲気を盛り上げます。
 店舗は「クリスマス商戦」の正念場を迎え、店員らが大声を張り上げています。

 行き交う恋人達やムードで大騒ぎしている集団?を横目に、吹き荒ぶ寒風の中、身を縮込ませながら「たかが1日のために・・・」なんて想いを抱きつつ、家路に着く方もおられるでしょうか。

 その一方、一般家庭で流行した「イエナリエ」は不況の影響か、年々その数を減らすと共に絢爛豪華な「電飾」は身を潜め、シンプルな物に変わってきています。

 尤も、日本海側では大雪に見舞われ、クリスマスどころではないかもしれません。

 色々考えているうちに、今回は菊池桃子3枚目のシングル「雪にかいたLOVE LETTERをお送りする事にしました。年も押し迫り、何かと気忙しいでしょうが、少し手を止めてお付き合いいただければ幸いに存じます。

菊池桃子「雪にかいたLOVE LETTER」
☆シングル・フル・ヴァージョンはこちら

 自らレヴュっておきながら恐縮ですが、この曲がシングル3枚目だったのに今更ながら驚いてしまいました。もっと後年になってからリリースされた、という私の身勝手な思い込みのせいでしょう。記憶の底から蘇ってきた事もあると思います。

 この曲は80年代アイドル・ソングに欠かすことの出来なかった、と言ってもいい秋元康氏と林哲司氏のコンビによる物です。特に林氏においては、ある意味歌手としての彼女を常にサポートし続けてきた人物と言えます。

 この曲の面白いところは、タイトルで「雪に"かいた"」としながら、曲中では「雪に"書いた"」としている点でしょうか。おそらく平仮名の方が、優しさであったり柔らかい印象を与えると考えたのでしょう。
 また、雪が溶ければ消えてしまうのは確実なのに、あえて雪の上に愛の言葉を書き連ねるところは、女性の奥ゆかしさや相手に対する秘かな想いを垣間見る事ができます。表現が悪いでしょうが、その意味では波にかき消されてしまう「砂の上に書いたラヴ・レター」と同じであり、そのウィンター・ヴァージョンと捉える事も可能です。

 そして、最後にさりげなく「メリー・クリスマス」と囁く事で、実はクリスマスに起きたラヴ・ストーリーだった、と分かるのです。当時のクリスマス・ソングと言えばジングル・ベルやチャペルの音をインサートするのが当たり前だっただけに、ある意味革新的と言えるのではと思います。
 
 全体的にどこか哀愁を感じさせるメロディですが、内容は切ないながらもハート・ウォーミングな曲ですね。

 色々御託を並べてしまいましたが・・・

 「あなたにも、メリー・クリスマス」。





|
|

« 想いを秘めて | トップページ | とばしあい »

IDOL TRIBUTES」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

クリスマスとは言え、年末ということで工場のメンテナンス業務は深夜に及んだりすることが多いです。
ということで、雪にちなんだヨシリンの曲も探してみました。
クリスタルレコードから「ガラスの聖夜」
♪ワイングラスに雪灯り淋しくなんかないわ~、

BOXだと、DISC-4のTrack-14です。
tower.jp/item/tracks/2637451

25日は、朝に夜に、良美さん忙しいですねぇ。と言って、イブの夜にカレーうどん食べなくてもと思いますが(汗)。

投稿: ギムリン | 2010年12月25日 (土) 06時57分

 ギムリン様、極寒の中でのメンテ作業、お疲れ様です。大変でしょうが、頑張ってくださいね。


 内容から察するところ、公式ブログをご覧になられたんですね。ヨシリンも多忙を極めているんでしょうね。せめてショートケーキぐらいは、と彼女も思っていたかもしれませんが、実行できずに過ごしてしまった、のかなcoldsweats01。私も暫くご無沙汰しているので、後ほど覗いてみます。


 ところでヨシリンもクリスマス・ソングを歌ってたんですか。BOXに収録されている、という事は元のアルバムがあったんでしょうね。私とした事がうっかりしてました。ギムリン様、毎回ヨシリン情報を提供いただき、ありがとうございますm(_ _)m。


 余談ですが、本日「国営AMラジオ放送」にて第3回"夢の"紅白歌合戦が開催されるようですね。ひょっとしてヨシリンの曲も・・・?と期待しつつ、聴いてみようと思います。

投稿: 傷心の少年 | 2010年12月25日 (土) 17時53分

バレンタインの前に、今週2/4金曜日は良美さんの大阪ライブですが、傷心の少年さんは参加できそうでしょうか?

さて、ライブのタイトルになっている『心のアトリエ』
1981年12月5日発売でしたので、アルバムの内容自体もクリスマスとか星座っぽいイメージでした。
さらにポーナスとして、当時のアイドルによく見られたカラーレコードの一種である、透明なシングル盤が、LPについていたんですよ。
2曲のクリスマスソング「Singin' Ringin'」「ガラスの聖夜」がそのシングルには納められていて、下記のオークションの説明写真の3枚目にクリスタルレコードが写っています。

page8.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/h129458035

なお、『心のアトリエ』については、cherrycreekさんのブログにて「愛してモナムール」記事のコメント欄でレビュー継続中ですので、よろしければご参考に。では。

投稿: ギムリン | 2011年2月 3日 (木) 04時00分

 ギムリン様、お久しぶりです。明日なんですよね、ヨシリンライヴ・イン・大阪。悔しいですが、今回は(今回も?)断念しますweep。ただ、某国営放送の渋谷スタジオでのイヴェント?が11日だそうで、私も関東方面に居合わすため、上手くいけば行けるかな?というところです。そう言ってる時点でダメですね・・・反省。

 ほう、ピクチャーレコード?の特典付きだったんですか、「心のアトリエ」って。リリース時に私は何をしてたんでしょう・・・目まぐるしく変革していく音楽分野に右往左往していたのかもしれません。お恥ずかしい次第です。

 Cherryさんのブログに詳細記載あり、ですか!ご無沙汰ばかりしているので、たまには訪問しないといけませんね。

 ギムリン様、いつも情報提供ありがとうございます。一大イヴェントが終了次第、復活に向けペースアップしたいと思いますので、よろしくお願いいたしますm(_ _)mそれまでもう暫くのご猶予を賜りたく存じます。

投稿: 傷心の少年 | 2011年2月 3日 (木) 09時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/517634/38187775

この記事へのトラックバック一覧です: IDOL TRIBUTES(Vol.25)「菊池桃子②・雪にかいたLOVE LETTER」~"Merry Christmas to you 2010"~:

» IDOL TRIBUTES(vol.4)「菊池桃子・①SUMMER EYES」 [ハイブリッド写真家の「世間を見る眼」]
 先日、外出の折にふと空を見上げると、サングラス越しにも関わらず、やけに太陽が眩 [続きを読む]

受信: 2010年12月24日 (金) 10時44分

« 想いを秘めて | トップページ | とばしあい »