« 健やかに | トップページ | 小さな秋 »

「約束守りましたよ、Nさん。みんな、待っててくれてありがとう!」今は亡き芸能リポーターの最後の大スクープは事実だった!佐良直美、「いのちの木陰」で27年ぶりに復活

 早くから情報は入手していましたが、信じられませんでした。
 何故なら、以前彼女は芸能界復帰なんてあり得ない、と拒否し続けていたんですから。あろう事か、同性愛疑惑まで持ち上がってしまっては、当然の事かもしれません。

 彼女の名は佐良直美
 ご存知の方は、私と同世代か、それ以上の年齢と推察しますcoldsweats01
 大ヒット曲「世界は二人のために」をはじめ、数々の名曲を残し、突然業界から姿を消した、と思いきや、ニュー・シングル「いのちの木陰」を引っ提げて、27年ぶりに復帰したというではありませんか。しかもインディーズではなく、メジャー・レーヴェルからのリリースですから、彼女への期待度の高さが窺えます。更にこの情報は、今は亡き芸能レポーター・梨元勝氏の生涯最後の大スクープ、のはずでしたが、あまり話題にならなかったようですね。でもファンにとっては嬉しい限りでしょう。

 復帰に関しては様々な憶測も飛び交っていたようですが、周囲の熱心なラヴ・コールに応える形で重い腰を上げたとの事。一般的に引退した歌手が長期のブランクを経て復帰、というケースは皆無に等しいだけあって、個人的にどうかな、と思いましたが、試聴した範囲内では、現役バリバリだった頃と殆ど変わらない歌声に驚きました。

 因みにカップリング曲は、ジャズ・バーでピアノの弾き語りを聴いているような感覚を受ける「銀河の子守唄」、そしてそれぞれの英語版「The Shade of the Tree」、「Lullaby of the Milky Way」にカラオケ版を含めた全6曲の構成。若さに任せた高音域よりも、寧ろ少しレヴェルを下げ、ナチュラルに歌えるところに重点が置かれているようです。

 また彼女のシングル全曲と名曲カヴァー版を収録した3枚組の「ゴールデン☆ベストデラックス 佐良直美」も同時リリース。更に12月にはその凝縮盤?「Golden ☆best 忘れえぬ名唱」のリリースも控えているとか。徐々に周辺が騒がしくなってきたようですね。

 解散したはずのユニットやデュオが近年、続々と再結成していますが、佐良直美にはそんな現象は無縁であり、そして天国の梨元氏に感謝を込められているのは間違いないでしょう。

 ・・・余計な事は考えず、彼女の復帰を素直に歓迎しませんか?

|
|

« 健やかに | トップページ | 小さな秋 »

IDOL TRIBUTES」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/517634/37904609

この記事へのトラックバック一覧です: 「約束守りましたよ、Nさん。みんな、待っててくれてありがとう!」今は亡き芸能リポーターの最後の大スクープは事実だった!佐良直美、「いのちの木陰」で27年ぶりに復活:

« 健やかに | トップページ | 小さな秋 »