« 処暑上洛日誌(平成弐拾弐年編・其之参、長刀鉾此処に在り之段) | トップページ | ペンタックスもキタッ!待望のフラッグシップ・モデル"K-5"、予想を上回るスペックを引っ提げて10月下旬リリース予定! »

"すみれSeptember Love"~一風堂

 早いもので、もう9月も下旬を迎えようとしています。
 毎年のように「9月には、9月の曲を・・・」とあれこれ悩んでしまい、気がつけば・・・という状態ですcoldsweats01

 それを何とか打破すべく?まずは一風堂の"すみれSeptember Love"をセレクトしてみました。というのも、ちょっとした「謎」が潜んでいるからです。


☆シングル・フル・ヴァージョンはこちら

 この曲は1982年7月にリリースされた7枚目のシングルで、当時の音楽番組等ではベスト・テン入りを果たし、化粧品のキャンペーン・ソングに選ばれた事も手伝って、一風堂の大ヒット曲となりました。
 また、テクノ・ポップの流れを汲むサウンドやヴォーカル・土屋昌巳のバッサリと刈り上げたヘア・スタイルに加え、メイクを施した辺りは、後年登場するヴィジュアル系バンドに少なからず影響を与えました。寧ろ一風堂を知らなくても、SHAZNA等がカヴァーした事により、あらためて楽曲の完成度等が脚光を浴びましたよね。

 ・・・ところが、ひとつ重要なファクターを見落とされていたのに、気づいた方はおられるでしょうか。

 重箱の隅を突くような細かい事なのですがcoldsweats01、「すみれは秋の花ではない」のです。お世話になっている「季節の花 300」HPの解説によると、一般的に花期は春との事。
 
 そう、何故春の花である「すみれ」と9月を結びつけたのか、普通に考えると謎でしかないのです。因みにすみれの花言葉を花言葉事典に求めると、花の色により「無邪気な恋」、「小さな恋」等と記されています。

 あくまで想像ですが、作詞を手がけた竜真知子氏は、そういう部分にモティーフを求め、偶然9月に起きた小さな恋物語を綴ったのでしょうか。あるいは、化粧品のカラーからすみれの紫(多種に及ぶため、限定できませんが)を連想し、恋に発展させたのか・・・?まさかこの曲をヒントにしたのか?

 真実は、竜真知子氏のみぞ知るのかもしれませんね。
 詳しい方がおられましたら、是非ご教示くださいm(_ _)m

|
|

« 処暑上洛日誌(平成弐拾弐年編・其之参、長刀鉾此処に在り之段) | トップページ | ペンタックスもキタッ!待望のフラッグシップ・モデル"K-5"、予想を上回るスペックを引っ提げて10月下旬リリース予定! »

IDOL TRIBUTES」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/517634/36838072

この記事へのトラックバック一覧です: "すみれSeptember Love"~一風堂:

« 処暑上洛日誌(平成弐拾弐年編・其之参、長刀鉾此処に在り之段) | トップページ | ペンタックスもキタッ!待望のフラッグシップ・モデル"K-5"、予想を上回るスペックを引っ提げて10月下旬リリース予定! »