« バックにアノ方が・・・?「新時代アイドル・ユニット」トリプル・スレッド~600レヴュー感謝記念 | トップページ | 花は朽ちても »

ヒロリン&ヨシリンの曲で"旅行"を考える

 いよいよゴールデン・ウィークに突入したものの、過ごし方も長引く不況でいわゆる「安・近・短」傾向が高まり、今年で最後とも噂されている「高速道路1000円均一料金」の恩恵を受けようと一部のサーヴィス・エリア等では長蛇の列にウンザリし、行き帰りは大渋滞に見舞われるのが必至?かと思えば昨年、新型インフルエンザの影響で減少傾向にあった海外出国も今年は微増したものの、行き先はアジア、ハワイ、サイパン等に集中しているとか、いないとか・・・。はてさて、このブログをご覧いただいている皆様は、いかがお過ごしでしょうか。

 さて前置きが長くなりましたが、今回は久しぶりにヒロリン&ヨシリンそれぞれの"旅行"をモティーフにした曲をピックアップし、お得意のsign02個人検証をしようと思います。

one岩崎良美「どきどき旅行」

 まずは1982年4月21日にリリースされた、ヨシリン9枚目のシングル「どきどき旅行」です。アップ・テンポに乗せて、おそらくは彼が思わず?「ハワイへ旅行しよう」と彼女を誘ったところから、ストーリーが展開します。


★シングル・フル・ヴァージョンはこちら

  
 誰しも旅行に行くとなると、自然に気分も良くなり、出発の日が近づくにつれて、ドキドキした経験を1度はされた事と思いますが、正に彼女はハワイに行けるという喜びと、ハワイでどう過ごそうか・・・等と心はここに在らず、既にハワイへ一足先に向いているのが分かりますね。

 ところが、ここで問題が生じます。

 彼女の気分はすっかりハワイに向いている、と先述しましたが、実際は行く前でストップしているのです。何せラストで「・・・ハワイに行かせて~♪」と彼が偶然口にしたハワイ旅行の実現を彼女が懇願しています。

 では、何故ハワイに彼女が固執するのか?

 曲がリリースされた1982年当時、円高効果により安価で海外旅行ができた点、そして今でこそ珍しくありませんが、日本人には「海外旅行=ハワイ」という公式が昔から備わっていたからではないか、と推測します。それは故・岡晴夫氏の「憧れのハワイ航路」等に代表されるとおりです。

 果たしてこのカップルは、無事にハワイ旅行できたのでしょうか?それとも夢物語で終わってしまったのでしょうか?

 ・・・この答えのキーは、同年7月にリリースされた10枚目のシングル「Vacance」に隠されている、と思ったのは私だけでしょうか(自信ナシcoldsweats01)。



two岩崎宏美シンデレラ・ハネムーン

 続いては若干年代を遡り、1978年7月にリリースされたヒロリン14枚目のシングル「シンデレラ・ハネムーン」です。モノマネの影響でかなりマイナス・イメージを受けてしまいましたが、第20回日本レコード大賞・金賞に輝いた名曲です。


★シングル・フル・ヴァージョンはこちら

 普通にタイトルだけで判断すると「ハネムーン(新婚旅行)」ですから、おそらくは恋愛成就の末にめでたくゴール・インしたであろう2人のハネムーンの様子が描かれている物であり、新婦は正に"シンデレラ気分"・・・と捉えるでしょう。

 ところが、よく聴いてみると真逆である事が分かります。

 あくまで想像の域を超えませんが、この2人は「新婚旅行」でも「婚前旅行」でもなく、「デート(密会)」にどこかへ行ったものの、時間は限られているため、少しでも2人の時間を有効に楽しみたいと願う?彼女が、彼の素っ気ない態度に白けてしまい、やるせない気持ちで無駄に時間を費やしている様子が描かれているように思います。

 つまり"時間制限付きのデート=シンデレラ・ハネムーン"と捉えているのでは、と考えます。

 ヒロリンはアップ・テンポにノリノリで歌っていますが、楽しいはずの2人だけの時間が一転して興醒めしている、ある意味、悲しい曲なのです。それでも2人にとっては、心地いい時間に感じるのかもしれません。

 その後2人はどういう結末を迎えたのか?

 答えは、後にリリースされる「さよならの挽歌」、あるいは「春おぼろ」に繋がる、というのは私の偏考でしょうか(同じく自信ナシcoldsweats01)。それは機会をあらためる事にしましょう。

 故・阿久悠氏の奥深い詞に、あらためて畏敬の念を抱く私でした・・・。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

 余談ですが、デヴュー35周年を迎えたヒロリンは今秋にもカヴァー・アルバム「Dear Friends Ⅴ」をリリース予定で、現在楽曲を選考中との事。一方、デヴュー30周年を迎えたヨシリンはライフ・ワークと言っても過言ではない?ミュージカル出演にライヴ・アルバムのリリースと多忙な様子です。

 頑張れ、岩崎姉妹sign03

|
|

« バックにアノ方が・・・?「新時代アイドル・ユニット」トリプル・スレッド~600レヴュー感謝記念 | トップページ | 花は朽ちても »

IDOL TRIBUTES」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
たいへんご無沙汰しています。
久し振りにお邪魔します。お元気ですか?

明日からの連休、二泊の予定で上洛します。
3月の上洛日誌をあわてて仕上げ、明日からの上洛に備えました。

京だよりにもぜひお越しください。

投稿: 桜吹雪 | 2010年4月30日 (金) 23時47分

 桜吹雪さん、決算期と新年度が交錯して多忙な日々を過ごされていたのでしょうか。ひょっとして頭の中は常に都の事で溢れかえっていたとか?

 残念ながら今春の横浜行きはキャンセルを余儀なくされましたが、来年のお楽しみに取っておこうと思います。機会があれば、よろしくお願いします。

 昨日の時点で「明日」という事は、今日(5月1日)からですね?今頃は新幹線の車内か、早くも入洛されてる頃でしょうか?いつもの事ながら、都は相当の観光客が見込まれるでしょうから、くれぐれも気をつけて都での滞在を堪能なさってくださいね。おそらく、"マスト・コース"を外す事はないでしょうがcoldsweats01

 あらためて「屋敷」にこっそりと?伺います。

 ・・・相州殿、上洛大儀。

投稿: 傷心の少年 | 2010年5月 1日 (土) 08時05分

お久しぶりです。
cherryさんのブログのコメント欄で宣伝しているように、今週8/30-9/3の1週間だけ、MBSヤングタウンが復活します。
残念ながら、ヒロリン&ヨシリンのDJ復活はないみたいですが、番組中に歴代パーソナリティの曲をかけてくだされ~!みたいなリクエストを送れば採用されるかもしれませんよ。

詳しくは、MBSの下記サイトから。
www.mbs1179.com/yantan60/

投稿: ギムリン | 2010年8月30日 (月) 02時31分

 ギムリン様、ご無沙汰しております。毎回情報提供を賜り、ありがとうございますm(_ _)m

 そういえばMBSは今年で開局60周年とか何とか新聞等で見かけましたが、ヤンタン復活もその一環なのでしょうね。とは言っても、往年のパーソナリティが全て顔を揃える事は不可能でしょうし、仮にそれが実現したとしても、てんやわんやで放送が成り立たないかもしれませんね(^^;

 お、今日からスタートなんですね。こうなったらギムリン様、共に行動を起こしましょうかhappy02

 畿内全域のヨシミストに告ぐ。今こそ決起すべしsign03な~んて(^^;

投稿: 傷心の少年 | 2010年8月30日 (月) 08時16分

2/18のBSプレミアム「アニソンベスト100」では、最後に出演者の女性陣全員で、ラブライブの「Snow Halation」を歌ったのですが、その時のつぶやきのうち、1割の人が、岩崎良美のかわりに岩崎宏美と記載していました(涙)。まあ、タッチを歌った時点から、同じくらいの人が間違っていたので、若い方では区別ついてないようです(汗)。

さて、お姉ちゃんのヒロリンがどんな歌手か、あいまいになっている方は、是非2/26のお昼1時からBSプレミアムでご確認くだされ。岩崎3姉妹の写真も出てくるかも。
http://www4.nhk.or.jp/P2930/x/2017-02-26/10/20940/2604326/

投稿: ギムリン | 2017年2月24日 (金) 22時33分

 ギムリン様、それは酷い話ですね。いくら御姉様のメディア露出が多いからって、ヨシリンの存在すら知らない輩が比例して?増加しているとは・・・ますます「ヨシミスト諸君!これでもいいのか?」ですよcoldsweats01

 やっぱりメジャーに再浮上するしか手立てはないのでしょうか。もう少し考えてみようと思います。

投稿: 傷心の少年 | 2017年2月27日 (月) 14時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/517634/34457452

この記事へのトラックバック一覧です: ヒロリン&ヨシリンの曲で"旅行"を考える:

» 岩崎良美へ熱き想いを込めて(Vol.6)「四季」~Celebrate "JUST 30th"anniv. [三流"ハイブリッド"写真家の「世間を見る眼」]
☆シングル・フルヴァージョンはこちら 2010年2月21日・・・この日がどういう [続きを読む]

受信: 2010年4月30日 (金) 21時43分

» 岩崎宏美TRIBUTES「①・ロマンス"~Celebrate 35th anniv. [三流"ハイブリッド"写真家の「世間を見る眼」]
 シングル・フルヴァージョンはこちらあなたお願いよ 席を立たないで息がかかるほど [続きを読む]

受信: 2010年4月30日 (金) 21時45分

» 岩崎良美へ熱き想いをこめて(Vol.1)「Vacance」 [三流"ハイブリッド"写真家の「世間を見る眼」]
 「夏シリーズ」の2回目はヨシリンこと岩崎良美の「Vacance」を取り上げたく [続きを読む]

受信: 2010年4月30日 (金) 21時47分

» 岩崎良美へ熱き想いを込めて(Vol.6)「四季」~Celebrate "JUST 30th"anniv. [ハイブリッド写真家の「世間を見る眼」]
☆シングル・フルヴァージョンはこちら 2010年2月21日・・・この日がどういう [続きを読む]

受信: 2010年8月 7日 (土) 20時38分

« バックにアノ方が・・・?「新時代アイドル・ユニット」トリプル・スレッド~600レヴュー感謝記念 | トップページ | 花は朽ちても »