« 「ミニスカやらイケメンもええけど・・・ウチらの事、忘れてません?」大御所・水森氏がプロデュースする次世代演歌3人娘、その名は"グー・チョキ・パー" | トップページ | 秋の雲 »

MIYUKI NAKAJIMA TRIBUTES(Vol.2)「悪女~"祝・紫綬褒章受章"」

 最近、どのタイミングでどのネタを取り上げるか、悩まされる事が多くなってきました。正確にはネタが多すぎて、タイミングを逸してしまっているだけですがcoldsweats01

 そんな時、中島みゆき紫綬褒章を受章したとの知らせが入ってきたのです。ここのところ、業界ではあまり良くない知らせが続いていただけに喜ばしい限りです。
 更には受章した際「棚からぼた餅どころか『棚から本マグロというくらいの驚き』」とコメントするところは、正に彼女らしいユニークさであったり、語彙の豊富さであったりするのでしょう。

 ・・・というわけで?今回は「悪女」を取り上げます。

中島みゆき「悪女」


 ご存知のとおり、この曲は1981年10月にリリースされた11枚目のシングル。この頃、ラジオのリクエスト番組等で常に流れていた記憶があります。私にすれば「時代」で彼女の存在を知り、「悪女」でファンになったという、忘れようにも忘れられない曲です。

 いわゆる"みゆき節"とも言われる独特の歌い回しをこれまで多用してきた彼女が、この曲で少し転調したようにも思えますが、歌詞をよく見てみると意外に"か弱い"女性像が見え隠れしています。というのも、内容はあくまで「悪女になるための指南」であって、そこに到達するまでには別れを惜しむ女性の本音を隠したり、失恋してボロボロに泣きじゃくって・・・というプロセスを経ないと「悪女」になんかなれないよ・・・あんたにそんな勇気がある?と聴く者(特に女性)に問いかけているような想いがします。それまでと比較して"少しライトな?みゆき節"が盛り込まれている、とでも表現すべきでしょうか。

 それから30年近く経ち、特に性格面では女性の男性化、男性の女性化等と言われる時代に、中島みゆきの「悪女」の定義は今でも通用するのか・・・とふと頭を過ぎった私でした。

|
|

« 「ミニスカやらイケメンもええけど・・・ウチらの事、忘れてません?」大御所・水森氏がプロデュースする次世代演歌3人娘、その名は"グー・チョキ・パー" | トップページ | 秋の雲 »

IDOL TRIBUTES」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/517634/32038300

この記事へのトラックバック一覧です: MIYUKI NAKAJIMA TRIBUTES(Vol.2)「悪女~"祝・紫綬褒章受章"」:

» 現在・過去・未来・・・「時代」で時代を探る?"私的"クロニクル [三流"ハイブリッド"写真家の「世間を見る眼」]
 またも大きく出てしまいました[E:coldsweats01]。 今回は「時代」 [続きを読む]

受信: 2009年11月 2日 (月) 17時52分

» MIYUKI NAKAJIMA TRIBUTES(Vol.1・『あたいの夏休み』) [三流"ハイブリッド"写真家の「世間を見る眼」]
 「中島みゆき」に対して、皆さんはどのようなイメージを抱いておられるでしょうか? [続きを読む]

受信: 2009年11月 2日 (月) 17時53分

« 「ミニスカやらイケメンもええけど・・・ウチらの事、忘れてません?」大御所・水森氏がプロデュースする次世代演歌3人娘、その名は"グー・チョキ・パー" | トップページ | 秋の雲 »