« 真の"女子アイドル"頂上決戦!「AKBグループvsチーム・ハロプロ(その2・テーマソング対決の段)」 | トップページ | 驚異の高性能で更に進化!ニコン"D3S"、11月27日リリース予定 »

あの素晴らしい愛をもう一度~"追悼・加藤和彦"

 どうして訃報という物は、続くのでしょうか。
 長年フォーク界を牽引してきた加藤和彦が自殺した、という報せです。
 当初の情報が未確定だったため、やや出遅れましたが、何卒ご了承ください。

 享年62歳遺書によると、仕事が思うように捗らない事による鬱病の悪化が要因になったとか。特にクリエイティヴ関連の仕事では、ヒットした時の盛り上がりは大きいですが、逆にそこに辿り着くまでの過程で挫折したり、ピークを過ぎた後の落ち込みで悩みぬいた挙句、最悪の場合には犯罪に手を染める、あるいは自ら命を絶つ行為に奔るケースが多いようです。しかし何も彼までが・・・。

 どの曲にするか若干悩みましたが、今回は追悼の意を込めて、「あの素晴らしい愛をもう一度」を取り上げます。
 とは言ったものの、私はこの曲がヒットした頃(1971年)、全くこの曲を知りませんでした。後年、TV等での「懐かしのフォークソング特集」の類で見聞きして、こんな曲も流行したんだ、という程度でした。言い訳がましいようで恐縮ですが、曲の本当の良さというのは何年、何十年も経って初めて分かるものなのかもしれませんね。その証拠に、この曲は天地真理岡崎友紀木之内みどりをはじめ、小田和正、元モー娘。の中澤裕子&ばんばひろふみ、更にはリアル世代ではないはず?の茉奈・佳奈等、実に幅広い層がカヴァーしています。


★元祖・ザ・フォーク・クルセダーズ版はこちら

あの時 同じ花を見て
美しいと言った二人の 心と心が
今はもう 通わない

あの素晴らしい愛をもう一度・・・


 
 そう歌った加藤和彦の歌う姿は、皮肉にも二度とリアルに見られなくなってしまいました。

 あなたがいなくなっても、この歌はずっと歌い継がれる事でしょう。
 そんな時、ふとあなたの事を思い出し、涙を浮かべつつ私は呟きます・・・

 さぞ苦しかった事でしょうが、もう苦しみから解き放たれて、自由の身となったんですから、どうぞ安らかに・・・R.I.P....
 

|
|

« 真の"女子アイドル"頂上決戦!「AKBグループvsチーム・ハロプロ(その2・テーマソング対決の段)」 | トップページ | 驚異の高性能で更に進化!ニコン"D3S"、11月27日リリース予定 »

IDOL TRIBUTES」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/517634/31834678

この記事へのトラックバック一覧です: あの素晴らしい愛をもう一度~"追悼・加藤和彦":

« 真の"女子アイドル"頂上決戦!「AKBグループvsチーム・ハロプロ(その2・テーマソング対決の段)」 | トップページ | 驚異の高性能で更に進化!ニコン"D3S"、11月27日リリース予定 »