« いつも一緒に | トップページ | 夏の追想 »

戦争の歌(THE WAR SONG)/Culture Club~64回目終戦記念~


☆12inch(ロング)ヴァージョンはこちら

戦争なんて ばかばかしい
それに加担するヤツらは 愚か者だ
戦場という異空間に
愛なんて ありゃしない

そして 
ヤツらが奏でる
心臓と指に響くほどの
大きな鼓動を
僕は聴いた

それが戦争なんだよ!

人は
僅かな信頼関係で
世界を満たそうとする

生まれた頃の
純粋無垢な赤ん坊のように
武器や憎しみ等
何も持たないのが
本来あるべき人間の姿だ
たとえ君達が 
何を言おうとも 何をしようとも
僕が与えるものじゃない


人類は新しい何かを見つける事が
かなり疎いようだ
その昔、先人達は何も考えずに
魔女狩りをやっていたじゃないか

この世の運命を握っているのは
これからを生きていく君達だ
だから君達の意見や行動は
重要なんだよ


もう一度言うぞ!

戦争なんて ばかばかしい
それに加担するヤツらは 愚か者だ
戦場という異空間に
愛なんて ありゃしない

だから 僕は叫ぶ
「戦争反対!」と・・・


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 昨夏の終戦記念日に記事を、と考えていましたが、私自身"アップ×2状態"だったためその余裕すらありませんでした。
 皆さんの想いもあるでしょうが、今年はカルチャー・クラブの戦争の歌を記事にしたいと思います。

 この曲は反戦平和を綴ったもので、世界各国の言語ヴァージョンでリリースされたそうです。ならば、今回は英語版・・・ではなく、日本版です。それはラスト付近でボーイ・ジョージが「戦争反対!」と歌っている事で分かります。つまり、日本語の「戦争反対」部分のみを各国の言語に変換している、という事なのです。尤も、それらを全て聴いたわけではありませんので、推測の域を越えませんがねcoldsweats01

 しかし、リリース以降も彼の願いむなしく、イラン・イラク戦争湾岸戦争カンボジア内戦等、何らかの紛争が後を絶ちません。また和平交渉に向けて進んでいるものの、北朝鮮の地下核実験やミサイル実験も頻繁に行われています。
 紛争のない、武力や核爆弾等に頼らない世界を構築するため、終戦記念日を機にじっくり考えてみませんか。


★お断り:日本語訳詞については、翻訳機能を使用しつつ、自分なりに意訳していますので、実際の意味と異なっている点を予めご容赦ください。また、内容を一部変更いたしました。

|
|

« いつも一緒に | トップページ | 夏の追想 »

IDOL TRIBUTES」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/517634/30958296

この記事へのトラックバック一覧です: 戦争の歌(THE WAR SONG)/Culture Club~64回目終戦記念~:

» KRAFTWERK TRIBUTES(Vol.1)「Radioactivity」 [三流写真家の「世間を見る眼」]
 イギリスのセラフィールド第2原発では、毎年7.5トンものプルトニウムを生産する [続きを読む]

受信: 2009年8月14日 (金) 20時53分

» 戦争写真は芸術か?記録か? [三流写真家の「世間を見る眼」]
 「何言うとんじゃい!戦争写真は記録に決まっとるわい!」 不肖・宮嶋こと宮嶋茂樹 [続きを読む]

受信: 2009年8月14日 (金) 20時54分

« いつも一緒に | トップページ | 夏の追想 »