« BEAT IT~"MICHAEL JAKSON FOREVER" | トップページ | 追憶 »

昭和の名曲を若手アーティストがリヴァイヴァル!(その10・モー娘。に続け?編)

 今春ヴェテラン勢が独立し、ますます人気下降が進む"ハロー・プロジェクト"。辛うじて"現行"モー娘。が2年ぶりに「しょうがない 夢追い人」でオリコン1位を獲得したものの、全体的には今ひとつ伸び悩んでいるようです。やっぱり、そのネタか・・・と気づかれた方、静粛に願いますcoldsweats01

★℃-ute「暑中お見舞い申し上げます


 タイトルでもお分かりのように、これは解散して数十年経った現在でも根強い人気をキープしているキャンディーズの14枚目のシングル「暑中お見舞い申し上げます」のリヴァイヴァル版です。歌っているのは℃-ute(キュート)。モー娘。同様、ハロ・プロメンバーでもあります。メンバーは梅田えりか、矢島舞美、中島早貴、鈴木愛理、岡井千聖、萩原舞、そして現在休業中の有原栞菜の計7人。勿論?誰が誰やら分かりませんがねcoldsweats01
  因みに彼女らはインディーズを経て、2007年2月「桜チラリ」でメジャー・デヴュー。今回の「暑中お見舞い~」は7月1日にリリースされる9枚目シングルだとか。

 何故リヴァイヴァル?と思ってしまいますが、モー娘。が先に故・阿久悠氏のトリビュートアルバム&シングル「ペッパー警部」をリリースした点を考えると、「暑中お見舞い~」が時節柄キャッチーである事と併せて、名曲を歌う事により注目度アップや人気の底上げという狙いがあるように思います。基本的にはアレンジ等も原曲を忠実に再現されており、彼女達の若さも手伝って?聴いていて清清しさを感じますね。色気の方は・・・これからでしょうかねcoldsweats01

 面白いのはカップリング曲。「残暑お見舞い申し上げます。」だそうなcoldsweats01。単にタイトルを換えただけ、と思いきや、こちらはうって変わって、恋に揺れる微妙な乙女心をマイナー調で切なげに表現しているようです。もしかすると、これもキャンディーズの「暑中お見舞い~Part2」を意識しているのでしょうか。

 7月に入ったら、即キャンディーズの同曲をアップしようと目論んでいた私でしたが、思わぬところで?彼女達のトラップに引っかかってしまいましたcoldsweats01。いい加減"リヴァイヴァル・ネタ"から脱却しないと皆さんからブーイングされそうですが・・・。

|
|

« BEAT IT~"MICHAEL JAKSON FOREVER" | トップページ | 追憶 »

IDOL TRIBUTES」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

今日はNHK-FMが「ガールズユニット三昧」もうハロプロ特集は終わってしまいましたが、キャンやピンクの曲は1曲ずつしか流れてないので、どんどんリクエストしちゃって下さい。
あ、今ゲストの松村邦洋がCCガールズをリクエストしてました。
対抗上、エンドレスナイトから「ラブ・ポーション」なんか如何でしょうか?
www.nhk.or.jp/zanmai/index.html

投稿: ギムリン | 2011年11月20日 (日) 17時38分

 ギムリン様、凄いですねえcoldsweats01。何となく?今日はこのプログラムなんだ、とは思ってましたが、素通りしてしまいました。もう少し気合を入れて?頑張りますhappy02

 ラブ・ポーションですか?懐かしいですね。只今、ネタとして検討中ですので、暫くお待ちのほどm(_ _)m

  

投稿: 傷心の少年 | 2011年11月21日 (月) 16時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/517634/30311868

この記事へのトラックバック一覧です: 昭和の名曲を若手アーティストがリヴァイヴァル!(その10・モー娘。に続け?編):

» 昭和の名曲を若手アーティストがリヴァイヴァル(その7・モー娘。特別編)! [三流写真家の「世間を見る眼」]
 結成当初は未知数でしたが、つんく♂プロデュースの元、従来にないアイドル像を築き [続きを読む]

受信: 2009年6月28日 (日) 07時34分

» テレビCMを見る [目覚ましテレビを見る]
あなたはテレビCMを見ているだけでお金をもらう権利があります http://123.moto-nari.com/ [続きを読む]

受信: 2009年7月 7日 (火) 00時28分

« BEAT IT~"MICHAEL JAKSON FOREVER" | トップページ | 追憶 »