« 今年のGWはひたすら芸術三昧②・"歴史の歴史"展 | トップページ | IDOL TRIBUTES(Vol.13)「西城秀樹①・ブーメランストリート~"三木たかし氏追悼"」 »

"全てのおかあさん"へ感謝を込めて・・・

 5月の第2日曜日と言えば、「母の日」ですね。照れくさくて、なかなか感謝の言葉が出ない方もおられるでしょうか。
 今回は男女それぞれの立場から捉えた「母への想い」の詰まった曲を取り上げます。

oneMen's side~LGYankees feat.小田和正「Dear Mama」

 面と向かって言えない男性には、ちょうどいいかもしれません。
 "Dear Mama"はあの小田和正氏が仙台を拠点に精力的に活動を行っているLGYankeesの繰り出すヒップホップとコラボレしたという、知る人ぞ知る名曲です(リリースは2008年5月8日、そう去年の母の日です)。コラボレの経緯は分かりませんが、おそらく彼らが小田和正氏をリスペクトしていたのでしょう。仙台と言えば、先に取り上げたCUZSICKも同郷。今や杜の都としてだけでなく、仙台は首都圏にも劣らない様々な文化発信の拠点になっているようです。

 因みにLGYankeesはHIRO、RYO、DJ№2の3人で構成され、今年で結成9年目を迎えるとの事。地元・宮城県内陸地震の復興支援チャリティ・コンサートや今年は阪神大震災復興支援フリーライヴにも出演しています(※ブログ「下町再発見」より)。

 色々心配かけたけれども、本当に"Mama(時には、かあちゃんなんて言ってますが)"には感謝しているよ、と不器用ながらも普段忘れがちな温か味を感じさせてくれます。ヒップ・ホップやラップだから、ちょっと・・・と抵抗感があるかもしれませんが、じっくり聴いてみると自然に「母への感謝の気持ち」が湧いてきませんか?

twoWomen's side~森昌子「おかあさん」

 シングル・フルヴァージョン(音源メイン)こちら

 おかあさん」と来れば、森昌子を忘れてはいけませんよねcoldsweats01
 この曲は1974年9月にリリースされた通算10枚目のシングル。ノリがちょうどいいのか、彼女がこの曲を歌う時、観客から自然と手拍子が起こるほど定着しています。神坂薫氏の心情溢れる「おかあさんへの想い」を込めた詞と一度聴いたら忘れられない?故・遠藤実氏のメロディとの絶妙なコンビネーションだからこそ成し得るのでしょうか。

 娘が成長してゆくにつれ、年老いていく母親。
 必然的な事とは言え、今まで自分のために頑張ってくれた母親に、今度は自分自身が恩返しする番と母親の体を気遣う優しい心を見せると、花嫁姿を見るまでは死ねない、と切り返され「そんなに弱気な事を言わないで、長生きしてよ」と瞳にうっすら涙を浮かべながら、感謝の心を抱く・・・ごく普通の事ですが、現代社会に欠けているものが何か、それに対してどうすればいいのか、この曲をじっくり聴いて再認識いただければ幸いです。

 ・・・全てのおかあさんへ、私から感謝の言葉に代えて、この2曲を贈ります
 

|
|

« 今年のGWはひたすら芸術三昧②・"歴史の歴史"展 | トップページ | IDOL TRIBUTES(Vol.13)「西城秀樹①・ブーメランストリート~"三木たかし氏追悼"」 »

IDOL TRIBUTES」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/517634/29542017

この記事へのトラックバック一覧です: "全てのおかあさん"へ感謝を込めて・・・:

« 今年のGWはひたすら芸術三昧②・"歴史の歴史"展 | トップページ | IDOL TRIBUTES(Vol.13)「西城秀樹①・ブーメランストリート~"三木たかし氏追悼"」 »